バトル・ロワイアル

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
9%
48%
32%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。監督は「おもちゃ」の深作欣二。高見広春による同名小説を、深作健太が脚色。撮影を「菊次郎の夏」の柳島克己が担当している。主演は、「仮面学園」の藤原竜也と「風を見た少年」の前田亜希、「御法度」のビートたけし。第24回日本アカデミー賞最優秀編集賞、第74回キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、第43回ブルーリボン賞作品賞、新人賞(藤原竜也)受賞作品。

2000年製作/113分/R15+/日本
原題:Battle Royale
配給:東映

ストーリー

新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで殺し合いをする法律である。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。元担任・キタノの指導の下、食料と武器がそれぞれに渡されゲームが開始。極限状態に追い込まれた生徒たちは、様々な行動に出る。昨日までの友人を殺害する者、諦めて愛する人と死を選ぶ者、力を合わせて事態を回避しようとする者。そんな中、生徒のひとりである七原秋也は、同じ孤児院で育った親友・国信慶時がほのかな想いを寄せていた中川典子を守る為、武器を取ることを決意。当て馬としてゲームに参加した転校生の川田と共に島から脱出しようとする。そして、3日目。生き残った七原と中川は、キタノを倒し島からの脱出に成功する。だが、法律を破り指名手配犯となったふたりには、尚も走り続けなければならない運命が待っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
深作健太
原作
高見広春
製作総指揮
高野育郎
企画
佐藤雅夫
岡田真澄
鎌谷照夫
香山哲
プロデューサー
片岡公生
小林千恵
深作健太
鍋島壽夫
協力プロデューサー
麓一志
富山和弘
加藤哲朗
大野誠一
松橋真三
竹本克明
撮影
柳島克己
美術
部谷京子
劇中画
北野武
装飾
平井浩一
音楽プロデューサー
山木泰人
主題歌
ドラゴンアッシュ
録音
安藤邦男
音響効果
柴崎憲治
照明
小野晃
編集
阿部浩英
衣裳
江橋綾子
作編曲
天野正道
アシスタントプロデューサー
小林勝江
藤田大
製作担当
田中敏雄
監督補
原田徹
スクリプター
牧野千恵子
スチール
原田大三郎
加藤義一
VFXスーパーバイザー
大屋哲男
道木伸隆
特殊メイク
松井祐一
製作委員会
横溝重雄
吉田順
奔保彰良
李由子
綿引崇
渡辺卓次
小松賢志
佐野俊広
白濱なつみ
樫野孝人
中澤雅都
田中和彦
板谷健一
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 日本アカデミー賞(2001年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 深作欣二
脚本賞 深作健太
主演男優賞 藤原竜也
音楽賞 天野正道
新人俳優賞 藤原竜也
新人俳優賞 前田亜季
話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.0無茶苦茶です

2020年5月26日
iPhoneアプリから投稿

そんな馬鹿な!て設定の映画なので、内容に特にコメントは無い。話題の映画だったからレンタルして(当時VHSだったような)観た。でも、藤原竜也の記憶が全く無い💦山本太郎と安藤政信は覚えていたが。
 今回久しぶりの鑑賞。
 柴咲コウ、栗山千明、塚本崇史出ていたんだ〜と驚いた😅

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アンディぴっと

3.5恐怖と人間の醜さが忠実に描かれていて、引き込まれる作品

R Tさん
2020年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ずっとずっと気になっていて、家に居ることが増えたので観てみた。
20年も前の作品ですが、とても楽しめる作品になっていると思った。
今では考えられない、豪華なキャスト陣揃っていて、ここから個々に活躍していったんだなと感じた。
映画のシーンでは、人間は追い込まれると自分だけしか信じられなくなり、人間の深い部分が忠実に再現されているなと感じた。
何もない日常では、友達だと思っていた人が、追い込まれる状況になると信じられなくなり簡単に裏切ってしまう。
全員が信じあえれば、全員が助かる可能性がある中で、たった一人が信じられなくなると途端に崩壊してしまう。
今現実で起きている、コロナウイルスに掛かった人間とその周辺への差別とどこか似ている気がする。
みんなが助け合わなければいけないのに、他人を攻撃することで自分の身を守ることでいっぱいいっぱいになっている。
そんなメッセージもこの映画に込められているのではないかなと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
R T

1.0本当に有名作品?

2020年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

え?本当にこれ名作の名作なの?

おもしろいよ、絶対好きだよ、
って言われてからの鑑賞。

たしかに俳優軍は素晴らしいとおもうし
設定もかなりおもしろい。
特に藤原竜也の生い立ちとか。

ただ映像が暗すぎて
誰が誰なのか全然分からないし
別にホラーでもないから
ただの殺し合いを淡々と見てる感じ。

これって本当に名作に入るの?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねん

3.5グロ多めだけどそれだけじゃない

みんさん
2020年4月9日
iPhoneアプリから投稿

主人公だけでなくクラスメイトそれぞれの過去の描写があって見易かった

グロも程よい柴咲コウの狂気も良かった

藤原竜也は間違いない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みん
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バトル・ロワイアル」シリーズ関連作品

他のユーザーは「バトル・ロワイアル」以外にこんな作品をCheck-inしています。