華氏451(1966)

劇場公開日

12%
54%
28%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヌーベルバーグの巨匠フランソワ・トリュフォーが1966年に製作したSF作品で、トリュフォーにとって初の英語作品。レイ・ブラッドベリの原作小説を映画化し、読書が禁じられた近未来の超管理社会を舞台に、焚書係の男と本を所持していた女の心の交流を描いた。読書や本の所持が禁じられた未来。書物の捜索と焼却を仕事にするモンターグは、妻リンダと瓜二つの女性クラリスと知り合う。本に対して情熱を持つクラリスに刺激され、モンターグも禁じられた本に手を出し、その魅力にとりつかれていく。しかし、夫が読書をしていることを知ったリンダにより、モンターグは密告され……。後に映画監督となり「美しき冒険旅行」「赤い影」などを手がける名手ニコラス・ローグが撮影を担当。音楽は「タクシードライバー」のバーナード・ハーマン。2014年12月、「ヌーヴェル・バーグSF映画対決!トリュフォー×ゴダール」と題し、ジャン=リュック・ゴダールの「アルファヴィル」とともにデジタルリマスター版上映。

1966年製作/113分/イギリス
原題:Fahrenheit 451
配給:マーメイドフィルム
日本初公開:1967年12月20日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.01966年の未来を観る

momoさん
2021年10月14日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo

3.5トリュフォーらしくないが

2021年7月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ

2.5シュール過ぎる笑

2019年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これはシュール過ぎる笑。
時代変換して見ないと、ただのお馬鹿映画にしか見えない。

この当時(原作)でいう「本」は「教養や思想、情報を得る最適のツール」だった、と考えるので、それを現代に置き換えてみると理解できるのかあ?と。たぶん、「本」=「インターネット」くらいでしょうか。。いや、無理がある。なんで消防士が燃やすの?

ということで、やっぱりただのお馬鹿かもしれない。当時の原作が全て思慮深いと思ったら大間違い。ただのアホな場合もおおいにある。

どうでもいいが、ジャスティンティンバーレイクそっくり。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0テレビより本って、時代もあったのね。

ガーコさん
2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

難しい

令和にあまりふさわしくない映画を選んでしまいました…。

近未来の時代を描いた独裁政権のファンタジー。

本を読むことを禁ずる国では、国民が隠し持っている書物を消防士たちが焼き滅ぼします。

火を消すことが職務の彼らが、火を操り沢山の書物を消滅させるという…。

テレビから発せられる謎の電波によって、女性たちはどんどん考える自由を失い、子供を産み育てる道具と成り果てる世界。

国民の考える自由を国が奪ったなら…。

民主主義の社会が確立したからこそ、この映画は意味あるものとなったようにも感じます。

まだまだ独裁政権の国が、世界のあちこちに存在するのも事実。

書物を焼いても、考える自由が失われないように、国が国民を抑制することは何をどう頑張っても無謀な行為だと信じたくなります。

押さえつければつけるほど、歯向かいたくなるのが人間なのかもしれないと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ガーコ
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る