キャロル

ALLTIME BEST

劇場公開日:

キャロル

解説

「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが共演し、1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知られるアメリカの女性作家パトリシア・ハイスミスが52年に発表したベストセラー小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」を、「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化した。52年、冬。ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、クリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにいる。ある日テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われてしまう。それ以来、2人は会うようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが……。テレーズ役のマーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。

2015年製作/118分/PG12/アメリカ
原題:Carol
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ケイト・ブランシェット
最優秀主演女優賞(ドラマ) ルーニー・マーラ
最優秀監督賞 トッド・ヘインズ
最優秀作曲賞 カーター・バーウェル

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞

コンペティション部門
女優賞 ルーニー・マーラ

出品

コンペティション部門
出品作品 トッド・ヘインズ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.0ケイト・ブランシェットの色気と魅力。すごいなぁ。 日々の中の違和感...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ケイト・ブランシェットの色気と魅力。すごいなぁ。
日々の中の違和感から、惹かれ合い、愛を見つけ、自分らしく変わっていく。
そんな彼女達の様々な感情から伝わってくるものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0これが話題だったやつ…

2022年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

美しい、すべてが美しい映画でした

美しかったその時代の古さを醸し出した映像に
ふたりの女性、その瞳の奥
ゆったり流れる時と音楽
完璧だわ、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.0赤とクリスマス キャロルが美しい

2022年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

幸せ

内容は1950年代アメリカ国内で出逢う2人の女性と社会の関係を扱った物語。好きな言葉は『解ってないわ今も昔も』『アイラブユー』で当時の同性愛者が病気扱いされて圧迫された歴史が冷たく表現されていて面白かった。場面や構成では、最初は街のグレーチングから始まるが年代を表す様で印象に残った。最初の出出しで、9.9割手前のスタートは素晴らしい。後から見直すと楽しさ増します。中間地点の拳銃からミステリアスになる辺りミスリードも誘いドラマチックで楽しい。お互いの欲望と葛藤と希望や社会とのコミュニケーションが複雑に絡み合う映像表現はテーマ性を的確に表現されて上手いなあ。音楽も心象表現を過度にしているようだが分かりやすくて良い。終始静かな中にも人間模様と社会観と歴史観が描かれて、同じ年代を描いた映画『イミテーションゲーム』の様に面白かった。趣向は違いますがね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コバヤシマル

3.5後半いいですね

越後屋さん
2022年4月21日
PCから投稿

今ハヤリの同性愛もので、めんどくさいなあと思って観てたら、前半のダラダラ鬱陶しいのから後半結構サスペンスフルでよかったですね。尤も、Straightの身からいうと同性愛者に感情移入はできませんけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋
すべての映画レビューを見る(全242件)