劇場公開日 2018年2月10日

  • 予告編を見る

今夜、ロマンス劇場でのレビュー・感想・評価

3.8358
31%
45%
19%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全358件中、1~20件目を表示

4.5今だからこそ見たい「映画愛」に溢れた武内英樹監督らしいロマンス映画

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

正直に言うと、最初にこの作品を試写で見た時は、期待が大き過ぎたのか、そこまで入り込めずに評価できない自分がいました。
ただ、本作の大きなテーマにあるように「存在を忘れられた作品」ほど悲しいものはないんですよね。
その意味では、記憶にはしっかりと残っていましたし、北村一輝の爆弾シーンをなぜかもう一度見たくなって映画館にも行きました。
そして、3回目を見た感想ですが、やはり映画というのは、いつ見るのかによって評価は変わるもの、ということを改めて痛感しました。
主人公の坂口健太郎の将来を演じた加藤剛さんは役柄そのままに公開から4か月後に亡くなられましたが、加藤剛さんの遺作に相応しい出来の映画でした。

それにしても「白黒」が関係しているのもあって、ここまで色彩が鮮やかに見えた映画も久しぶりでした。色彩面に加えて、役柄の女優らしく自然とクルクル変わる綾瀬はるかのファッションなど、見どころ満載です。
「翔んで埼玉」や「テルマエ・ロマエ」の武内英樹監督作にしては笑いが少ない面はありますが、北村一輝が何気にそれを一手に背負って頑張っていましたし、何より「ロマンス映画」としては出来は良かったですね。

今ほど世の中が「映画愛」を意識する環境はないと思いますが、だからこそ武内監督の映画愛を強く感じましたし、多くの人たちが持つ「映画館への愛」も思い出させてくれるような素敵な作品でした。
この時期だからこそ多くの人に見てほしい作品ですし、平和な時代に戻った時も、また機会があれば見返したい「忘れ去られない作品」です。

(※評価を4.5にしたのは、CMで出てきた「コンフィデンスマンJP プリンセス編」と比べてしまったからです)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
細野真宏

5.0こんなに愛し合っているのに、手も触れられない……。今年最高のラブストーリーかも。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画というのは、どんな設定をしようとも、設定そのものに対して観客は文句は言いません。
ただし、その設定を前提として、思い切り楽しませてくれることを観客は求めてお金を払っているわけです。

さてそこで、この映画の設定ですが、映画の中の白黒のヒロインと、後世の観客との間でロマンスが生まれたとしたら……という、ま、ムチャクチャな設定です。

しかし、お互いに好きで好きでたまらないのに、手を触れることすら、できない二人のあいだの愛の行方はどうなるの? という、骨太のテーマ。思い切り、うならされました。

これって、実はロミオとジュリエットを始めとする多くの作品と、構図としては同じなのですが、オリジナリティーに富んだ発想と肉付けによって、ロマンス映画として屈指の作品に仕上がったと言えるのではないでしょうか。

力のないシナリオライターだと、最後は「観客の想像力に任せる……」といいながら仕事を放棄し逃げてしまうであろう部分に至るまで、キッチリと書き切っており、しかも観客を感動させ尽くしている点など、お見事としか言いようがありませんでした。

想像していたよりもずっと観客数は少なかったのですが、この今期最高のラブストーリーは絶対のお勧めです。

ぜひともカップルで観に行ってください。
思いが伝わると思いますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.5映画好きの心を打つ一本、映画の枠を超えて見せるラブロマンスに涙

2020年7月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

この映画が地上波でやったのはちょうど緊急事態宣言が出た頃。映画館という特別な空間に行けない状況が続いていた。開館している今でも、あの空間の居心地の良さはたまらない。
主人公の健司は、助監督をしながらも近くのロマンス劇場で足しげく通って映画を観ていた。そんな恋したヒロインが突然画面から出て来て…。映画の世界で生きる人たちのキャラも強く、当時の勢いを感じさせる。映画会社所属のムービースターに、ちょっと権限の強い社長の娘だったりと、当時の世界も同時に楽しめる。ストーリーも、二人にそびえる高い壁を互い思いながら超えていこうとする姿に、涙が止まらなかった。
映画としての世界を楽しめると同時に、映画が好きだからこそ刺さるセリフなどもとてもよかった。どこまでも残る一本になるかは、最期にならないとわからないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん

3.5色彩豊かなファンタジーな映画ダネ!

