周防正行

周防正行
ふりがな
すおまさゆき
誕生日
1956年10月29日
出身
日本/東京

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督作や井筒和幸監督作にも助監督として携わる。1989年、「ファンシイダンス」で商業映画初メガホンをとり、続く「シコふんじゃった。」(92)で日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。大ヒット作「Shall We ダンス?」(96)は、同賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめにし、ハリウッドでもリチャード・ギア主演でリメイクされた。その後11年ぶりに発表した「それでもボクはやってない」(06)では、娯楽映画から一転して裁判というシリアスな題材を扱ったことでも話題を呼び、第31回日本アカデミー賞で優秀監督賞と脚本賞を受賞した。その後は、「ダンシング・チャップリン」(11)、「終の信託」(12)、妻・草刈民代の最後のクラシックバレエ公演をカメラに収めた「草刈民代 最後の“ジゼル”」(12)、上白石萌音の映画初主演作「舞妓はレディ」(14)を経て、サイレント映画時代の活動弁士を題材に描いたコメディ「カツベン!」(19)で、第43回日本アカデミー賞の優秀監督賞に選出された。2016年に、紫綬褒章を受章している。

関連作品(映画)

周防正行の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

周防正行の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

周防正行の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

周防正行の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

周防正行の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「周防正行」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る