劇場公開日 2019年8月23日

  • 予告編を見る

火口のふたりのレビュー・感想・評価

3.3113
15%
46%
27%
9%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全113件中、1~20件目を表示

4.0E E E キモち E E

2021年10月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

人との繋がり方のひとつ
身体の繋がりがダイレクトに伝わる作品ではないでしょうか
70年代であればもっと汗のにおいが伝わるほどの生々しさになっていたでしょうね
この作品はもっともっと爽やかでよりセックスが私達の身近なもので誰しもが当たり前にやってきたことなのだと思い知らされました
オープンに誰とでも話せる話題ではないにしても昔ほど隠さなければならない陰の行いでは無いはず
好き同士が身体を求め合い絡み合う二人は美しい
柄本佑さんもさることながら瀧内公美さんの演技と体に魅了されました

私ですか、好きですよ
そりゃねー 生身な人間だし心の闇も人並みだと思いますよ
こんな女性がいたら止めどなく求めてしまうかもしれないな
裸のままで普通に話せる関係に憧れもします…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll

4.0映画は、「映画館」で見るもの

2021年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ほとんど使わないのに、毎月500円をアマゾンに払っている。たまに、年に1-2本プライムビデオを見る程度。鬼滅の刃も途中で脱落した。WOWOWのドラマ「荒地の恋」はアマゾンで見ることができてよかった。
前置き長すぎた。夏休み、自宅で子も妻もいないとき、たまたまアマゾンで見つけて鑑賞。ただ、ネット配信ゆえ、まぐあいの接合場面やヘアヌードっぽい写真も紗がかかっており、それがかなり興ざめ。ネット上でR-15指定になってるけど、仕方ないね。
それはともかく、作品的には性愛をじっくり描き、ちょっとしたユーモアもからめてそんなに真剣になっていないところもよい。柄本佑がしっかり芝居をしており、相手役の瀧内公美ももったいつけずにヤルことやっている女優魂は立派。
男も女も、もったいつけて格好つけて、自分をさらせない俳優が多すぎる。演出家=監督も何を遠慮しているの、と言いたくなる…。もう何年も何年も前からの話だが。
キネ旬でベストワンを取ったのもうなずける作品だ。

にしても、テレビで見たらいかんは、映画は。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トコマトマト

3.5濡れ場が自然過ぎて気にならない

まささん
2021年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告どおり濡れ場が多いものの、大胆過ぎて、逆にそれが自然に感じた。

ストーリーが無いようで実は2人の語りの中からゆっくりと滲み出てきて、飽きなかった。

個人的には好きな結末でしたし、音楽も良かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ

2.0淋しかったの?

2021年8月15日
Androidアプリから投稿

マリッジブルーですか?

この映画を見ると、これから結婚する相手に探偵をつけたくなります(笑)

「男と女の極限の愛を紡いだ小説」を実写映画化となってますが、私には婚約者に構ってもらえない淋しい女の物語にしか見えませんでした。

これから結婚する人が元カレとチョメチョメなんてダメです!!
しかも最初に迫った時に断られても、しつこく追いすがってるし。

心の隙間を埋める為に言い訳しながら体を重ねてるように見えました。

エロい気分になりたい時とか暇潰しに見るのはイイと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チアゴまておチロ

3.0大胆で性欲強すぎで。。

asgy213さん
2021年7月23日
Androidアプリから投稿

2人が幼い頃からの関係性があっての深い愛情、ただ近し過ぎる禁断とも感じてしまう故なのか、セックスへの反動?が強すぎて。。仕事せず2人とも時間が余りすぎてこういった流れだったんだろうな。。
演技的にでなく、好きな男の求めるセックスに応じてしまう感覚はわかるが、いまひとつ男の魅力が伝わってこなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
asgy213

4.0良かった〜

2021年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

興奮

単なる官能映画じゃなかった
生と死(精子と中出し)を感じた〜!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
喜怒哀楽

2.0ポルノですね

2021年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なにも深いものないです
逆に浅すぎなふたり
路地裏でするのは犬です…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