2020年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

邦画にしては、珍しく色彩豊かで脚本もファンタジーロマンス(ローマの休日を思いだしましたけど)で、良質な映画だと思います。
綾瀬はるかの魅力が1番に見出されてた映画のように思いました。
久々に邦画では、色彩豊かで綺麗な、映画らしい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆきおちゃん

3.0この世はみんなが思っている以上に輝いている

2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

個性を失い、思いやりの優しさに欠けた世界にもそれぞれの色がある。ただそれに気づかないだけで、輝かすもくすませるのも自分と目の前の相手次第だ。

モノクロ映画から白黒で色のない姿で飛び出してきた女優が、この世の彩りを感じながら、恋愛という最も濃厚なカラーを味わっていく物語。
軽いタッチのなかに、なかなか図太いテーマを隠し持たせている気がした。

ちょっとストーリー展開にもの足りなさを感じたが、説明臭くなりすぎると重たくなるし、笑いに持っていくとコケるし、難しいバランスなんだと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

3.5純愛やな

2020年6月2日
PCから投稿

キレイな話。

“色”というものの美しさを改めて知ることができた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
宮西瀬名

4.5なめてた。やられた。 前半は映画から抜け出した綾瀬姫によるコメディ...

2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

なめてた。やられた。
前半は映画から抜け出した綾瀬姫によるコメディ。誰彼なくしばきまくる姫に爆笑。
後半は一転、切ないラブストーリーに。触れられない愛に涙。そしてこのまま切ないエンディングを迎えると思いきや…

有名作品のパクリと感じる方もあるようですが、そうではありません。そこにあるのは映画愛なのです。

笑いあり、涙あり、そして…
こんな素敵な作品、そうはありませんよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

4.5何度見たか

2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿

この映画は本当に素晴らしいと思う。

配役、脚本、何よりファンタジー要素に
純愛をプラス。

ネヴァーエンディングストーリー。

まさにこれ。

段々と配色が綺麗になるのも、綾瀬はるかを際立たせる。

何度も見れる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shingolfer

2.5綾瀬はるかのファッションショー

2020年5月29日
iPhoneアプリから投稿

綾瀬はるかの美しさが実感できる作品。
設定は映画が全盛期の戦後、人々から忘れ去られた映画から飛び出してきた美しい女性とその映画に魅入られた若い助監督のラブストーリー。エンディングが泣けますが、とにかく綾瀬はるかの美しさが際立つ作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シムケン

4.5心地よいレトロ感と、現実の波乱万丈

まのんさん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

雰囲気ばっちし(*‘∀‘)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まのん

3.0ラブコメディで塩梅はまずまず。 監督の映画好きが功を奏してる感じ。...

VANeRopさん
2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿

ラブコメディで塩梅はまずまず。
監督の映画好きが功を奏してる感じ。
どこまでいっても邦画クオリティ!!
君に読む物語ばりの語りも鼻につくし、
タイタニックを彷彿とさせるラストと白黒のあべこべはいいかもだけど、勘に触るよね。やったた感が勘に触る。
いいとこ取り切れぬ!残念!って感じの大衆娯楽映画。大衆向きで、娯楽で結構なんだけどね。てか、映画撮ってる時点で凄いんだけど。
でも、ジェームズキャメロンはやっぱり凄いわ。壮大で階級社会とかも盛り込むもんね。お国柄かな?
飛んで埼玉ばりに軽くぶっ飛んでる方が向いてるんだろうよ。
割と序盤の種明かしも冷めるな〜って。
最終的に2人の想いは奇跡を超えていなかったです。まあまあ予想できる2択のうちの1つって感じです。

なんやかんやで普通に泣きそうだったけど堪えたわ。頭沸いてんな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
VANeRop

3.5人にぶつからずに生きていけるか?

