荒井晴彦

荒井晴彦
ふりがな
あらいはるひこ
誕生日
1947年
出身
日本/東京

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

若松プロダクションの助監督を経て、1977年、日活ロマンポルノ「新宿乱れ街 いくまで待って」で脚本家デビュー。以降、数多くのロマンポルノの名作で脚本を執筆する。「赫い髪の女」(79)、「遠雷」(81)、「Wの悲劇」(84)、「ひとひらの雪」(85)、「大鹿村騒動記」(11)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を4度受賞するなど、日本を代表する脚本家として活躍。その他、近年の脚本作品には「ヴァイブレータ」(03)、「やわらかい生活」(05)、「共喰い」(13)、「海を感じる時」(14)、「さよなら歌舞伎町」(15)、「幼な子われらに生まれ」(17)など。「身も心も」(97)で監督デビューを果たし、「この国の空」(15)と「火口のふたり」(19)でも自身の脚本でメガホンをとった。季刊誌「映画芸術」の編集・発行人も務めている。

関連作品(映画)

荒井晴彦の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

荒井晴彦の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

荒井晴彦の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

荒井晴彦の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

荒井晴彦の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「荒井晴彦」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「荒井晴彦」さん以外にこんな人をCheck-inしています。