羊たちの沈黙

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

FBIアカデミーの優秀な訓練生クラリスは連続誘拐殺人事件の捜査スタッフに組み込まれ、犯罪者として収監されているレクター博士と面会する。それは、天才的な精神科医でありながら、自らの患者を次々と死に追いやったレクターこそ事件の謎を解く鍵になると見込んでのことだった。レクターはクラリスに興味を示し、捜査の手がかりを与える。ふたりが次第に心を通わせていく一方、新たな誘拐事件が。そしてレクターは脱獄を図り……。ジョナサン・デミ監督の代表作となったサイコサスペンス。1991年6月に日本公開。2001年3月にはニュープリント版が公開された。

1991年製作/118分/PG12/アメリカ
原題:The Silence of the Lambs
劇場公開日:2001年3月17日

その他の公開日:1991年6月14日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 日本アカデミー賞(1992年)

ノミネート

外国作品賞  

第64回 アカデミー賞(1992年)

受賞

作品賞  
監督賞 ジョナサン・デミ
主演男優賞 アンソニー・ホプキンス
主演女優賞 ジョディ・フォスター
脚色賞 テッド・タリー

ノミネート

編集賞 クレイグ・マッケイ
音響賞  

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) ジョディ・フォスター

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) アンソニー・ホプキンス
最優秀監督賞 ジョナサン・デミ
最優秀脚本賞 テッド・タリー
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:AFLO

映画レビュー

4.5新しい恐怖の開拓

2024年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

以前にも書いた通りマ王、ホラー系は好物なのよね😅
なのに本作は劇場で観逃してしまっている💦
大抵のホラー映画は映画館で観てたマ王が「サイコスリラー」という分野に難しさを感じ二の足を踏んだのがあった😑
またこの頃、ホラー映画の低迷化が顕著で、作品は出るけど二番煎じ三番煎じどころか出殻しみたいなのがゴロゴロしてたもんで「またかっ💢」と勝手に決めつけてたのもある😫
この手の後悔は滅多に無いからマ王、鑑賞後レンタルビデオを睨みつけた記憶がある💨
後にサイコスリラーブームを起こす切っ掛けだった「羊たちの沈黙」であるが過去にこの分野が無かったワケでは無く、偶々時代にヒットしたんだろうけど内容は申し分無く面白い✨
脚本OK俳優陣OK監督のジョナサン・デミOKと文句が見当たらない⭐
ここで語る話でもないけど物語の完成度よりもクラリス役のジョディ・フォスター、ハンニバル・レクター役のアンソニー・ホプキンスの狂気の演技合戦が必見と言っても過言ではない👍

上記した通り「羊たちの沈黙」はサイコスリラーを開拓した名作なんだけどこの後、残念な事に雨後の竹の子のようにサイコスリラー物がガンガン公開されるのよ😆
ハリウッドの戦略はあまりにもチープ過ぎる(笑)

ただし、ほぼ1年後に公開された「ゆりかごを揺らす手」だけは「羊たちの沈黙」よりも慄いた記憶があるので時間がある方にはオススメですわ🥸

映画館での鑑賞オススメ度★★★★★(観れなかった無念も込めて)
アメリカのシリアル・キラー再現度★★★☆☆
サイコスリラーのパイオニア度★★★★☆

コメントする (0件)
共感した! 1件)
マ王

4.5狂ってる

2024年6月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

初めて映画を観て吐きそうになりました。

これは実話なの?だとしたらこのラストで大丈夫なんだろうか?

レクター博士はどういう生い立ちだったんだろう。

クラリスが危ない

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ピノキのこ

4.0シリーズ復習中

2024年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

公開当時は若かったので衝撃の種類が違ったのかもしれない。でもショックを受けたことは覚えていて、その大きさのあまりとちらかというとレッドドラゴンやハンニバルばかり繰り返しみてきた。
そういえば原点の一作目がいちばんみてないかも、と気付き、今回腰を据えて鑑賞。

ハンニバルのジェントルな博士のイメージが自分の中に大きくなっていたので、羊の博士はもすこしワイルドな印象。こ…こわぁ。瞬きしない瞳に吸い込まれそうです。
トラウマや羊の暗喩、ファーザーコンプレックス気味のヒロインの心情、画面の見せ方、不必要なビックリ要素の排除、バッハ、唸るところは多くの方が賞賛するとおりで、並べても重複しそうなので割愛。
シンプルにすごく怖かった。怖いのいい加減慣れてるのに、純粋にすごく怖かったです。

ただ、今の時代だとこの犯人像は企画通らないかも…とか思ったりして。
オープニングの白枠の字体はレトロで絵になりますね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
chili

5.0原点にして至高

2024年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

すごいよねぇ。1991年公開ですって。
30年以上たってるのに全く古びないし
レクター博士とクラリスの関係性とか、頭脳明晰でサイコパスとか
むしろ今でもフックになりうる要素がここで生まれてる。
脚本も構成も、芝居も演出も最高。これこそ殿堂入りって感じのベストオブベスト。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mar
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ハンニバル・レクター」シリーズ関連作品