戦場のメリークリスマス

ALLTIME BEST

劇場公開日

20%
47%
25%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大島渚監督が、第2次世界大戦中のジャワの日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状況に置かれた人間たちの相克を描いた異色のヒューマンドラマ。日本軍のエリート士官ヨノイと連合軍捕虜セリアズ少佐の愛情めいた関係を中心に、日本軍人と西洋人捕虜との関係が興味深く描かれる。デビッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけしといった国内外の異色スターたちが共演。坂本の音楽も高い評価を獲得し、テーマ曲「Merry Christmas Mr. Lawrence」は誰もが知る名曲となった。2021年4月、デジタル素材に修復した「4K修復版」でリバイバル公開。

1983年製作/123分/日本・イギリス・ニュージーランド合作
原題:Merry Christmas Mr. Lawrence
配給:アンプラグド
日本初公開:1983年5月28日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第7回 日本アカデミー賞(1984年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 大島渚
助演男優賞 ビートたけし
音楽賞 坂本龍一
話題賞 作品部門/俳優部門  

第36回 カンヌ国際映画祭(1983年)

出品

コンペティション部門
出品作品 大島渚
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)大島渚プロダクション

映画レビュー

4.0数十年ぶりの鑑賞で込み上げた思い

2021年4月28日
PCから投稿

数十年ぶりの鑑賞ということもあり、以前とだいぶ印象が違って見えた。例えば、坂本龍一が法廷でボウイを見てビビッと感じる時の思い。かつての私は、それは同性愛的な何かだろうと解釈していたが、今見ると、そんな次元すらも遥かに凌ぐ、非常に複雑で混乱した啓示だったように思えた。対するボウイはかつて弟に下した仕打ちが十字架のようにのしかかっている。彼もまた償う場所を求めさまよう旅人。収容所という場所でこれらの異質な思いが大きく渦を巻き、さらに狂気と無邪気さを持つビートたけしの存在が絶妙にハマる。演技が本業でない彼らだからこそ、素の境地をこれほど直感的、肉感的に表現できたのだろう。ちなみにローレンス役のトム・コンティは「ダークナイト・ライジング」にも出演。「戦場の」がノーランのお気に入りであることを考えると、同じ”牢獄でカリスマ性を持つ主人公と語らう者”としての起用には何らかの意図があったのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 10 件)
牛津厚信

5.0懺悔

2021年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦後しばらく日本を憎悪する、主にはヨーロッパ人が多かった。

仕方がない。戦時中に不慮収容所でこんなことがあったから。

こんな異常な世界を和らげるセリアズの存在と坂本龍一の音楽。
これのお陰で鑑賞するこちら側は正気を幾分か保ち静観できる。

また戦闘シーンが全くなくともヨノイの歪んだ信念とハラの暴力性で異常な世界を疑似体験できることから、正気を保つよう鑑賞するこちら側も必死に堪える。

心と感情と精神の拠り所は何なのか何処なのか。
いつ終わるか分からない異文化のぶつかり合いは、その時の弱者の処分で呆気なくその時は幕を降ろされる。

いつの時代もそれは変わらない無情と無力を体験するだけだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見知らぬ世界を見聞きしたい

4.0ハラキリ

Kjさん
2021年10月4日
iPhoneアプリから投稿

日本人による作品にあって、過剰といってよいほどのオリエンタルな形式美や精神論を盛り込み、秩序を作り護ろうとする大尉の弱さ、遊離した不安や不信が際立つ。人としての幅を見せ、捕虜を赦したハラに実は救われ、他方、不安に駆られる。ハグされて後ろにのけぞり、髪を頂き、国に持ち帰って納めようとする姿に、気負うことに殉じた当時の若者への同情も感じる。本来あるべき日本人としての心をラストのタケシのアップに含ませる。
ハグした側が少しよく分からないところである。大尉にかつての自分か弟が重なる要素でもあれば、大尉に心を通わすのも理解できるが、英国での逸話は少しずれているように思える。
主題歌はこれまで色々とアコースティックなアレンジで慣らされてきたせいか、今聴いてみるとこんなにシンセが入っていたんだと驚いた。劇中の効果音にも機械的な音が入っていたが、この辺りは80年代なんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

3.0良く分からなかった

2021年8月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

殆ど予備知識無しで観たけど、何を伝えたかった映画か分からなかった。

それでも余り退屈しなかったのは、たけしや坂本龍一、デビッドボウイらの存在が大きかったのが理由なのかもしれない。

とはいえ、大物スターをこれだけ自分の映画に巻き込んでいく大島監督のエネルギーは凄いものだったのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はなまる
すべての映画レビューを見る(全86件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「戦場のメリークリスマス」以外にこんな作品をCheck-inしています。