蒲田行進曲

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

撮影所を舞台に、スターと大部屋俳優の奇妙な友情、そしてこの二人の間で揺れ動く女優の姿を描く。第86回直木賞を受賞したつかこうへいの同名小説の映画化、脚本もつか自身が執筆、監督は「道頓堀川」の深作欣二、撮影は北坂清がそれぞれ担当。

1982年製作/109分/日本
原題:Fall Guy
配給:松竹

ストーリー

ここは、時代劇のメッカ、京都撮影所。今、折りしも「新撰組」の撮影がたけなわである。さっそうと土方歳三に扮して登場したのは、その名も高い“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎である。役者としての華もあり、人情家でもあるのだが、感情の落差が激しいのが玉にキズ。こんな銀ちゃんに憧れているのが大部屋俳優のヤス。ヤスの目から見れば銀ちゃんは決して悪人ではない、人一倍、仕事、人生に自分なりの美学を持っているだけだ。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが、女優の小夏を連れて来た。彼女は銀ちゃんの子供を身ごもっていて、スキャンダルになると困るのでヤスと一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。ヤスは承諾した。やがて、小夏が妊娠中毒症で入院するが、ヤスは毎日看病に通った。その間、ヤスは、撮影所で金になる危険な役をすすんで引き受けた。小夏が退院して、ヤスのアパートに戻ってみると、新品の家具と電化製品がズラリと揃っていた。だが、それとひきかえにヤスのケガが目立つようになった。それまで銀ちゃん、銀ちゃんと自主性のないヤスを腹立たしく思っていた小夏の心が、しだいに動き始めた。そして、小夏はヤスと結婚する決意をし、ヤスの郷里への挨拶もすませ、式を挙げて新居にマンションも買った。そんなある日、銀ちゃんが二人の前に現われた。小夏と別れたのも朋子という若い女に夢中になったためだが、彼女とも別れ、しかも仕事に行きづまっていて、かなり落ち込んでいるのだ。そんな銀ちゃんをヤスは「“階段落ち”をやりますから」と励ました。“階段落ち”とは、「新撰組」のクライマックスで、斬られた役者が数十メートルもの階段をころげ落ち、主役に花をもたす危険な撮影なのだ。ヤスは大部屋役者の心意気を見せて、なんとか銀ちゃんを励まそうと必死だった。“階段落ち”撮影決行の日が近づいてきた。ヤスの心に徐々に不安が広がるとともに、その表情には鬼気さえ感じるようになった。心の内を察して、小夏は精一杯つくすのだが、今のヤスには通じない。撮影の日、銀ちゃんは、いきすぎたヤスの態度に怒り、久しぶりに殴りつけた。その一発でヤスは我に帰った。撮影所の門の前で、心配で駆けつけた小夏が倒れた。“階段落ち”はヤスの一世一代の演技で終った。小夏がベッドの上で意識を取り戻したとき、傷だらけのヤスの腕の中に、女の子の赤ん坊が抱かれていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

受賞

作品賞  
監督賞 深作欣二
脚本賞 つかこうへい
主演男優賞 平田満
主演女優賞 松坂慶子
助演男優賞 風間杜夫
音楽賞 甲斐正人

ノミネート

新人俳優賞 平田満
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0日本の映画の歴史、伝統、誇りを総てを土台にして本作がある そこが素晴らしい

あき240さん
2019年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画の裏側を描く映画
古くはサンセット大通り、イブの総て、スタア誕生、近くはLaLaランドとか色々有りますが、本作に一番近いのはフランソワ・トリュフォー監督の1973年の「映画に愛をこめて アメリカの夜」だろう
あちらは監督を中心に、こちらは大部屋俳優を中心に描いている違いがあるが、やりたいことは同じだ
映画にかかわる人々と映画そのものへの讃歌であり、違いはない
その映画でも、映画の中で映画が撮られており、その本番シーンが挿入される構造も同じだ
おそらくかなり参考にしたのではないかと思うシーンもあったように感じた

しかし本当に日本の物に完全になっている
日本の映画の歴史、伝統、誇りを総てを土台にして本作があるのだということは間違いなくわかるからだ
そこが素晴らしい
東映の京都撮影所が舞台であるのに題名が蒲田行進曲なのは、製作が松竹だからではない
その伝統に対して今も行進しているのだということを表しているに違いない

