深作欣二

深作欣二
ふりがな
ふかさくきんじ
誕生日
1930年7月3日
没日
2003年1月12日
出身
日本/茨城

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

 水戸市出身。日本大学芸術学部を卒業後、1953年に東映に入社。61年、ニュー東映より千葉真一の初主演作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」で監督デビュー。以降この「風来坊探偵」「ファンキーハットの快男児」(ともに61)、「人斬り与太」(72)などのシリーズものや、高倉健と組んだ「ジャコ万と鉄」(64)、舛田利雄と共に日本パートを担当したハリウッド大作「トラ・トラ・トラ!」(70)、さらにTVドラマ「キイハンター」(68~73)、「必殺仕掛人」(72~73)のエピソードも手がけるなど多岐に渡って活動。ミニチュアや手持ちカメラ、ストップモーションなどを駆使した斬新な表現が評価される。
 73年、実録ヤクザ映画「仁義なき戦い」を発表し、大ヒットを記録。同シリーズは続編、リブート、スピンオフ含め11作が製作され、今も邦画史の重要な一角を占めている。
 その後「柳生一族の陰謀」(79)、日本アカデミー最優秀監督賞など国内主要映画賞を総なめにした「蒲田行進曲」(83)、角川映画「里見八犬伝」(83)、日本アカデミー最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞した「火宅の人」(87)、久々の大作アクション「いつかギラギラする日」(92)、日本アカデミー最優秀監督賞・最優秀脚本賞の新解釈時代劇「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(95)などの話題作や、演劇、ゲームなど幅広いジャンルで活躍した。
 00年、「子供たちを解放するため」に作った「バトル・ロワイアル」は過激な暴力・残酷描写が問題視され、国会で上映規制運動が議論されたが、逆に注目を集め興収31億円のヒットを記録、クエンティン・タランティーノが絶賛したこともあり、米国を始め海外でも広く公開された。
 03年には勲四等旭日小綬章を授与。妻は女優の中原早苗、長男は映画監督・脚本家の深作健太。2003年1月、かねてから患っていた前立腺ガンのため死去。享年72歳だった。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

バトル・ロワイアル仁義なき戦い復活の日里見八犬伝(1983)仁義なき戦い 広島死闘篇魔界転生(1981)仁義なき戦い 代理戦争仁義なき戦い 頂上作戦県警対組織暴力いつかギラギラする日

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

深作欣二の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

深作欣二の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

深作欣二の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

深作欣二の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

深作欣二の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「深作欣二」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る