映画史上もっとも物議を醸した映画50本

2011年2月21日 11:27

マーティン・スコセッシ監督「最後の誘惑」
マーティン・スコセッシ監督「最後の誘惑」

[映画.com ニュース] 情報誌Time Outニューヨーク版が、「映画史上最も物議を醸した映画50本(The 50 most controversial movies ever)」を発表した。宗教、差別、性描写、暴力など理由はさまざまだが、いずれも激しい論争を巻き起こしたり、上映禁止に至ったりした作品ばかりだ。

第1位に選ばれたのは、マーティン・スコセッシ監督、ウィレム・デフォー主演の「最後の誘惑」(1988)。イエス・キリストの人間としての側面を生々しく描いた問題作で、当時多くのキリスト教団体が抗議の声を上げた。ちなみに、09年に米エンターテインメント・ウィークリー誌が発表した「物議を醸した映画25本」の1位に選ばれたのは、メル・ギブソン監督がキリストを描いた「パッション」(本ランキングでは20位)だったが、やはり欧米では宗教問題が一番のタブーとなっているようだ。

トップ30は以下の通り。

1.「最後の誘惑」(88)
2.「意志の勝利」(34)
3.「ソドムの市」(75)
4.「国民の創世」(15)
5.「時計じかけのオレンジ」(71)
6.「フリークス」(「怪物団」)(32)
7.「ビリディアナ」(61)
8.「ラストタンゴ・イン・パリ」(72)
9.「俺たちに明日はない」(67)
10.「ポイズン」(91)
11.「わらの犬」(71)
12.「愛のコリーダ」(76)
13.「クルージング」(80)
14.「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」(79)
15.「ピンク・フラミンゴ」(72)
16.「エクソシスト」(73)
17.「クラッシュ」(96)
18.「血を吸うカメラ」(60)
19.「アンダルシアの犬」(28)
20.「パッション」(04)
21.「春の調べ」(33)
22.「キッズ」(95)
23.「ドゥ・ザ・ライト・シング」(89)
24.「羊たちの沈黙」(91)
25.「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」(90)
26.「ならず者」(43)
27.「ジャンク/死と惨劇」(78)
28.「私は好奇心の強い女」(67)
29.「真夜中のカーボーイ」(69)
30.「暗黒街の顔役」(31)

(映画.com速報)

最後の誘惑[DVD]

最後の誘惑[DVD]

最安価格: ¥880

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、キリストの苦悩を新たな解釈と大胆な映像で描く衝撃の歴史ドラマ。
パッション[DVD]

パッション[DVD]

メル・ギブソンが監督、製作、脚本を務め、イエス・キリストの最期を描いた問題作。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
  • オーディション
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com