ラストタンゴ・イン・パリ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ラストタンゴ・イン・パリ

解説

イタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが1972年に手がけ、公開当時、大きなセンセーションを巻き起こした一作。ベルトルッチの名を世界に広め、同監督のフィルモグラフィーを代表する一作でもあり、アカデミー賞にもノミネートされた。ある冬の日、中年男のポールはアパートの空き室で偶然出会った若い女性ジャンヌを衝動的に犯し、その後、2人は何事もなかったように別れる。ジャンヌには婚約者がいたが、再びポールとアパートで逢瀬を重ねてしまう。そして、やがて2人は悲劇的な結末を迎えることになる。妻が自殺したことで人生に絶望していた中年男ポールをマーロン・ブランド、ジャンヌ役を当時フランスの新進女優だったマリア・シュナイダーが演じた。過激で生々しい性愛描写が世界中で議論を巻き起こし、ベルトルッチの故国イタリアでは上映禁止処分になったほか、アメリカなどでは一部がカットされた。後年、劇中のレイプシーンがシュナイダーの合意なしに撮影されたと明かされ、波紋を広げた。2018年11月にベルトルッチ監督が死去したことを受け、追悼企画として19年3月に4Kデジタルリマスター版でリバイバル公開。

1972年製作/129分/R18+/イタリア・フランス合作
原題:Last Tango in Paris
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1973年6月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ベルナルド・ベルトルッチ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)1972 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0なかなかおそろしい映画

雨音さん
2022年7月21日
Androidアプリから投稿

結末に至ってみれば、これはおそろしい映画だと感じた。人間の心理の複雑さ、人生の本質、都会の恐ろしさ、のようなもの。

人生を他者依存で自堕落に過ごせば、それなりのラストが待っているのだよ、と嫌でもinputされてしまう。
持って生まれたルックスでなんとかやってこられても、若いうちにしか通用しない。
ごまかしてかっこいい舞台を作ってってみても、所詮は仮想空間に過ぎない。素朴な自分に立ち戻ってリアルに掴もうとしたとき、それはあっという間に掌からこぼれていく。大人でありながらそんなこともわかっていなかった未熟さ。
もともと彼には何もなかった。都会という柔軟性のある環境下、ルックスとセンスで過分にいい目を見た分、痛いしっぺ返しを喰らう。

題名が説得力を持ってくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨音

4.0絶望の中で最後の悪あがきをする男の哀れ

2021年12月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

リバイバルでみた「波止場」や「欲望という名の電車」のマーロンブランドを名優だとずっと思っていた
この映画に出ている自体がスキャンダルそのもの
何故にこんなヨーロッパまででかせぎしなきゃならないと、公開当時思ってしまった
さすがにフランス映画、すかっと見終わるはずもなく
一筋縄ではいかない内容
妻が死んだことで、主人公のポールの生も終わってしまっている。生きる気力もないまま、たまたま出会ってしまった若い女ジャンヌと汚いアパートの一室で、現実逃避する。まだ人生経験も浅いジャンヌには、このうらぶれた中年男がミステリアスで、刺激的な男に見えてしまった。
ポールの本性は大人の男と呼ぶには程遠い、俗世にまみれた幼稚な中年に過ぎない
素性はもちろん名前すら明かさない状況が、妄想を膨らませ、想像力を刺激して当人をことのほか過大評価する。快楽だけを求めているならそれで充分だろうけれど、そんなことが長く続くわけがない。互いに仮面を着けて遊んでいるだけだから
その仮面が耐えられなくなって、男から去っていった「ナインハーフ」という映画もあった

ポールのつまらない人間性と中年男の哀れがラストに弾ける。女はいつでも現実的で、冷淡に変貌するのも知らないで…
この映画に出演したことでマリアシュナイダーの人生は変わってしまったといわれている。彼女の苦しみに同情しながらも、この映画が好きなのに変わりない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ウチレオ

