愛のコリーダ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

愛のコリーダ

解説

昭和11年に起きた「阿部定事件」を題材に、大島渚監督が男女の愛の極致を描いた問題作。料亭「吉田屋」の住み込み女中となった定は、店の主人の吉蔵とひかれあい、情事を重ねる仲となる。やがてその関係が露呈したこと2人は駆け落ちし、さらなる愛欲の世界におぼれていくが……。性愛を題材にした作品が日本で十分に制作できるかという懸念から、フランスから輸入したフィルムで撮影を行い、撮影済みの生フィルムをフランスに直送して現像・編集するという方法で完成させた。日本公開版は修整が加えられたが、芸術か猥褻か表現の自由をめぐって論争が巻き起こり、後に出版されたシナリオ本をめぐっては裁判に発展するなど大きな注目を集めた。海外では1976年のカンヌ映画祭で上映され、芸術作品として高い評価を受けた。2000年12月には初公開時にカットされたフッテージをほぼ完全に復元したバージョンが「愛のコリーダ2000」として公開された。2021年4月にも「愛のコリーダ 修復版」としてリバイバル公開。

1976年製作/108分/R18+/日本・フランス合作
原題:L'Empire des sens
配給:アンプラグド
劇場公開日:2021年4月30日

その他の公開日:1976年10月16日(日本初公開)、2000年12月2日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)大島渚プロダクション

映画レビュー

4.0人生のどこかで覚悟を決め挑むべき山

2021年4月30日
PCから投稿

これまで恐れをなして一度も鑑賞できていなかった。今回の「修復版」の力を持ってしても当然ボカシまで見透せるわけではない。が、二・二六事件が起こった時代の空気、日本家屋のたたずまい、人々の表情に至るまで、鮮明になった映像は我々に本作へ挑む”動機”を与えてくれる。そうやって遂に対峙を果たした本作なのだが、いざ蓋を開けると、極度に閉ざされた室内にて、肉体と感情とが織りなす叙情的な世界がただひたすら展開していく様に驚かされた。人間の情欲を描きつつも、その構造はストイック。時に狂気と過激さを微増させながら、互いの感情がピンと張った線のごとく研ぎ澄まされていく様にも感心する。この壮絶なる役柄を文字通り裸一貫で演じた二人の身の捧げ方には言葉を失う。観終わった後はしばらく衝撃の余韻が抜けなかったし、全ての人にお勧めできる作品でもない。しかしながら人生のどこかで覚悟を決めて挑むべき山。そう言えるのではないか。

コメントする (0件)
共感した! 17件)
牛津厚信

4.0愛のナギーサ‼️

2023年11月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

怖い

この作品は芸術かポルノか⁉️昭和11年に実際に起きた「阿部定事件」を、藤竜也さんと松田英子さんによる凄まじい性描写で描いた作品‼️一歩間違えばAVなんですけれども、この性描写があってこそ、定の吉蔵に対する女の情念が、観る者にも恐ろしいほど伝わってくる‼️

コメントする 1件)
共感した! 6件)
活動写真愛好家

2.5まあ死ぬまでにこれを見とけ、の類

2023年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

セリフは
バカヤロー、コノヤロー(たけしかよ)
まあまあ、そうとんがるな。俺はお前の事好きだぜ
これだけです。
40年前は松田暎子がどうしても主役を張る様な顔には思えず
鑑賞せず。
まあ今もそうなんだけど
イマイチのれんしそそれませんでした。
50点
京都みなみ会館 20210618

コメントする (0件)
共感した! 0件)
NWFchamp1973

3.5女の情念、おそろしや

2023年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
みき
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る