共喰い
ホーム > 作品情報 > 映画「共喰い」
メニュー

共喰い

劇場公開日

解説

第146回芥川賞受賞を受賞した田中慎弥の小説を、「EUREKA」「東京公園」の青山真治監督が映画化。山口県下関市を舞台に、高校生の遠馬、暴力的な性癖を持つ父、その愛人らが繰り広げるひと夏の出来事を、原作とは異なる映画オリジナルのエンディングとともに描き出す。昭和63年、山口県下関市の「川辺」と呼ばれる場所で父親とその愛人と3人で暮らす高校生の遠馬は、性行為の際に相手の女性を殴るという粗暴な性癖をもつ父親を忌み嫌っていた。しかし、17歳の誕生日を迎えた日、幼なじみの千草と初めて交わった遠馬は、自分にも粗野な父親と同じ血が流れていることを自覚させられる。主人公の遠馬を演じるのは、「仮面ライダーW」「王様とボク」などで注目を集める若手俳優・菅田将暉。

スタッフ

監督
プロデュサー
甲斐真樹
アソシエイトプロデューサー
佐藤公美
原作
田中慎弥
脚本
荒井晴彦
撮影
今井孝博
照明
松本憲人
音響
菊池信之
美術
清水剛
ヘアメイク
田中マリ子
衣装
篠塚奈美
編集
田巻源太
音楽
山田勳生
青山真治

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 102分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート
新人俳優賞 菅田将暉

インタビュー

芥川賞作家・田中慎弥氏、「共喰い」映画化に満足「原作と違って当たり前」
インタビュー

第146回芥川賞受賞会見での「もらっといてやる」発言で一躍有名になった作家・田中慎弥氏の同小説を、「Helpless」「EUREKA ユリイカ」の青山真治監督が映画化した「共喰い」。映画化決定に際し、「小説の『共喰い』こそが一番。勝負...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

荒井晴彦と青山真治によるロマンポルノの復活
共喰いの映画評論・批評

昭和63年の夏。山口県下関市の川辺と呼ばれる、どぶ川の河口の一角で、17歳の遠馬(菅田将暉)、セックスするときに相手の女を殴る父親(光石研)と父親の愛人(篠原友希)、遠馬のガールフレンド(木下美咲)、空襲で左手首を失った母親(田中裕子...共喰いの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全30件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

何者 銀魂 帝一の國 デスノート Light up the NEW world
何者 銀魂 帝一の國 デスノート Light up the NEW world
  • Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ

共喰い[DVD] 共喰い[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダーW Blu-ray BOX 3[Blu-ray/ブルーレイ] 民王 DVD BOX[DVD]
共喰い[DVD] 共喰い[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダーW Blu-ray BOX 3[Blu-ray/ブルーレイ] 民王 DVD BOX[DVD]
発売日:2014年3月5日 最安価格: ¥3,256 発売日:2014年3月5日 最安価格: ¥4,061 発売日:2013年11月1日 最安価格: ¥16,379 発売日:2015年12月16日 最安価格: ¥14,688
Powered by 価格.com

他のユーザーは「共喰い」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi