ブエノスアイレス

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「欲望の翼」のウォン・カーウァイ監督のもと、レスリー・チャンとトニー・レオンが恋人役を演じ、アルゼンチンを舞台に繰り広げられる男同士の切ない恋愛や人間模様を描いたラブストーリー。

激しく愛し合いながらも別れを繰り返してきたウィンとファイは関係を修復するためイグアスの滝へ向かうが、途中で道に迷って言い争い、そのままケンカ別れしてしまう。その後、ブエノスアイレスのタンゴバーでドアマンとして働いていたファイのアパートに、傷ついたウィンが転がり込んでくる。仕方なくウィンを居候させるファイだったが、ケガから回復したウィンはファイの留守中に出歩くように。そんな中、転職して中華料理店で働きはじめたファイは、同僚の青年チャンと親しくなる。

第50回カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。1997年に劇場公開。18年2月、カーウァイ監督の「欲望の翼」デジタルリマスター版の公開にあわせて、Bunkamuraル・シネマで特別上映。2022年には4Kレストア版が「WKW4K ウォン・カーウァイ4K」(22年8月19日~シネマート新宿、グランドシネマサンシャイン、シネマシティほか)で上映。

1997年製作/96分/G/香港
原題:春光乍洩 Happy Together
配給:アンプラグド
日本初公開:1997年9月27日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

受賞

コンペティション部門
監督賞 ウォン・カーウァイ

出品

コンペティション部門
出品作品 ウォン・カーウァイ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1997 BLOCK 2 PICTURES INC. (C)2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

5.0トニー・レオンとレスリー・チャンの美しさ

2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

トニー・レオンとレスリー・チャンのカップルが、関係修復のために香港を離れて、ブエノスアイレスへと旅だち、そこで延々と付かず離れずな関係を続けるという話なのだが、2人の美しさと、クリストファー・ドイルの撮影の見事さもあって、ぐいぐい引っ張られる。ウォン・カーウァイ監督の台本を使わない即興芝居の作り方も『恋する惑星』や『天使の涙』とくらべても洗練されている。

2017年アカデミー作品賞の『ムーンライト』で、主人公が想い人に再会に行くシーンで使われている曲は、本作からの引用だ。他にも似た構図のショットがいくつか発見できるのだが、たくさんの印象的なショットをたくさん見つけることができる。

イグアスの瀧を上空から捉えた長回しのショットは美しさで嘆息する。このショットのようなマジック・リアリズム的な映像と即興による自然な芝居が合わさって、まるでリアルな夢を観ているようなそんな気分になれる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
杉本穂高

4.5大自然の力と恋の魔力

あささん
2022年9月28日
iPhoneアプリから投稿

大自然と恋の魔力には勝てない。自分の力ではもうどうすることもできないのだ。
ファンもウィンも愛し合っているからこそ、うまくいかない、素直になれない…。

香港とアルゼンチン、地球の真逆の場所で真逆の性格の2人の心がすれ違う…。
傷ついたウィンを介抱するファン、きっと幸せな日々だったんだろうね。
揺れたり、スローになったり、一瞬止まったりするカメラワークが登場人物たちの心情を表していた。

ファンが住んでいた海の近くの部屋が素敵だった(ノミだらけのベッドやソファはリアリティあって気持ちの良いものではないけれど)。
色調、揺れるカーテン、美味しそうな料理…、画がとにかく美しく、ずっと眺めていたいくらい。

空から撮ったイグアスの滝は絶景だった。死ぬまでに行きたい場所の一つだ。最南端の岬も素敵だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あさ

4.0(原題)春光乍洩

AYK68さん
2022年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ウォン・カーウァイ監督の4K上映三作目は、カンヌで監督賞を受賞したこちら!
惹かれ合いながらも、傷つける事しかできない男と男の刹那的な愛を描くこの作品。
ヒリヒリするほど暑い熱い二人の愛と、それを冷やすようなイグアスの滝、そしてエンディングで流れる「Happy Together」の歌詞が作品に寄り添ってるところが好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AYK68

5.0LGBTQを越えて

shantiさん
2022年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

美しい恋愛の映画だ。男女の恋愛よりも遥かに重くのし掛かり、嫉妬も激しく、その思い入れは同性なだけに虚しさと悲しみは深い。愛情と愛憎と情熱がその恋愛の全てであり、男女間に於ける「子供」という目的キーワードが欠落する狂おしいばかりの恋愛。三島由紀夫は、「男色はどこまでたっても平行線上を辿り、果てがない」ようなニュアンスのことを作品で吐露していた。この作品を鑑賞して、得心がいった。イグアスの滝にも劣らぬほどの激しい恋とその痛み。映像に刻み付けたウォン・カーウェイの手腕は素晴らしい。彼の作品では最高傑作だと私は思う。特にキッチンで抱き合って踊るシーンはとても美しく、心を打たれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shanti
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ブエノスアイレス」シリーズ関連作品