エクソシスト

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

女優クリスの12歳の娘リーガンはある時から何かに憑かれたかのようにふるまうようになる。彼女の異変は顕著になるが、病院の科学的な検査でも原因は判明しない。やがて醜い顔に変貌したリーガンは緑色の汚物を吐き、神を冒涜するような卑猥な言葉を発するようになる。悪魔が彼女に乗り移ったのだ。その後、リーガンの前にふたりの神父メリンとカラスが訪れ、悪魔祓いを始めるが……。世界中にオカルトブームを巻き起こした戦慄のホラー映画。

1973年製作/122分/アメリカ
原題:The Exorcist
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:1974年7月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 リンダ・ブレア
最優秀監督賞 ウィリアム・フリードキン
最優秀脚本賞 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) エレン・バースティン
最優秀助演男優賞 マックス・フォン・シドー
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Photofest/アフロ

映画レビュー

4.0視覚的恐怖の代表格

2024年4月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

少女に取り憑いた悪魔とその悪魔を祓おうとする神父たちの攻防。

祓いアクション的な要素でエンタメ感を出しつつも、根元にある恐怖を視覚的に見せつけてくる。たまらなく恐ろしい。

この作品観たことがない人も、逆ブリッジシーンは知ってる人が多い。※観れるのはディレクターズカット版ですが!

ホラー映画の代表の一つであり、現代のホラーにも間違いなく多大なる影響を及ぼしている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
クラウンゾンビ拓哉

4.5悪魔と神と人間と

2024年3月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、VOD

悲しい

怖い

興奮

少女に悪魔が取り憑いた…!
ショッキングな内容で大ヒットを記録し、世界中にオカルト・ブームを巻き起こした名作ホラー。1973年の作品。
今でこそホラー映画の一つのジャンルである“エクソシスト”だが、その先駆。
“エクソシスト”という言葉や存在を定着させのも。
また、それまでB級の類いだったホラーをA級ジャンルに。
あらゆる意味でホラー映画の記念碑。金字塔。

シリーズ新章『~信じる者』を見るに当たって久し振りの鑑賞。
改めて見て思ったのは、静かなタッチ。
特に序盤~中盤は怖さはほとんど皆無の人間ドラマベース。
女優でシングルマザーのクリスと娘のリーガン。
母親を亡くし信仰心が揺らぐ神父のデミアン。
二組のドラマが交錯して展開。
静かな展開ながらも、暗示めいた描写や不穏な雰囲気が…。
冒頭、イラクの古代遺跡で悪魔パズズの石像と対峙するメリン神父。
後にメリンと悪魔祓いに挑むデミアン。信仰心揺らぐ彼は悪魔に立ち向かえるのか…?
クリスとリーガンの平穏な日常に忍び寄る…。天井の物音に始まり、ベッドが大きく揺れる。
遂にリーガンに…。
大人しかったリーガンの口から発せられる神を冒涜する言葉や卑猥な言葉。十字架で自傷行為や緑色の汚物を吐く。首が180度回転…!
それでも医者たちは精神的な病と少女の身体には痛ましい検査を繰り返すが、常識の範囲を超えているのは明らか。
原因不明。藁にも縋る思いで、ある儀式を。
クリスも当初は半信半疑。デミアンも拒んでいたが、初めて対した時確信する。
“悪魔”の存在を…。

エレン・バースティンの母親の苦悩。
ジェイソン・ミラーの複雑な内面。
マックス・フォン・シドーの重厚な存在感。
そして、リンダ・ブレア。ディック・スミスによるおぞましい特殊メイクとマーセデス・マッケンブリッジのドスの効いた声、勿論本人の怪演もあって、戦慄するほど…。おそらく世界中のほとんどが初めて目撃した“悪魔憑依”。
その皆の熱演は、ホラー映画でありながらバースティン、ミラー、ブレアがオスカーノミネートという形に。
その一方、ミラーの不幸やマッケンブリッジと製作側の遺恨の“曰く付き”も有名。

ウィリアム・フリードキンのリアリズムある演出もあってこそ。
終盤の一番の見せ場の悪魔祓いシーン。
汚物吐き、揺れるベッド、空中浮遊など一見チープに思える現象も巧みな撮影技術や音響効果などでインパクト強く畳み掛ける。
ベッドの上で奇行と奇声を発すリーガン(悪魔)の身体に光が差し、パズズ像が浮かび上がるシーンは荘厳ですらあった。

見世物的な安っぽさ全くナシ。厳粛なる神と悪魔の闘い。
決着は…? あの“犠牲”が出来るのは、この地上に於いてちっぽけながら“人間”という存在のみ。
悪魔の存在、神の存在、そして人間の存在を問う。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
近大

4.5レジェンド

2023年12月31日
スマートフォンから投稿

怖い

彼女の部屋に入る度に変貌を直視するのが恐ろしい
吐く息が白く館内が尋常じゃなく寒くそこに居るだけで命を削られているような表現が良い。
CGなんかでは表せられない雰囲気と恐怖が素晴らしい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ないき

3.550年前の作品を見る

2023年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

今まで避け続けていた本作。ホラー映画は好きなジャンルだし死霊館シリーズは見ている。でもこの映画は多分見ていない。怖いから。意味不明。
でも本作の正規の続編が公開されるのでついに見る決心が。

見たのは劇場公開版。エッ!無い無い無い!?例のスパイダーウォーク。今まで何を恐れていたんだ。

冒頭に遺跡発掘の場面が有り悪霊復活を示唆しているが、何故リーガンに取り憑いたのか、カトリックとの関係は不明。
50年前の作品を初めて見るわけだが、リーガンの表情は今でも怖い。でもそれ以外は。
取り憑いた人間が死んだら悪霊は消滅してしまうのか?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
imaxmax