「さよなら日劇ラストショウ」ラインナップ第2弾発表!ゲストに近藤真彦、周防正行監督ら集結

2018年1月16日 19:00

34年間の歴史に幕
34年間の歴史に幕

[映画.com ニュース] 2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で開催される特別上映イベント「さよなら日劇ラストショウ」(1月27日~2月4日)のラインナップ第2弾と、ゲスト登壇イベントの実施が発表された。

新たに上映が決まったのは、「ウォーターボーイズ」(2001)、「ラヂオの時間」(1997)、「踊る大捜査線 THE MOVIE」(98)、「青春グラフィティ スニーカーぶるーす」(1981)、「AKIRA」(88)、「映画ドラえもん のび太の恐竜」(80)、「映画ドラえもん のび太の日本誕生」(89)、「STAND BY ME ドラえもん」(2014)の8作品。これにあわせ、オールナイトイベントも追加され、「映画ドラえもん」シリーズで人気の4作品を上映する「ドラえもんナイト」、「踊る大捜査線」シリーズ全4作品を網羅できる「踊る大捜査線ナイト」、「AKIRA」をはじめ「ファイブスター物語」(1989)、「イノセンス」(2004)、「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)と名作アニメをラインナップした「日劇アニメナイト」、「映画クレヨンしんちゃん」シリーズから4作品を上映する「クレヨンしんちゃんナイト」が開催される。

また、上映前後でのゲスト登壇イベントも多数決定。1月27日の「用心棒」に司葉子、28日の「マルサの女」に宮本信子、「青春グラフィティ スニーカーぶるーす」に近藤真彦、2月3日の「Shall We ダンス?」に周防正行監督、「ゴジラVSメカゴジラ」に高嶋政宏大河原孝夫監督、富山省吾プロデューサー、オールナイトイベントである「メカゴジラナイト」に大河原孝夫監督、手塚昌明監督、中野昭慶特技監督、富山プロデューサー、4日の「ゴジラ(1954)」に宝田明が出席する。

「さよなら日劇ラストショウ」は、1月27日~2月4日に開催。料金は1100円で、オールナイト上映は3300円(3作品)、4400円(4作品)。チケットは、オンラインで1月22日午前0時から、劇場窓口では劇場オープン時に販売開始(オンラインで完売の場合は劇場窓口での販売はなし)。上映スケジュールやゲスト登壇の詳細は、同劇場のホームページで確認できる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com