稀に見るクソ映画

2021年6月16日
スマートフォンから投稿

笑える

怖い

難しい

稀に見る最悪な映画。

小学生でも作れるわ。小学生が作った方がまだ感情の描写とかあるんじゃない。

ただ男と女がセック◯するの見させられてるだけ。

この映画がひどいってレビューを投稿するためだけに映画.comに会員登録した程。

今回この作品、荒井晴彦監督がメガホンを取っているわけだが、どうやらこの監督自身で脚本も書いたっぽい。

なーんか柄本佑のセリフが古臭くて、観てて違和感を感じると思ったらそういうことか、と納得。

演じづらそうな言い回しばっかりで俳優さんが可哀想。

つまり、要は監督のオ◯ニー作品。

自分のオ◯ニー用に作ったとしか思えないひどい出来。

終始何を伝えたいのか全くわからないし、原作読む気も失せた。ホントにこんなのが公開されている日本に住んでいることすら恥ずかしく思えてくる。

荒井晴彦監督には一生メガホンも取らず脚本も書かないでほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
映画好き

3.5エロ気持ちいい映画

2021年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

このタイトルだとよりエロ映画感が増してしまったかも?
実は友人の中小企業社長が「超エロい映画、WOWOWでやるらしいから録画してちょ!」って言われて録ってあげたものの、正直最近のTVドラマで癒し系イケメン柄本佑さんのイメージがあったためちょっとためらってました。でもイケメン役の反面『きみの鳥は歌える』で石橋静河さんと柄本佑の演技に感銘を受けたこともありprime videoでやっと鑑賞!
確かにそこいらのエロ映画よりドキドキしながら一気に観てしまいました!
「賢ちゃんの前だと裸になっても恥ずかしくないし、どんなことをされても、どんなことをされても平気」っていう直子(瀧内公美さん)のセリフに「なるほど本当に好きなんだな〜」って感心しました。
確かにエロい映画ですが、それだけじゃない純粋な恋愛映画だとも思いました。よかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
marimariパパ

0.5とにかくつまらん

2021年6月6日
スマートフォンから投稿

性描写だけのつまらん映画。こんなん内容もまったくないしAVとかわらんやん。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オカッチ

5.0やっとたどり着いたふたり

ma7さん
2021年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ma7

3.0瀧内公美さんの色気が半端ない!

2021年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

自宅レイトショーは、『火口のふたり』

公開時から話題にはなってたので気になってましたが西宮での上映はなく・・・
なかなかVOD配信されなかったこの作品
やっとAmazonプライムビデオも一般配信となり、Netflixからも配信情報あり鑑賞!

まぁ内容的には、ソフトAV!?って感じですが、身体を鍛えててるわけでもないの柄本さんの裸体は妙にリアル^^;;;

ミニシアターで、こっそり観る感じの作品でしたが・・・
最近民放ドラマで、異様な色気と存在感を見せてる瀧内公美さんの体当たり感は凄い@@!!
いやぁ〜ファンになりました。

この10年くらい朝ドラ見るようになって・・・
急に民放ドラマに出てくる俳優さんって朝ドラ経由ってのを認識しましたが、もう一つはこういう作品での身体を張った演技でのオファー急増ですね。
最近では、門脇麦&桜井ユキさんも映画では凄いからね。

門脇麦ちゃんも愛の渦の後の朝ドラからのブレークでしたが・・・
今度は、現在朝ドラ出演中の恒松祐里ちゃんが、全裸監督2でどこまでやるのか!?注目です。

この作品は、瀧内公美さんを堪能する作品だと思います^^!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
eigatama41

4.0なんというユーモア

Santaさん
2021年6月3日
Androidアプリから投稿

命、健康あるうち性春を謳歌しなければなりませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Santa

5.0生きるということかな?

