ラストタンゴ・イン・パリ
ホーム > 作品情報 > 映画「ラストタンゴ・イン・パリ」
メニュー

ラストタンゴ・イン・パリ

劇場公開日

解説

イタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが1972年に手がけ、公開当時、大きなセンセーションを巻き起こした一作。ベルトルッチの名を世界に広め、同監督のフィルモグラフィーを代表する一作でもあり、アカデミー賞にもノミネートされた。ある冬の日、中年男のポールはアパートの空き室で偶然出会った若い女性ジャンヌを衝動的に犯し、その後、2人は何事もなかったように別れる。ジャンヌには婚約者がいたが、再びポールとアパートで逢瀬を重ねてしまう。そして、やがて2人は悲劇的な結末を迎えることになる。妻が自殺したことで人生に絶望していた中年男ポールをマーロン・ブランド、ジャンヌ役を当時フランスの新進女優だったマリア・シュナイダーが演じた。過激で生々しい性愛描写が世界中で議論を巻き起こし、ベルトルッチの故国イタリアでは上映禁止処分になったほか、アメリカなどでは一部がカットされた。後年、劇中のレイプシーンがシュナイダーの合意なしに撮影されたと明かされ、波紋を広げた。2018年11月にベルトルッチ監督が死去したことを受け、追悼企画として19年3月に4Kデジタルリマスター版でリバイバル公開。

作品データ

原題 Last Tango in Paris
製作年 1972年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 コピアポア・フィルム
日本初公開 1973年6月23日
上映時間 129分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全9件)
  • マーロン・ブランドの存在感 56.デジタルリマスター版。1972年初公開時に一大センセーションを巻き起こした性描写は、それ程大胆なものではない。しかし、40年以上経た今でも、斬新な構図、男女のすれ違いが生む普遍的で喜劇とも... ...続きを読む

    movie movieさん  2019年3月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 47年前の作品 ということで、鑑賞しましたが、とてもがっかりです。 ...続きを読む

    かん かんさん  2019年3月17日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 演じる タンゴを習いに来たアメリカ人の話だと思ったら違った。 若いカップルが「リアル」を残すためにカメラの前で演じるのが面白いと思った。まるでインスタに思い出を残すみたいに。 なんでも知ってると思ってた... ...続きを読む

    hyvaayota26 hyvaayota26さん  2019年3月16日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ラストタンゴ・イン・パリ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報