愛のコリーダ

ALLTIME BEST

劇場公開日

愛のコリーダ
25%
46%
18%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和11年に起きた「阿部定事件」を題材に、大島渚監督が男女の愛の極致を描いた問題作。料亭「吉田屋」の住み込み女中となった定は、店の主人の吉蔵とひかれあい、情事を重ねる仲となる。やがてその関係が露呈したこと2人は駆け落ちし、さらなる愛欲の世界におぼれていくが……。性愛を題材にした作品が日本で十分に制作できるかという懸念から、フランスから輸入したフィルムで撮影を行い、撮影済みの生フィルムをフランスに直送して現像・編集するという方法で完成させた。日本公開版は修整が加えられたが、芸術か猥褻か表現の自由をめぐって論争が巻き起こり、後に出版されたシナリオ本をめぐっては裁判に発展するなど大きな注目を集めた。海外では1976年のカンヌ映画祭で上映され、芸術作品として高い評価を受けた。2000年12月には初公開時にカットされたフッテージをほぼ完全に復元したバージョンが「愛のコリーダ2000」として公開された。2021年4月にも「愛のコリーダ 修復版」としてリバイバル公開。

1976年製作/108分/R18+/日本・フランス合作
原題:L'Empire des sens
配給:アンプラグド
日本初公開:1976年10月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)大島渚プロダクション

映画レビュー

4.0人生のどこかで覚悟を決め挑むべき山

2021年4月30日
PCから投稿

これまで恐れをなして一度も鑑賞できていなかった。今回の「修復版」の力を持ってしても当然ボカシまで見透せるわけではない。が、二・二六事件が起こった時代の空気、日本家屋のたたずまい、人々の表情に至るまで、鮮明になった映像は我々に本作へ挑む”動機”を与えてくれる。そうやって遂に対峙を果たした本作なのだが、いざ蓋を開けると、極度に閉ざされた室内にて、肉体と感情とが織りなす叙情的な世界がただひたすら展開していく様に驚かされた。人間の情欲を描きつつも、その構造はストイック。時に狂気と過激さを微増させながら、互いの感情がピンと張った線のごとく研ぎ澄まされていく様にも感心する。この壮絶なる役柄を文字通り裸一貫で演じた二人の身の捧げ方には言葉を失う。観終わった後はしばらく衝撃の余韻が抜けなかったし、全ての人にお勧めできる作品でもない。しかしながら人生のどこかで覚悟を決めて挑むべき山。そう言えるのではないか。

コメントする
共感した! (共感した人 16 件)
牛津厚信

1.5寺山修司のパクリ作品のよう

2022年6月17日
PCから投稿

だなぁと思って見ていたらやはりそうだった。監督のジェラシーが生んだ作品だと言えよう。しかし寺山修司は立派な監督がジェラシーをするような立派な監督ではなく、どの映画もみなイメージの羅列のような昇天しない作品ばかりだ。そして、この作品もまた、つまらない作品だった。ぎょっとしたシーンが二つあったのがとりえかな。一つは風呂場で女房とイチャイチャするところへ・・・もう一つは三味線ババアのアップ。しかしオススメできる作品ではない。どうせなら生きたままチョン切って欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KIDOLOHKEN

3.5感受性が強い女

ma~さん
2022年2月1日
iPhoneアプリから投稿

変態、セックス依存症、メンヘラ…
そう感じる人もいいると思いますが、
彼女は『ただ感受性が強い』女。
食欲や睡眠欲よりも、ただ 性欲と、惚れた男の独占欲が強いのです。

ずっと気になっていた作品でしたが 観れて良かったです♪ リアル過ぎて、ずっと恐怖すら感じていました。
というか、本当に性行為に及んでいたのでしょうか?
この時代にこんな映画が作れたんだと思うと まさに衝撃的な傑作だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ma~

4.5ワイセツではなく男女の切ない物語ですよね。

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

4K修復版の上映を機についに問題作を鑑賞しました。当初「戦メリ」だけ鑑賞しようと思っていましたが、もう映画館で観られないかも?と思いまして・・・。上映当時は芸術か?猥褻か?の議論が巻き起こりましたが、当時では致し方ないでしょうね。全編とは言いませんがセックスシーン多いですしね。それに本番ですもんね。しかし、それで語りたかった描きたかったものがあったのだろうなぁと思います。

この映画は心も経験も大人になってからじゃないとサッパリわからないし、AVとの違いがわからないのかも知れません。ただのエロにしか見えないでしょうね。最近、ピンク映画と言うカテゴリの作品を二本見て痛感したのです。人間間の愛情、恋愛には性愛、セックスはつきもので、それを描いてこそ見える心情があるのではないか?と。気持ちは背中に回した手に、動きの激しさに、行為の濃さに、視線に垣間見えるのです。あぁ、心当たりあるなぁって思うのです。「あなたから気持ちが離れたわ」なんて言葉より、心無いセックスシーンのほうが、よっぽど伝わるんじゃないかなぁ?切なさがハンパないですよww心情などをセックスシーンを通して描いて何がいけないのか?と思っちゃうわけです。しかし、まだまだ修行中の僕にはわかってないことが多数と思いますがね。

阿部定のようにセックスワーカーが、たくさんの言葉(セックス)を知っているはずのが、それを通して知らなかった恋愛言葉を知るって・・・めちゃくちゃドラマチックじゃないですか?そして、その終わりもセックス。恋の深まりも終わりの気配もセックス。いいじゃないですか。そしてそのシーンで心情やら二人の関係の移ろいを描いていく大島監督・・・素晴らしいじゃないですか。
芸術かどうかはわからないのですが、立派な文芸作品だと思いますよ。

藤竜也、最高に色気がある役者さんだなぁ。なんとまぁ退廃的な雰囲気を出せるんだろう。関心しきり。大好きなシーンは雪降る中、行進する軍隊と道の端を歩く吉藏がすれ違うシーンがたまらなく好きです。時代と逆行するような、後ろめたいような吉藏が印象に残ります。

いやぁ、迫力の一作でした。
後日、定の事件後を知りましたがすごく興味深い一生を過ごしたんですね。事件後を描いた作品があれば観てみたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バリカタ
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る