米サイト選出「ディストピア映画20傑」1位に「ブレードランナー」、「AKIRA」は?

2015年6月29日 06:00

「ブレードランナー」
「ブレードランナー」

[映画.com ニュース] 米サイトTaste of Cinemaが、「見る価値のあるディストピア映画の傑作20本」をピックアップした。

ディストピアとは、ユートピア(理想郷)の反対語で暗黒郷とも呼ばれる。ディストピア映画は、全体主義的・管理主義的な近未来の世界、終末戦争後などの人類が生きるのが困難な世界を舞台にしたSF映画であることが多い。

第1位に選ばれたのは、リドリー・スコット監督のSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)。フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化した「ブレードランナー」は、2019年、惑星移住が可能になった近未来が舞台。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカード(ハリソン・フォード)が追跡を開始するが……。ちなみに現在、再びフォード主演で続編の製作が進行中だ。

なお、日本映画は3位に「AKIRA」、19位に「バトル・ロワイアル」がランクインした。

20本は以下の通り。

1.「ブレードランナー」(1982)
2.「メトロポリス(1926)
3.「AKIRA」(1988)
4.「時計じかけのオレンジ」(1971)
5.「ダークシティ」(1998)
6.「トゥモロー・ワールド」(2006)
7.「マッドマックス2」(1981)
8.「華氏451」(1966)
9.「未来世紀ブラジル」(1985)
10.「ガタカ」(1997)
11.「マトリックス」(1999)
12.「ゼイリブ」(1988)
13.「マイノリティ・リポート」(2002)
14.「THX 1138」(1971)
15.「12モンキーズ」(1995)
16.「審判(1963)
17.「ソイレント・グリーン」(1973)
18.「ロスト・チルドレン」(1995)
19.「バトル・ロワイアル」(2000)
20.「1984」(1984

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
ブレードランナー クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ]

ブレードランナー クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ]

2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。
メトロポリス 完全復元版[DVD]

メトロポリス 完全復元版[DVD]

F・ラングが無声映画時代に製作した、21世紀近未来SF映画。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com