ケイトさん
2020年5月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

楽しい

幸せ

疑問に思う箇所もあったけど、ホッコリ泣けます。ラストの病室シーンは検討の余地あったと思い残念。看護師が、病室に入るなり横たわった人に何もせず、直に原稿読みにいくか?終わりよければが、台無し。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

5.0ここの評価を疑う ?

terryさん
2020年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

笑える

幸せ

「お転婆姫と三獣士」のモノクロ映画のシーンから始まる。
脳裏に浮かんだ、モノクロ映画「ローマの休日」。
この作品は、どんなロマンスを見せてくれるのか、期待するも、
「お転婆姫と三獣士」がちょっぴりダサくて(これも仕掛けか)、
レビューの評価を疑いつつ観る。

結果から言うと、ストーリーの面白さが最高でした。
笑えるところ、涙をこらえるところ多々あり、そしてラストに大満足。
映像も綺麗で、色の使い方が効果的。
これまで、どんなに感動した作品でも4.5で抑えていましたが、
初めて評価5をつけます。
本当に見てよかったと思える映画です。

人が年を重ねていくさまが、すごく自然に表現されている。
映像的に短時間で、長い年月の経過を、見る方に分からせてくれます。

映画の中からというか、メルヘンの世界からというか、
そこからやって来たお転婆姫の美雪と、映画をこよなく愛し、また映画製作の助監督をしている健司とのロマンスの話ですが、
自分は、間違いなくリアル世界の側にいるつもりで見ていたのに、
いつのまにかメルヘンの世界に、違和感なく入り込んでいることに気付く。

それは、細かい仕掛けが沢山あり。
何と表現していいのか、上手く書けないけど、
合わせ鏡を見ているような仕掛け、あるいはロシアみやげのマトリョーシカのような仕掛けが散りばめられています。
その仕掛けが複雑過ぎないよう、抑えられているので見る側は、混乱なし。
それらの仕掛けを追いかけているうちに、
メルヘンの世界を信じこむことに抵抗感がなくなっている自分。

メルヘン(映画)の世界の居心地の良さ。
登場するすべての人物に、悪意ある人がいないという、すがすがしさ。
見ると、満足感でいっぱいになります。

ラストがほんと、奇跡ですね。ますます映画が好きになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
terry

3.5邦画には珍しく締まりがいい

2020年5月21日
Androidアプリから投稿

最後をきっちり表現してくれるので、みてスッキリしました!
純愛!ステキ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やっほー

3.0純愛、ロマンチックで(インスタ好き向き)

2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

0.5ありきたりな展開だらけで目新しさが全くない。 途中からずっと観るの...

2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ありきたりな展開だらけで目新しさが全くない。
途中からずっと観るのやめようか悩みつつ最後まで観切ったけど結果ボツ。
泣かせにきすぎ。
そしてまんまと泣く単純な視聴者がいるんだから驚く。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
かぼはる

4.0映画館で観たかった

2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

幸せ

こんなに泣ける映画だとは思わなかった

登場人物それぞれに人生があるのだと、当たり前のことなのにこの映画を観るまで気づかなかった

どうやって撮影したのかや、どうやって生きてきたのか等々、不自然さやよく考えたら説明がつかないことはいろいろあるが、そんなことは気にならなくなるくらいのパワーがある作品

大人のおとぎばなし

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Daiki Sugiyama

5.0純愛!!!

Lilyさん
2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Lily

4.0触れること・老いること

ke_yoさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ke_yo

3.0綾瀬はるかは綺麗で好きですが、いろんな役のキャラが強すぎて、純愛映...

tomoさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿

綾瀬はるかは綺麗で好きですが、いろんな役のキャラが強すぎて、純愛映画として、入り込めなかったです。

ストーリーは、後半おもしろかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo
「今夜、ロマンス劇場で」の作品トップへ