大島渚

大島渚
ふりがな
おおしまなぎさ
誕生日
1932年3月31日
出身
日本/京都

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

京都出身。京都大学法学部を卒業後、54年に松竹入社。大船撮影所で助監督としてキャリアを積み、「愛と希望の街」(59)で監督デビューを果たす。「青春残酷物語」「太陽の墓場」(ともに60)がヒットし、篠田正浩、吉田喜重らとともに「松竹ヌーベルバーグ」と呼ばれる。「日本の夜と霧」(61)が松竹によって公開4日目で上映中止されたことをきっかけに松竹を退社。独立プロ「創造社」を設立し、「飼育」(61)、「白昼の通り魔」(66)、「絞死刑」(67)、「少年」「新宿泥棒日記」(69)といった社会派の作品を発表する。75年に創造社を解散し、阿部定事件をモチーフにした「愛のコリーダ」(76)で国際的に高い評価を得る。続く「愛の亡霊」(78)でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞、「戦場のメリークリスマス」(83)や、脳梗塞による後遺症を克服して完成させた「御法度」(99)も同映画祭に出品された。監督業にとどまらず、TVのワイドショーやバラエティー番組でコメンテーターとしても活躍。00年、紫綬褒章を受賞、01年、仏芸術文化勲章を受章。13年1月15日、肺炎のため80歳で永眠した。妻は女優の小山明子。

関連作品(映画)

大島渚の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

大島渚の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

  • 画像1

大島渚の写真・画像をもっと見る

関連記事

大島渚の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「大島渚」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る