劇場公開日 2021年4月30日

「人生のどこかで覚悟を決め挑むべき山」愛のコリーダ 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.632
24%
45%
18%
7%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0人生のどこかで覚悟を決め挑むべき山

2021年4月30日
PCから投稿

これまで恐れをなして一度も鑑賞できていなかった。今回の「修復版」の力を持ってしても当然ボカシまで見透せるわけではない。が、二・二六事件が起こった時代の空気、日本家屋のたたずまい、人々の表情に至るまで、鮮明になった映像は我々に本作へ挑む”動機”を与えてくれる。そうやって遂に対峙を果たした本作なのだが、いざ蓋を開けると、極度に閉ざされた室内にて、肉体と感情とが織りなす叙情的な世界がただひたすら展開していく様に驚かされた。人間の情欲を描きつつも、その構造はストイック。時に狂気と過激さを微増させながら、互いの感情がピンと張った線のごとく研ぎ澄まされていく様にも感心する。この壮絶なる役柄を文字通り裸一貫で演じた二人の身の捧げ方には言葉を失う。観終わった後はしばらく衝撃の余韻が抜けなかったし、全ての人にお勧めできる作品でもない。しかしながら人生のどこかで覚悟を決めて挑むべき山。そう言えるのではないか。

コメントする
共感した! (共感した人 11 件)
牛津厚信
「愛のコリーダ」のレビューを書く 「愛のコリーダ」のレビュー一覧へ(全32件)
「愛のコリーダ」の作品トップへ