ソドムの市(1975)

劇場公開日

ソドムの市(1975)
18%
18%
27%
14%
23%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1975年11月2日、不慮の死を遂げたピエル・パオロ・パゾリーニの遺作で、ナチズムに加担する4人のファシストが少年少女を集めて繰り展げる一大狂宴を描く。製作はアルベルト・グリマルディ、脚本はパゾリーニとセルジオ・チッティ、原作はマルキ・ド・サドの「ソドムの120日」、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、衣裳はダニロ・ドナティ、編集はウンベルト・アンセルッチ、録音はドメニコ・パスクァディセグリィがそれぞれ担当。出演はパオロ・ボナチェリ、ジョルジョ・カタルディ、ユベルト・P・クィンタバル、アルド・ヴァレッティ、カテリーナ・ボラット、エルザ・ド・ジョルジ、ヘレン・サルジェール、ソニア・サビアンジュほか。

1975年製作/イタリア
原題:Salo o le 120 Giornate di Sodoma
配給:ユナイト

ストーリー

ヒトラー占領下の北イタリア、1944年。ナチズムに加担する大統領(アルド・ヴァレッティ)、公爵(パオロ・ボナチェリ)、殿下(ユベルト・P・クィンタバル)、猊下(ジョルジョ・カタルディ)と名乗る4人のファシスト・グループが、傲慢な権力をカサに一大狂宴を計画した。 〈地獄の門〉4人は、町という町、村という村で、快楽の奴隷としての美少年・美少女狩りを開始し、それぞれ数十人ずつ集めた。そして、その中から4人が点検し投票で少年・少女9人ずつ選び、狂宴の舞台となる館へ運んだ。だが、その途中、一人の少年が逃走しかけたが射殺された。館に入る前に、公爵が17人の少年・少女にこの館を支配する掟を告げた。彼らはすでに死んだことになっており、すべての者は犬のように従順になり、4人を娯しませることにのみ専念しなければならない。ただし、彼ら同士が異性と交わったり、宗教的な行為をすると処刑する、という、非人間的なものだった。 〈変態地獄〉彼らの“教育係”として集められた4人の語り女たちの猥談をキッカケとして、強姦、ソドミーを繰り返した。やがて耐えられなく脱走しようとした少女が虐殺された。 〈糞尿地獄〉スカトロジーに快楽を感じる大統領の提案で、彼らは糞を少女に食わせ、食事にも大量の糞を揃えて、自分たちも食い、吐気を催す少女にも強制的に食わすのだった。 〈血の地獄〉この狂宴も終幕に近づいた。メイドと姦通した衛兵を殺した4人は、少量の血では飽き足りず、全員の処刑を開始した。衛兵たちが少年・少女の目をえぐり出し、頭髪を剥ぎ、焼き印を押し、なぶり殺しにする。この地獄図を窓から双眼鏡を覗きながら自慰にふける男たち。それはナチズムの最後のあがきを象徴するかのようでもあった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0死ぬほど悪趣味でグロい反権力映画

2020年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

難しい

パゾリーニ監督の「ソドムの市」とリベンジマッチ。10年ぶりくらいに鑑賞。前回観た時はVHSだった。怖いもの見たさに観て激しく後悔したのを覚えている。歳を重ねた今なら少しはメッセージを理解できるのではないかと思い再鑑賞。2013年に発売されたDVDが修正が少ないと聞いたのでそちらで鑑賞。

考えが甘かった... スカトロや拷問シーンが悪趣味でグロすぎて吐き気や嫌悪感が凄かった。歳を重ねて理解できる代物ではないかもしれない... しかしモリコーネの音楽、西洋の芸術的な雰囲気はとても素晴らしく、カメラワークなどの映像演出や音楽の使い方は芸術作品として圧巻で、最後の拷問シーンの映像演出と音楽の使い方は秀逸すぎた!この恐ろしさを増幅させる演出は、映画史に残る様な名シーンと言っても過言ではないと思う。

内容はメタファーなどが効いるらしく難解だが、「平等な社会に真の幸福なんてない。他人を見下すことによって人間は真の幸福感を味わうことができる。」という様なファシストの公爵が吐いた台詞には考えさせられるものがあった。確かに人類全体の過去の歴史や、SNSでの誹謗中傷による袋叩き、今尚続く人種差別の問題なんかを目にすると、確かにファシストの公爵が吐いた台詞は間違ってないのかもしれない。しかし、もしその様に人間の脳が創られているとしても、その体制には反逆していきたいよね。笑

こういう感情にさせてくれるってことは素晴らしい作品だったのかもしれない。もしパゾリーニ監督がそういう魂胆で創ったというのなら完全に術中にハマっている笑 もしそうだとすると異常性癖の強要(権力)という極めて悪趣味な演出は、受け手の嫌悪感を煽るもっとも有効な手段として寧ろ秀逸だとすら思えてくる。しかし、そんな思慮深いものは無くただ単にパゾリーニ監督自身も異常性癖のマニアってだけだったら全く別の話になってくるが... そのぐらいスカトロや拷問などの異常性癖の演出がエゲツなかった... まぁ真相は分からないけど、どちらにせよそういう気持ちにさせてくれたのだから良い作品だったということにしておこう笑

パゾリーニ監督はこの作品などでアンチ権力や平等な社会の樹立を訴えたことによって、この作品の完成直後にネオファシストの集団に殺害されたと言われている。吐き気を催すような悪趣味な異常性癖で奏でた反権力や反差別。SNSによる誹謗中傷や、アメリカでの人種差別問題が激化してきている今こそ観るべき作品なのかもしれない!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アントニオ・バンデラス

4.0やだー変態!なんて言われて悦に入ってる様な人に見て欲しい。予想以上...

Chiharuさん
2018年3月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

やだー変態!なんて言われて悦に入ってる様な人に見て欲しい。予想以上になかなかな作品だった。後半の徹底した無秩序に関心した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chiharu

5.0変態の変態による変態の為の芸術映画で賞

2017年4月11日
iPhoneアプリから投稿

この手の映画で、
わたしが個人的に、
観てみたい、やって欲しい内容が
すべて詰め込まれていて、感動した。

映像が抜群にグロいとかエロいとか
そういうわけではない。
特にストーリーやオチを
期待してはいけない。

ただ、こんなに凄まじく、
胸糞悪いのに、
目が離せなかった。
一度観たら忘れられない映画。

しかも、映像がどこか神秘的。
演者達もクセのある顔立ちで、
世界観がちゃんとしていた。

時々グッとくるセリフもあったが、
結局何を伝えたかったのか、
そもそも伝えるつもりはないのか、
謎に包まれた映画だが、そこがよい。
現代には絶対生み出されない、
理解することの出来ない、傑作だ。
まさに芸術。

人に勧めることもなければ、
何回も観るような映画でもない。
だが、この映画に出会えて良かったと思ってしまった(笑)

このレビューが共感されることは無さそうだが、こういう人間もいますよ、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
おしずし

0.5なぜカルミナ・ブラーナなのか

とばさん
2016年3月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とば
すべての映画レビューを見る(全6件)