本作から37年後、タランティーノ監督がハリウッドで本作のリメイクを作った
そうワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドだ
あれはハリウッド版蒲田行進曲だったのだと思う

タランティーノのことだから、深作欣二監督の本作を観ていない訳はない

映画への愛の行進は1世紀をかけて、ハリウッドからフランスに、そして日本に、そしてついに地球を一周してハリウッドに戻ったのだ

本作にはそれほどの力がある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0キャデラックに免許は要らない

kossyさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 大学時代、東京まで観に行った。しかも目当ては『この子の七つのお祝いに』だったので、本作は途中から鑑賞して、この子を観てからまた前半部分を観た。それでも感動しまくりで、いい映画は途中から観ても感動できるものだとわかった。純粋だったため、親分肌のスターの女を押し付けられるとか、階段落ちを決心するあたりとか、妙に平田の男気に感動してしまったのだ。それでもラストシーンにおける「カーット!」いうところに疑問を感じずにはいられなかった・・・何度観てもいい映画というのは数多くあるけど、この映画に限ってはストーリーを大切なものとして心に撮っておきたいがため、何度も見る必要がないような気もする。

 再見して故深作欣二の偉大さとともに映画への愛をまたしても受け取ってしまう。松坂慶子の濡れ場における突然の雷とか、スタジオ内の池田屋のセットが突然結婚式へと変化するシーンとか、あちこちでカットバックの上手さも秀でている気がする。主演の3人は語り尽くせないほどあるけど、故郷に錦を飾ったところで、ヤスの母親・清川虹子の演技がとてもよい。風呂に入ってからもいいが、入る前に悲しげなまなざしをヤスに向けるところは最高峰。

 30年経って調べてみると、ヤスのモデルとなった汐路章という俳優が山田という名で出ているらしいこと。東映と松竹の確執とか、松竹の野村芳太郎がそのために『キネマの天地』を作ったとか、色々あったのですね。

 大人になれば理解できる部分もある。ヤスが暴れて部屋を無茶苦茶にするほどの精神状態。以前は気にならなかったのに、他人の子をも押し付けられることになることに無性に腹が立ってくる。小夏にも当り散らすが、よく見ると、彼は小夏のお腹にモノを当てないようにしているのだ。みかんは飛んじゃったけど・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.5面白い!

2018年2月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

小さい頃親父が観てた隣でなんとなく観て以来。
物凄いテンポ感と早い展開であっと言う間の100分だった。
感情も何もかも全て言っちゃう台詞回しや大袈裟な演技も、当時リアルタイムで観た人がどう思ったかは分からないけど、昔はこんな大袈裟だったのか、くらいであまり気にならなかった。感情は動きと台詞で見せろ!というのが昔の演技方だったのかなと思って観ていた。

銀ちゃんに惚れて何が何でも付いて行くヤスがとても良かった。なので、披露宴からのヤスは僕も小夏目線でどうしちゃったんだよ!そんなのヤスじゃないだろうよ!と完全に映画の世界に入っていた。

階段落ちからの上で待つ銀ちゃん、這って銀ちゃんに向かって行くヤスに二人の人生を観た。
記憶の違いでヤスは死ぬと思ってたから最後はハッピーエンドか!と思ってからの大オチ?カーテンコール?に度肝抜かれた。何じゃこりゃ!台無しやんけ!と思ったけど、つかこうへいに深作欣二がそんな簡単なわけないと思い、自分ながらの解釈は、これは映画なんだ、ヤスに自分を重ねるなよ、という事なのか、大変でどうしようもない事も俯瞰で見たら映画みたいにキラキラしてるって事なのか…

兎にも角にも松坂慶子が可愛い過ぎました。ラストの病院のベッドでの一人台詞は笑った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5構成は意外とできてる。

2017年12月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大部屋俳優のヤスが尊敬してる銀ちゃんのために命を張るため、妻の小夏と衝突しながらも温かい家庭を気づくストーリー。

テーマ:師弟関係に似た友情、本当の愛(自分の子じゃない子のために頑張れるか)
クライマックス:ヤスが階段から落ちる
第1プロットポイント:銀ちゃんが小夏を託す
ミッドポイント:小夏とヤスが地元に帰る
第2プロットポイント:ヤスと小夏の大げんか
エンディング:ヤスと小夏と赤ん坊の3人でこれから生きていく

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じとしゅん
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る