シコふんじゃった。

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
53%
26%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ひょんな事から大学の相撲部に入ることになった大学生の奮闘をコミカルに描いた異色相撲コメディ。脚本・監督は「ファンシイダンス」の周防正行。撮影は「風、スローダウン」の栢野直樹がそれぞれ担当。

1991年製作/103分/日本
配給:東宝

ストーリー

キリスト教系の教立大学4年の秋平は、父親のコネで就職も決まり、残りわずかな大学生活を思いっきりエンジョイしていた。ある日、卒論指導教授の穴山に呼び出される秋平。授業に一度も出席したことのなかった秋平は、穴山から卒業と引き換えに、彼が顧問をしている相撲部の試合に出るよう頼まれ、仕方なく引き受けてしまう。ところがその相撲部の部員は8年生の青木ひとりだけ。相撲を心から愛しているものの一度も試合に勝ったことがない。やがて秋平と同じようにデブのクリスチャン田中と、秋平の弟・春雄が入部。さらに春雄に思いを寄せるデブ女の正子がマネージャーとして参加。このメンバーで何とか団体戦に出場するが惨敗。秋平は思わず「今度こそ勝ってやる!」とOB達に宣言。こうして3カ月後のリーグ戦を目指すことになってしまう。そんな秋平らを見守る名誉マネージャーの夏子。それにイギリスからの留学生スマイリーも加わるが、人前でお尻をさらけ出すことを拒むスマイリーは、まわしの下にタイツをはく始末。名門相撲部復活をかけて厳しい練習の毎日が続く。そして夏合宿を経て、ようやくリーグ戦出場。秋平らは何とか勝ち進んでいくがやや苦戦気味。スマイリーも彼らの奮闘する姿に圧倒され、ようやくタイツをはぎ取り試合に出場。教立大学相撲部は優勝するのだった。そして、部員はそれぞれの道を歩み、いつしか相撲を心から愛するようになった秋平は、ひとり相撲部に残る決意を固めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第16回 日本アカデミー賞(1993年)

受賞

作品賞  
監督賞 周防正行
脚本賞 周防正行
主演男優賞 本木雅弘
助演男優賞 竹中直人

ノミネート

助演女優賞 清水美砂
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5名作!認知されて欲しい!

2020年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

隠れた名作に出会えたー!嬉しい!!
今はこんな良作絶対に作れない。本気の学生相撲でした。興奮しっぱなしでとても演技と思えない。相撲ってこんなにおもしろかったの!?と驚かせてくれる作品です。

モックン(と、弟役の春雄)の演技は若々しさがあるけど、脇役がしっかり締めてる!さすが、今も第一線の役者さん!若い時からこんなに上手なんだと思いました。
でも、モックンと春雄もどんどん上手くなっていってるので、気になるのは最初だけ!

ストーリーの骨組みもしっかりしてて、無駄がないし押し付けがましさもなく、青春映画ぴったりのさわやかさ!いやらしさがない。

ラストが驚き!!あれ?ここがラストじゃないの?って所からちゃんとおもしろい所まで持っていくのがすごい。
相撲のシーンの迫力が本気で戦わせてるようで、怪我しないかハラハラ。だから、観客をこんなに夢中にさせてしまう。役同様、俳優さん達も本気で相撲に取り組んだんだろうな。それをしっかり感じる映画でした。

派手な友情、恋愛の映画ではないけれど、何の才能もない若者たちを丁寧に魅力的に描いてるのでパワーをもらえました。
学生が背中で語ってて、かっこよかったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

3.5周防正行監督の出世作。なかなか面白い。 私、本木雅弘と全く同じ生年...

2020年4月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

周防正行監督の出世作。なかなか面白い。

私、本木雅弘と全く同じ生年月日です。親近感(笑)しかし本作、ハマるかどうかは竹中直人との相性次第。彼の演技に笑えるかどうかだ。
その他の個性的なキャラも物語を後押ししてくれている。清水美砂、好きだったなあ。
当時の相撲人気も相まって非常に人気、評価の高い本作、個人的にはまあまずまずといったところか。「Shall we ダンス?」の方が好きかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

2.5筋肉はいい

2020年4月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

もっくんの出世作。若い。整ったマスクに盛り上がる筋肉が素晴らしい。お尻サイコー。
竹中直人も若い。笑いを取りながら哀愁も感じさせる。年甲斐もなく着ている学ランがいいね。
清水美砂もかわいい。たまにその服は何だとツッコミたくなったけど、それで男を振り回すんだね。
しかし、この作品のヒーローは正子だ。何といじらしい。何と清らか。何という芯の強さ。しかも優しく情が厚い。最高である。見ていてふと思ったけど、髪をゆった時の顔がゆりやんレトリィバァに似てた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷにゃぷにゃ

3.0普通位

hide1095さん
2020年2月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあ普通位の映画でした☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シコふんじゃった。」以外にこんな作品をCheck-inしています。