幼な子われらに生まれ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
幼な子われらに生まれ
幼な子われらに生まれ
26%
57%
16%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈主演で映画化したヒューマンドラマ。中年サラリーマンの信と妻の奈苗はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘とともに幸せに暮らしていた。奈苗の妊娠が発覚し、長女が「本当のパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親である沢田とはDVが原因で離婚していたため、信と奈苗は長女が沢田と会うことに反対するが、長女は父親としての信の存在自体を辛辣な言葉で否定する。そんな長女を前妻との間に生まれた実の娘とつい比べてしまい、現在の家庭を維持することに疲弊した信は、新たに生まれる命の存在すらも否定したくなる心境になっていく。信役、奈苗役を浅野と田中が、奈苗の前夫役を宮藤官九郎、信の前妻役を寺島しのぶがそれぞれ演じる。監督は「幸せのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子。1996年の小説発表時から重松と映画化の約束を交わしていたという、荒井晴彦が脚本を担当した。

2017年製作/127分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

映画レビュー

4.0斜行エレベーターが下降するように物語が静かに重くなっていく

2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

浅野忠信と田中麗奈のバツイチ同士の夫婦と妻側の連れ子が暮らすニュータウンと駅をつなぐ傾斜エレベーターが印象的。妻の妊娠という出来事は普通であれば祝福すべき慶事なのに、この映画ではむしろ何かの呪いのように再婚家族を苦しめていく。物語がじわじわと重く苦しくなっていくさまは、まさに斜行エレベーターで暗い地獄へ下っていくかのよう。

自暴自棄になりかける主人公の心情に共感してしまうことに、男の身勝手さを突きつけられているような気がして、自己嫌悪に陥りそう。

浅野忠信の独特の浮遊感、漂う感じがキャラクターにはまっている。田中麗奈も「葛城事件」に続き、従来のイメージを打破する役に挑んでいて好感が持てる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

3.5なかなか難しい子連れ再婚

2021年5月5日
Androidアプリから投稿

知的

難しい

エレカシのファンとしては、悲しみの果てが2回出てきて、クスリとした。

田中麗奈は元の旦那の娘2人連れ子と共に再婚。浅野忠信は再婚しながら、定期的に前の家族の娘が会っている。想像してわからなくない話です。

なんか重松清の原作にしては、何かがしっくりこないまま終わってしまった。

なんだろうか。

寺島しのぶは、浅野忠信にあなたは、理由は聞くが、気持ちは聞かない。うーん。なぜ自分から話さないの。聞かれないと話さないの。
相手の意思を推し量ること、想像力、大事だが、自分も相手に開示していかないと相互理解は無理だよ。言葉に出さないで、わかれなんて男女関係なく無理だと思う。
そもそも、どんな家庭像をお互いに展望して結婚するかなんて、結婚する前に意思疎通できてないのか。大学やめてほしいとか、子供がいる、いらないとか、かなり初歩的な方向性の話じゃないの。びっくりだよ。だし、相談せずに子供を降ろされたら普通は逆上しますわね。

浅野忠信に反発する田中麗奈の長女もなかなか悩ましかった。浅野忠信もほどほどに丁寧に話を聞いてはいるんだが、あれだけ、拒絶されてしまうと、もっと丁寧に関わったとしても意思疎通ができないかもしれない。

浅野忠信は娘として育てる覚悟で長女が小さいうちに再婚したわけだよなあ。

長女は浅野忠信に愛情を何年か、受けてきたと思うのだが、あそこまで、反発するものだろうか。母親を助けたいみたいな気持ちにならない?!幼い妹に本当のお父さんじゃないと吹き込んで妹を混乱させてしまう。家庭が崩壊だよ。あまりに、ワガママでは??

浅野忠信がピンタの一発でもして、カッとなってもおかしくないところをよく耐えていたと思う。前の親がDVだから尚更だろう。

浅野忠信も左遷されて、気持ちに余裕がないなか、黙々と働いていた。田中麗奈はもうちょい話聞いてやったら?逆に浅野忠信も田中麗奈と話をしないのね。

浅野忠信もとうとう我慢が爆発してしまう。まあ普通でしょう。人間だもの。波はあるよ。

しっかり前の親に会わせようと頼みに行った浅野忠信は誠実だ。

浅野忠信の実娘の父親が危篤で病院に連れて行く。田中麗奈と次女も車に乗せて。
実娘が気遣って、お父さんとは友達なんだと、次女に話すんだが、気を遣っている。
病院について、一緒にいってと浅野忠信に声をかけた田中麗奈は良かったよ。

前の家族とのつながりも、さっぱりはきれないし、2つの家族を持つと責任もまた背負う。優先順位はあっても、再婚した家族は前の過去の家族ともお互い理解しながら、程よい距離感で協力しないといけないんじゃないかな。

重松清にしては、特に泣き所がなかった。なかなか難しいなあと思いながら見た。

僕は、思うんだが、よく言う男は理屈とか、女は感情的とかきめつけはよくない。

理屈の女性もいれば、感情的な男性もいる。そもそも男性的とか女性的なんて固定概念。脳の違いや生態系が違うかもしれない。しかし、一般論と個別論。人はみな個である。
いろんな人との相互理解、相互のコミニケーション。それは先入観なしに、わかった気にならないことだ。想像力も大事。なかなか難しいです。

最後に実父からのプレゼントをわたし、長女と寄り添った浅野忠信は良かったよ。言葉は多くを語らないけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
れいすけ

残念です

倉庫番さん
2021年4月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

お話しそのものは面白かったとは思うのですが、ひとつ残念な部分があり素直に楽しめませんでした。

「40過ぎて倉庫番……」

衝撃的な言葉でした。
私はまさに40過ぎて倉庫番をやっておりますが、お客様の手に最速で、最良の状態でお届けして喜んでいただけるよう日々努力をしており、その事に誇りを持っております。
作中で必要な表現だったのかもしれませんが、このような差別的な言われ方をされるのははなはだ心外であり、残念でなりません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
倉庫番

3.0誰しも生きるのが下手である。

2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿

可愛いから許せる新種の激ウザ演、田中麗奈をまず評す。
世界一スーツの似合わぬ男、宮藤官九郎の去り際の間の悪さで生きづらい世を撮る三島由紀子監督の巧さ。
人は生まれる、だが誰しも生きるのが下手である、か。
当たり前だが泣いた。
劇場で見たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい
すべての映画レビューを見る(全82件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る