火口のふたり

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
火口のふたり
火口のふたり
16%
48%
25%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・白石一文が男と女の極限の愛を描いた小説「火口のふたり」を、柄本佑と瀧内公美の共演で実写映画化。「幼な子われらに生まれ」「共喰い」などの名脚本家で、本作が監督第3作となる荒井晴彦が監督・脚本を手がける。東日本大震災から7年目の夏。離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、全てを失った永原賢治は、旧知の女性・佐藤直子の結婚式に出席するため秋田に帰郷する。久々の再会を果たした賢治と直子は、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、かつてのように身体を重ね合う。1度だけと約束したはずの2人だったが、身体に刻まれた記憶と理性の狭間で翻弄され、抑えきれない衝動の深みにはまっていく。

2019年製作/115分/R18+/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
白石一文
脚本
荒井晴彦
製作
瀬井哲也
小西啓介
梅川治男
エグゼクティブプロデューサー
岡本東郎
森重晃
プロデューサー
田辺隆史
行実良
企画
寺脇研
撮影
川上皓市
照明
川井稔
渡辺昌
録音
深田晃
装飾
高桑道明
衣装
小川久美子
美粧
永江三千子
編集
洲崎千恵子
音楽
下田逸郎
音響効果
齋藤昌利
助監督
竹田正明
写真
野村佐紀子
蜷川みほ
タイトル
町口覚
制作担当
東克治
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019「火口のふたり」製作委員会

映画レビュー

1.5私にすりゃ柄本佑はミスキャスト

2020年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

旧知で身体の関係があった女性・直子の結婚式に出席する為に秋田に帰ってきた賢治。2人は昔の様に身体を重ね合わせてしまう話。

だそうです。
秋田を使うのは構いませんが、自衛隊員は青森、岩手、山形に比べるとかなり規模は小さく。。。そこを分かっていて直子の結婚相手は自衛隊員ですか、、、。
そちらの三県ならわかりますが、、、。
現実味が無いです‼️から始まるレビューです。

昔の裸で寄り添う写真を観てムラムラしちゃい出す2人ですが、柄本佑の役柄、性格、セックスの演技からしてどうしても過去を思い出し再び夢中になるような男性感がありません。
写真を写す様なハマる関係、、、全然見えません。

そんな彼と直子の演技が映画の大半を占める訳です。
彼のエロスの無さに飽きが来ました。

あと、震災を絡ませるのはかまいませんが、
う〜ん。話的にもリアルさが欲しかった。
残念な気分になりました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
巫女雷男

3.0何が言いたいのかわからなかった

りやのさん
2020年7月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

結婚が決まっててその前に昔の彼氏とセックスする話。
何が言いたいのかわからない。女もいろんな男を味わいたいのか、昔の良い体験を思い出したいのか、倫理観は?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

2.0縁あって2度鑑賞したけども...

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

[一回目] 2019/09/29
原作が好みじゃなかったので期待せずに行った。
体当たりの演技はスゴいと思うけど
やっぱり、原作を読見終わったときに思ったように、
「で?何を伝えたかったの??」って思ってしまった。
セックスして好きなように生きたらええじゃん。
そういうのも解るんだけども、
結局、天災で最後を締めた感じが好きでない。
共感 4.5 : 反感 5.5 なので、なんかモヤモヤしたまんまなのだ。
最後のイラストも相まって、幼稚さが増長されたなぁ…。
ただ、曲はとても良い!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[二回目] 2020/02/11
二回目だけど、やっぱり好きじゃない。
幼稚な大人同士、勝手にやってて。
なんか、男脳な監督の作品って感じ。
女も、実はこんな風に自由にセックスしたいんでしょ?!
俺、解ってるでしょ?なのか、ただただ、自己満足なのか?
とにかく、共感もなにもない。
瀧内さんが、身体張っててスゴイね。ってだけ。
そして、そういう女優が日本は少ない。
脱ぐことが凄く特別視されてて、身体張っててスゴイねってもてはやされる。
へんなの。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