4.0半世紀かけて時代がようやく映画に追いつく

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ソドムの人老たるも若きも諸共に四方八方より来れる民みな其家を環みロトを呼て之に言けるは 今夕爾に就たる人(天使)は何処にをるや彼等を我等の所に携え出せ我等之を知らん ロト入口に出て其後の戸を閉じ彼等の所に至りて言けるは 請う兄弟よ悪しき事を為すなかれ 我に未だ男知らぬ二人の女あり請う我之を携え出ん爾等の目に善と見ゆる如く之になせよ(中略)エホバ硫黄と火をエホバの所より即ち天よりソドムとゴラムに雨しめ其邑と低地と其邑の居民および地に生るところの物を尽く滅ぼしたまへり(創世記19章)

性はこの映画が公開された時代、まだ公に触れることも論じることも、現在ほどには肯定されなかった。
日本では性的表現を行う者が刑法の猥褻図画頒布罪により多数処罰されたし、処罰されないまでも映画の世界ではあまり尊敬されたり、好意をもって迎え入れられなかった。つまり、「ポルノ」という別世界に追いやられたのである。
それは日本だけに限らない。諸外国においても、映画制作上の倫理コードは厳然として存在し、例えばヒッチコックは「サイコ」のバスルーム殺人シーンを撮影するのに、大変な労力を支払っている。その延長線上にある頃に本作は作られた。

こうした倫理規範にベルトルッチは戦いを挑み、旧約聖書のソドムとゴモラの性的悦楽を描いて見せた――それが本作のすべてである。
現代社会への風刺、ポップがどうしたとか現代人の孤独とか自殺云々とかは、ソドムとゴモラの悦楽をあれこれカモフラージュしただけの話だ。

あれから私たちはずいぶん遠くまで来た。ネットが世界を覆いつくし、共同体的なるものが空洞化し、あらゆる規範が希薄化する中、匿名性の下で単なる男と女として出会い、日常を共有することもなく性的悦楽に耽る人々が多数存在することを、今や誰でも知っている。そう、日本ばかりか世界中にソドムとゴモラが蔓延しているのだ。
本作はこのような世界を先取りし、匿名の関係が日常に侵出しようとする瞬間に、関係は破綻することまで描き切っている。今、新聞には出会い系で知り合った男女関係の縺れや、それに起因する殺人事件が、日常的に取り上げられるが、それは本作が現実化した光景だといえる。
半世紀も経って、時代がようやくこの映画に追いついたのである。マーロン・ブランドとマリア・シュナイダーの素晴らしい性的悦楽シーンの数々は、ニ人の記念碑として、時代を超え永遠に生きるに違いない。

本作に対する感想は、評価者の性的倫理を反映すると思われる。しかし、本作を否定したとしても、性風俗が変革されるわけではない。監督は人間を直視し、未来を予見した。観る側も決して偽善の道徳家などにならず、映画の捉えた関係を直視すべきだろう。本作は現在を生きる私たちの性的現実なのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

3.0ノーカット版も見たかったけど、もういいや

kossyさん
2021年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 何も知らない男女がまた同じ部屋でセックスする。お互い、心に傷を持ってるようなで、それほど深刻でないような・・・ 女には婚約者もいる。映画監督だが、わけのわからない映画だ。

 二人はその後も何度も部屋へ来てセックスする。家具も入れた。けど、二人はお互い名前を名乗らない。二人の会話だけ英語。一旦、経営するアパートに帰ると妻の自殺に悩むポール。そして妻ローザの不倫の相手と話を続ける・・・

 婚約者が撮っていた映画がそのままベルトリッチの撮る映画を省みるなどとも言われてますが、だとしたら、あまり観たくなくなるかもしれない・・・

 イタリアでの公開直後4日で猥褻なため上映中止となった映画だけど、今観ると、それほど過激なものはなかったような(TVバージョンではカットされてるのかもしれないけど)。それにハードコアではなさそうだし・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る