華氏451(1966)のレビュー・感想・評価

メニュー

華氏451(1966)

劇場公開日 2014年12月27日
8件を表示 映画レビューを書く

 冒頭ではいきなり音声でキャストとスタッフの紹介。しかも、日本語版...

 冒頭ではいきなり音声でキャストとスタッフの紹介。しかも、日本語版では字幕があるが、元々は存在しない。そう、ここは活字が許されない世界なのだ。漫画にも文字はついてない。劇中テレビドラマの内容はすごくつまらないのだが、壁掛けの薄型テレビであることや番組が双方向ドラマになっていて、現代のTVを想像させるので非常に興味深い。

 思想的書物が燃やされるという史実は焚書坑儒や文化大革命を思い出してしまうが、この作品では活字が印刷されていれば何もかも燃やしてしまう。活字がない世界ということには矛盾点がありすぎるが、権力者によって奪われてしまうこと、それに疑問を持ち反抗することをテーマとしてとらえれば、それなりに楽しめる。

 しかし、このストーリーが映像化されたのは時期が早すぎたのでしょうね。現代で映像化すれば、いい映画になると思われるシーンも多かった。何といっても、トリュフォー監督にSFは似合わない気がする。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも

50年前の映画だけあって映像はなんというか...という感じ。
ただ、その中でも本が燃えるシーンは綺麗。
一ページずつ燃えていくシーンは目が奪われました。

話はディストピアなお話し。
今でこそこういう話は割とあるけど、当時としては新しかったのかな。

TPO
TPOさん / 2015年8月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世の中は燃焼物で溢れているのに

総合50点 ( ストーリー:35点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

 燃えやすく家事のもとになるから本を所持するのは禁止で重罪、それなのに家の中には普通に帷帳や絨毯等の燃えやすいもので溢れている。管理社会の怖さを描いているのだろうが、幼稚な設定で矛盾だらけなのでさっぱりはまれない。もっとしっかりとした設定がまず必要だし、人の心情を掘り下げ過剰な統制社会の緊張感を出す演出も必要。

Cape God
Cape Godさん / 2015年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二人の図書館狂いが描いたデストピア

ブラッドベリの華氏451はKindle出版されているがまだ読んでいない。
1953年に出版された名作が1966年にトリュフォーによって映画化されたが、2015年正月にボクは初めて渋谷で観た。
二人の図書館狂いが描いたデストピア、なんとも大げさな書きようだが、感想はこれがすべてだ。
まだどう評価すべきかよくわからない。

華氏451は書物が自然発火する温度。
込められている意味は秦始皇帝やナチの焚書という神話ではなく、禁書・発禁に近いような気がする。
しかし、禁書・発禁がテーマなら中世の修道院を舞台にして、エーコが「薔薇の名前」を書いているが、これとも違うようだ。
ブラッドベリは未来社会のデストピアを書いたのではないだろうか。

本を焼かれた人々は森の中に逃げ込みブックピープルと化す。
そこには当然、図書館も本もなく、居心地の良さそうな森はピープル一人一人が一冊ずつ丸々暗記する事で生まれた未来の図書館だ。
しかし、その森では各々がブツブツと暗記した字面を口するだけ、一切の会話もなければコミュニケーションもない。

その姿は毎日見かけるメトロの中のスマホ人間のワークスタイルに似ている。
イヤフォーンを耳にかけ、しきりに話しかけ、歩き回る煌びやかな無印都市。
各々は満足そうだが、外見からは一切の想像を拒否し、自己の世界に埋没する2015年のボク自身の日常。
トリュフォーはそんな森を映画にした。
そう、春樹が1Q84で書いたリトルピープルのデストピア。

kthyk
kthykさん / 2015年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界観が面白い

大学のメディア学の講義で観た作品。一昔前のSFなので、メディア規制の教材としてはどうかと思うけど、娯楽としては「もしかしたらこんな世界になってしまうかもね」という想像をかきたてられて面白かった。

むーらー
むーらーさん / 2015年1月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心は自由

書物の森で死にゆく祖父から口承している孫のシーンは、物語も文字も最初は口承から始まったという事を思った。
焚書の初めの本が「ドン・キホーテ」だったのでアナーキストの統制かと思ったけど、ヒトの心の自由を守る為に全文を暗記してまでその糧となる先人の思想を受け継ぐべきだという結びは綺麗だった。
ゴダールのアルファヴィルも行ってみようかな。

タカナシ
タカナシさん / 2014年12月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランス製のSFって同じ傾向あるね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フランソワ・トリュフォー監督の1966年作品。初のカラー作品のSF映画。

正直に言って66年製ということもあり色々と時代を感じる。
SF的なビジュアルも少なくシンプルで情報量も少ない。ちょっと…というシーンも少なくない。
しかし物語はまさにSF。ディストピアを描いた映画の原点とも言えるんじゃないかな。

ただフランス映画でよく見る、男女の退屈に等しい長い会話劇がメインだったりはします。

トリュフォー監督とSFは相性が良いとはやはり言いがたいかなやっぱり。

しかし書物に対する深い愛情はひしひしと伝わってはきました。
面白くなってきた終盤をもっと詳細に描いたら別の映画として作れるんじゃないだろうか、とも感じましたね。

散歩男
散歩男さん / 2014年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブック・ピープル

トリュフォー作品、正直言うとあまり惹かれておらず、大概寝てしまっているのですが、この作品は面白かった。

焚書坑儒をフィクションとして構築している訳ですが、書籍というものをどう捉えているのか、という作者のスタンスがうかがえた。

実際のところ、書籍を手にとることなく生活している人、今も昔も少なくないと思うんですよね。
ということは、焚書坑儒で困るのって極々一部の人間なんだろうなぁと思ったり。

排斥の対象が映画だったら…などなど想像が膨らみました。

Nori
Noriさん / 2014年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報