小川紳介と生きた人々 Devotion Ogawa Production

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドキュメンタリー映画作家・故小川紳介監督と、彼が主宰した映画製作集団・小川プロダクションの実態に迫る長篇ドキュメンタリー。監督はバーバラ・ハマー。撮影もハマー監督が担当している。第51回ベルリン国際映画祭出品、日本・アメリカ合作作品。βカム作品。ビデオプロジェクターによる上映。

あらすじ

18本の映画と1億円の借金を残して解散した小川プロダクション。共同生活を通して映画を製作するという世界に類を見ないスタイルで、作品を世に送り続けて来た映画集団だ。そして、強烈なカリスマ性でそのメンバーを統率したのが監督・小川紳介。没後10年を経ようとした今、作品の中で元スタッフたちや小川プロに縁のある人々が、小川監督と小川プロについて本音を語り始める。そこから見えてくるものは、小川紳介と小川プロという神話の解体に他ならない。製作資金、スタッフの無名性、小川プロ内での女性の立場、ホモソーシャルな関係、家族・生活、セックスの問題などなど、作品の裏側に隠れていた愛憎に満ちた証言が次々とされ、果ては小川監督が自分の生き易いように経歴を詐称していたことまで明らかになっていく。

2001年製作/82分/日本・ アメリカ合作
配給:パンドラ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く