わらの犬(1971)

ALLTIME BEST

劇場公開日

17%
41%
30%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

暴力が横行する現代アメリカから平和を求めてイギリスの片田舎に妻とともに逃れてきた若い数学者がたどる宿命を描く。原題のSTRAW DOGS(わらの犬たち)は、中国の思想家老子の語録の中からとった言葉で、超人間的存在である天から見れば、人間の行動は護身のために焼くわらの犬のようにちっぽけな存在にすぎないという意味である。製作はダニエル・メルニック、監督は「砂漠の流れ者」のサム・ペキンパー、ゴードン・M・ウィリアムスのベストセラー小説を、ペキンパーとデビッド・Z・グッドマンが脚色した。撮影はジョン・コキロン、音楽はジェリー・フィールディング、編集はポール・デイビス、ロジャー・スポティスウッド、トニー・ローソンが各々担当。出演は「小さな巨人」のダスティン・ホフマン、「小さな目撃者」のスーザン・ジョージ、同じくピーター・ヴォーン、T・P・マッケンナなど。

1971年製作/115分/アメリカ
原題:Straw Dogs
配給:20世紀フォックス

ストーリー

現代。アメリカの若い宇宙数学者デビッド(ダスティン・ホフマン)は、自らの平和主義の信念に従い、暴力に満ちたアメリカの現体制に反発し、エミー(スーザン・ジョージ)と共にイギリスに渡った。コーンウォール州の片田舎にある農家に住み、何ものにも煩わされることなく数学の研究に専念し、書物にしようと考えていた。エミーもコーンウォール出身で、この村に移ってくるとたちまち村の若者の眼をひいた。デビッド夫妻は農家に落ち着くと、早速職人たちを雇って納屋の修理をさせることにした。ところが、その中に、エミーがデビッドと結婚する前に肉体関係のあったベナー(デル・ヘナー)がいたのだ。ある日、デビッドが村の若者たちにすすめられ、彼らがあらかじめ用意しておいた狩場へ鳥を撃ちに出かけた留守中に、彼を誘いだす計画をたてたベナーとスカットがエミーに暴行を加えた。数日後、村の教会で村人たちの懇親会が開かれ、デビッド夫妻もそれに出席した。懇親会はなごやかな雰囲気の中で行なわれたが、エミーは楽しめなかった。彼女の記憶の中に、ベナーたちに犯された時の恐怖と苦痛、それらの感情と矛盾した歓びに似た感情が交錯していたのだ。だがデビッド夫妻の運命を狂わせる事件は、そのなごやかな雰囲気の懇親会が発端だった。懇親会に出席していた精神薄弱者のジョン・ナイルス(ピーター・アーン)が村の行動的な娘エマに誘い出され、納屋に入った。エマの兄ボビーは、エマがジョンと行方をくらましたことを父親トム・ヘッドン(ピーター・ヴォーン)に告げるとトムは怒り狂い、次男のバーティーも呼んで、2人を探しにでかけた。一方納屋の中で隠れていたジョンは、彼女をヘッドン一家が探しだしにきた気配を感じ急にあわてだした。エマは思わず悲鳴をあげた。狼狽したジョンは両手で彼女の口をふさごうとしたが、遂に首を絞め死に至らしめた。ジョンは自分の過失の重大さに気づき、濃霧の中を道路に飛びだした。一方、デビッドとエミーは懇親会の帰途、車が村端に差し掛かると、突然ヘッドライトの中にジョンが飛び込んできた。デビッドは驚いて車を止めたが間に合わなかった。ジョンは車にはねられ傷を負った。デビッドはジョンを家に連れて帰り傷の手当てをした後、村の酒場に連絡し医師をよこすよう依頼した。ちょうどその酒場には、ジョンを探し回っていたヘッドン一家がいたため、彼らは直ちにデビッドの家に押しかけ、ジョンの引き渡しを要求してきた。だがデイヴィッドはこれを聞き入れようとはしなかった。彼を渡せば、なぶり殺しにされてしまうことが火を見るより明らかだからだ。彼は戦う決心をした。数時間の死闘がくりひろげられた。デイヴィッドの頭脳的な作戦の前に一家は破滅した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

0.5下品

2019年10月24日
PCから投稿

一人目のレイプの時、抵抗から愛し合う姿に変わるのは、陳腐なAVみたいで嫌悪感で鳥肌たちました。
もう、それだけで最低です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0さすがはペキンパー監督

刺繍屋さん
2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿

バイオレンス描写は秀逸ですね。

しかも、バイオレンスを売り物にしたただのエンターテイメントに納まっていないところも凄いところですね。

人間の持つ矛盾や滑稽さ、狂気や悲哀感が滲むように表されいる点にも、あのラストにも唸らせられました。

勿論、主演のダスティン・ホフマンの素晴らしい演技もこの作品が名作と呼ばれる所以のひとつだと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
刺繍屋

5.0暴力の応酬

2019年8月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

サム・ペキンパー監督映画第6作目。1年ぶりくらいに鑑賞。前作「砂漠の流れ者」とは打って変わって究極のバイオレンス映画に仕上がっている。

衝撃的なストーリー展開が素晴らしく、ペキンパー監督のハイセンスな演出もキレキレ。ペキンパー流バイオレンス映画の傑作。

ストーリーはゆっくりとしたテンポで静かに進んでいくが、中盤と終盤のふたつの見せ場(レイプシーンと対決シーン)に途轍もない暴力描写が詰め込まれている。この静と動のバランスが見事で、一貫してゆっくりなテンポも絶妙だった。

ペキンパー監督の細部までこだわった演出が印象的。例えば主人公がメガネを外すタイミングやタバコを吸うタイミングなど、キャラクター達のちょっとした行動や仕草にまでしっかりと心理描写が詰め込まれて見事だった。

ダスティン・ホフマンとスーザン・ジョージの好演が印象的。お互い違ったタイプの俳優だが、共に迫真の演技でとても見応えがあった。

あれほど争いを避け暴力を許さないと言っていた主人公までもが、最後の最後に最大の暴力で応酬。どの時代にも蔓延る人間達の争いや暴力性は止めることができないとうことなのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス

4.0暴力がテーマなのか、猫好きは見ちゃダメ

2018年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

難しい

猫嫌いのアメリカ人宇宙数学者がノーブラ嫁の地元イギリスに移住。
あるぞあるぞ、と思わせた挙句かなりえぐいレイプシーンがあるのでひるむ。
霧のシーンも当たる、当たると思わせてしっかり当たる。
正義感をかさにきた暴力衝動の発散が一番タチが悪いということを映像化。しかも一人ではなく集団になるともっと悪くなる。
少佐吹っ飛びすぎ。もう一人も吹っ飛んだけど。
1時間半からダスティンホフマンの逆襲
超大型トラばさみは最後に。
ダスティンホフマンが最後に達成感を口にするとは。
どんな人間にも暴力の快感はあるってことなのか。
何事も溜めて発散するより小出しにした方が大ごとにならないよ、ということか。
嫁さんはすっかり心変わりしているようにみえるがそれでいいのかしら。
帰り道が分からない、いいさ、俺もだ。のラストはいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る