2021年6月2日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆかぴよこ

1.0柄本佑のベッドシーンは見てられぬ

asicaさん
2021年5月29日
iPhoneアプリから投稿

題名とキャストで以前から気になってた作品。

柄本佑が最近ドラマでの当たり役が多くて
吉高由里子と出てたカメラマンの役が最高に色っぽかった。
から。

なのに、何でこの作品
このあとずっとベッドシーンらしいと思うともうウンザリ。

綾瀬はるか 高橋一生 と出てた「天国と地獄」のイメージが強いからなのか。

なんか食べてるシーンとかほのぼのしてるところはほんとにいいんだけどなあ。
そう言えばこれ 登場人物少なくない?
声の人以外 二人だけ?

それにしても最近 ベッドシーンがほんと 見たくない。

なんでだろうか、自分の生殖機能の終わりを感じるとそうなるんだろうか。

死んじゃった夫の呪いかな。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
asica

3.5ずっと観たかった

2021年5月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

幸せ

萌える

エロい榎本佑を見たくて観たい映画だったが

SEXシーンが多いのだが
そんなにエロにならず思いの外良かった

これ、男性より女性が見て好感のもてるエロなのかな?

結局は、愛なんですよね
私はそう思いました。

見れるエロとは、観ていて欲情する様なものではなく
愛が恋しくなるような

久しぶりの再会で
誘ったのは女性の方、
一度だけ、今夜だけって思いで行為にふけり、あとはアッサリ結婚に踏み出そうと
女性的考えだなぁと
一方、男性は一度そうなるとなし崩し的に回を重ねていくから再会の1回目は頑なに断る。
やっぱりその後は身体が興奮状態に。
そっからは、男性は押して押して
女性は恋焦がれているのに、イヤよイヤよで流されていく。

そのまま身体も気持ちも。
女性は愛があるから好意が行為に火がつく。
変態行為にも応じてしまうのはすっごくわかる。
お前、あんなにイッて好きだなぁと思うかだけど
あなたが好きだから応じたのよ。
ウンウン。。
他の方が書いてたコメントだけど
とっても納得いたしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
悠々同盟

2.0レバニラ炒め

hanataro2さん
2021年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

うーん、食事とセックスばっかりの映画。
また、オチ的なものもどうかと。
料理は美味しそうだったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

3.0若かりしやりまくりの日々

2021年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

萌える

誰にでもある、若かりし発情期をちらと思い出す、恥ずかしさと後悔の日々。人間、常識や理性があればこうはならないのだが肉体が求め合う非日常が描かれる。ストーリーや役者の演技には惹かれるものはないがよくも大胆に役にチャレンジしたことは称賛に値する。エロいが、なぜかどこか覚めた目でみてしまう。ちょっと複雑な感情が沸いてくる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ

2.0女優の演技は素晴らしいのに、どうして白けて呆れるのだろう❓

2021年5月12日
PCから投稿

ただ、怠惰なだけで、切実さも、虚しさすら無い。
本能ですらない、簡単な方に流れる、羨ましさすら無い。
原作は知らないが、男目線だけの安いポルノ。
震災にこじつけても、無情のかけらもない。
女優はいろんなところで体当たり演技だが、ここでは空回り。
男は見たままの魅力皆無。
自衛隊を揶揄しても、思想の欠片もない。
ナイナイずくしだが、虚無でも空虚でも無い。
ああ、人間のかたちをした猿の交尾を見せられたかの虚しさだけは感じた、のだよ。
反倫理の意気込みすらない、良い気なもんだ。
でも、女優の演技だけには強い意志を感じた、それだけが救いなのだろうか。
こんな映画にも得られるものがあるのだろうか、ふと、村上春樹にメールで聞いてみようと思う、のであつた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
アサシン5

3.0若松プロダクションの香り

カメさん
2021年4月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.0
性の中にこそ人間の本質がある。肉体にこそ答えがある。日活ロマンポルノなども手掛けていた荒井春彦らしい内容だ。また若松プロダクションの香りも残した様な作風。
瀧内公美という女優を今後もチェックしよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ
「火口のふたり」の作品トップへ