今夜、ロマンス劇場で

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
今夜、ロマンス劇場で

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

綾瀬はるかと坂口健太郎が共演し、モノクロ映画の中のヒロインと現実世界の青年が織りなす切ない恋の行方を描いたファンタジックなラブストーリー。映画監督を目指す青年・健司はモノクロ映画のヒロインである美雪に心を奪われ、スクリーンの中の彼女に会うために映画館に通い続けていた。そんなある日、美雪が実体となって健司の前に現われる。モノクロ姿のままの彼女をカラフルな現実世界に案内するうち、健司と美雪は少しずつ惹かれ合っていく。しかし美雪には、人のぬくもりに触れると消えてしまうという秘密があった。「のだめカンタービレ」シリーズの武内英樹がメガホンをとり、「信長協奏曲」の宇山佳佑が脚本を担当。

2018年製作/108分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
宇山佳佑
製作
石原隆
堀義貴
企画
稲葉直人
プロデュース
稲葉直人
プロデューサー
上原寿一
菊地美世志
アソシエイトプロデューサー
大澤恵
根本智史
ラインプロデューサー
宮崎慎也
撮影
山本英夫
照明
小野晃
録音
加藤大和
美術
原田満生
岡田拓也
衣装
宮本まさ江
伊藤佐智子
ヘアメイク
豊川京子
ヘアメイクデザイン
中野明海
装飾
茂木豊
編集
松尾浩
音楽
住友紀人
主題歌
シェネル
スクリプター
渡辺美恵
VFXプロデューサー
赤羽智史
ミュージックエディター
小西善行
サウンドエディター
伊東晃
助監督
洞功二
制作担当
嘉藤博
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

映画レビュー

4.5今だからこそ見たい「映画愛」に溢れた武内英樹監督らしいロマンス映画

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

正直に言うと、最初にこの作品を試写で見た時は、期待が大き過ぎたのか、そこまで入り込めずに評価できない自分がいました。
ただ、本作の大きなテーマにあるように「存在を忘れられた作品」ほど悲しいものはないんですよね。
その意味では、記憶にはしっかりと残っていましたし、北村一輝の爆弾シーンをなぜかもう一度見たくなって映画館にも行きました。
そして、3回目を見た感想ですが、やはり映画というのは、いつ見るのかによって評価は変わるもの、ということを改めて痛感しました。
主人公の坂口健太郎の将来を演じた加藤剛さんは役柄そのままに公開から4か月後に亡くなられましたが、加藤剛さんの遺作に相応しい出来の映画でした。

それにしても「白黒」が関係しているのもあって、ここまで色彩が鮮やかに見えた映画も久しぶりでした。色彩面に加えて、役柄の女優らしく自然とクルクル変わる綾瀬はるかのファッションなど、見どころ満載です。
「翔んで埼玉」や「テルマエ・ロマエ」の武内英樹監督作にしては笑いが少ない面はありますが、北村一輝が何気にそれを一手に背負って頑張っていましたし、何より「ロマンス映画」としては出来は良かったですね。

今ほど世の中が「映画愛」を意識する環境はないと思いますが、だからこそ武内監督の映画愛を強く感じましたし、多くの人たちが持つ「映画館への愛」も思い出させてくれるような素敵な作品でした。
この時期だからこそ多くの人に見てほしい作品ですし、平和な時代に戻った時も、また機会があれば見返したい「忘れ去られない作品」です。

(※評価を4.5にしたのは、CMで出てきた「コンフィデンスマンJP プリンセス編」と比べてしまったからです)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
細野真宏

2.5綾瀬はるかのファッションショー

2020年5月29日
iPhoneアプリから投稿

綾瀬はるかの美しさが実感できる作品。
設定は映画が全盛期の戦後、人々から忘れ去られた映画から飛び出してきた美しい女性とその映画に魅入られた若い助監督のラブストーリー。エンディングが泣けますが、とにかく綾瀬はるかの美しさが際立つ作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シムケン

4.5心地よいレトロ感と、現実の波乱万丈

まのんさん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

雰囲気ばっちし(*‘∀‘)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まのん

3.0ラブコメディで塩梅はまずまず。 監督の映画好きが功を奏してる感じ。...

VANeRopさん
2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿

ラブコメディで塩梅はまずまず。
監督の映画好きが功を奏してる感じ。
どこまでいっても邦画クオリティ!!
君に読む物語ばりの語りも鼻につくし、
タイタニックを彷彿とさせるラストと白黒のあべこべはいいかもだけど、勘に触るよね。やったた感が勘に触る。
いいとこ取り切れぬ!残念!って感じの大衆娯楽映画。大衆向きで、娯楽で結構なんだけどね。てか、映画撮ってる時点で凄いんだけど。
でも、ジェームズキャメロンはやっぱり凄いわ。壮大で階級社会とかも盛り込むもんね。お国柄かな?
飛んで埼玉ばりに軽くぶっ飛んでる方が向いてるんだろうよ。
割と序盤の種明かしも冷めるな〜って。
最終的に2人の想いは奇跡を超えていなかったです。まあまあ予想できる2択のうちの1つって感じです。

なんやかんやで普通に泣きそうだったけど堪えたわ。頭沸いてんな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
VANeRop
すべての映画レビューを見る(全351件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る