0.5孤立した盲目の業界

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

白石一文の作品としてでなく、荒井晴彦の作品として、感想を述べています。
日本映画界の重鎮がポルノ出身者であることに気づくことがあります。
素人なので網羅性はありませんが、若松孝二、瀬々敬久、石井隆、荒井晴彦。

もともとポルノを撮っていたひとが、時代が変わって、まだポルノやりたかったんだけど、じぶんの地位も向上しちゃったし、とりあえず作風を非ポルノにトランスフォームする必要が生じて、その結果、完成したのが日本映画だと思っています。

滝田洋二郎や根岸吉太郎のように、メインストリームでもいい映画をつくった人はいます。
だけど、総じてポルノ出身者の映画は、宿命に翻弄される悲劇的男と女──みたいな感じが定石です。
わたしが感じる日本映画の限界は、その感じです。

特徴は、映画を長年やっているわりに、演出が上手ではないことと、セックスに帰結することです。

日本ではない国で、メインストリームで、セックスをテーマにした映画って、ほとんどないかと思います。
ラストタンゴとかニンフォマニアックとかナインハーフとかフィフティシェイズがそうですが、けっこうまれだと思います。
まれですし、気取ってません。セックスが文芸の含みをもっていないわけです。
セックスはセックスに過ぎないわけですし、そもそも、ほかに面白いことがあるから希少なわけです。

本作の監督の名前を、主に脚本家として昔から見ます。ほんとに昔からです。
そして、いつも感じるのは「いったいセックスがなんだってのか」ということです。

わたしは性を打ち出してくる日本映画に「いったいセックスがなんだってのか」と思っています。

逆に言えば、日本映画の重鎮たちは、キャリアのスタートから、いまに至るまで、セックスに対して、すさまじい執念で「すげえ!セックスだ!」と驚嘆してきたはずです。

わたしは、セックスに「すげえ!セックスだ!」とは感じません。
あなたは「すげえ!セックスだ!」とお感じになりますか?
なぜカウンターカルチャーの申し子たちは、その日常行為に儀式的な崇拝を提示してしまうのでしょうか。がんらい楽しい行為に混沌と権威を含蓄させてしまうのでしょうか。個人的には不遜なことだと思います。

おそらく日本映画の重鎮たちは、面白いことを見いだす発想と柔軟と視野に欠けているために、せっせとおまんこさせる以外に、テーマを考えつかなかった──ということだと思っています。
ところが、かれらはキャリアに裏打ちされているため、権威と支援者と親切な観衆が、そこに詩情と文芸を見てくれるのです。

たとえば「キネマ旬報」という蓮實系権威主義のナゾの不透明団体があります。かれらは、毎年、審査規準のわからないベストテンをあげています。この映画は邦画部門の一位でした。日本映画は、田舎であるばかりでなく「厖大な内輪」でもあります。

まともな映画が10本に足りるか不安な日本映画界で年毎ベストテンとは奢っています。競技人口の少ない田舎の県大会で6人中6入賞したような感じでしょうか。フレンドリーな拾う神のアワードだと思います。

2020年です。
外国では、映画は、変革と刷新と交代を繰り返し、日進で瞠目する才能があらわれています。その潮流に抗いつづけるのが日本映画界であり、これは日本映画界の安定の無風状態を象徴する映画だと思いました。

震災は小説では動機ですが、映画では媚びです。
incestも興奮増強剤です。
世界の終わりにセックスする原始人を描きつつ、その行為に荒木経惟風の退廃を盛り込もうとしています。すでに俳優の箔付けに貢献し、内輪のアワードで瀧内公美がねぎらいの賞も得ました。俳優に罪はありません。終幕の絵だけはよかったです。

大多数の肯定に裏付けられた映画なのは知っていますし、何も知らない素人の感想ですが、ただし、この映画は肯定的な姿勢でなければ、絶対に見られるはずのない映画で、それが肯定の素因かつ日本映画の限界だと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎
すべての映画レビューを見る(全91件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る