蟹江敬三

蟹江敬三
ふりがな
かにえけいぞう
誕生日
1944年10月28日
没日
2014年3月30日
出身
日本/東京

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

高校時代から俳優を志し、卒業後に劇団「青俳」演劇研究所に入所、その後劇団員となり65年の「あの日たち」で初舞台を踏む。66年にTVドラマ「おかあさん」、翌67年に映画「あゝ同期の桜」に出演。演出家の蜷川幸雄とは68年に劇団「現代人劇場」、72年に「桜社」を旗揚げ。舞台で活躍する一方で、勝新太郎の初監督作「顔役」(71)では主人公の殺し屋に抜てきされた。70年代は日活ロマンポルノでも強烈な印象を残し、TVドラマ「Gメン’75」(75~82)で度々演じた犯罪者役など悪役を多くこなしていたが、「熱中時代」第2期(80~81)などで演技の幅を広げていく。「大江戸捜査網」(74)や「鬼平犯科帳」(89~13)といった時代劇や、刑事ドラマ「さすらい刑事旅情編」シリーズ(89~94)などでもパイプレイヤーとして活躍した。近年の作品に、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)やNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)など。02年に始まった経済番組「ガイアの夜明け」ではナレーションを担当した。14年3月30日、胃がんのため死去。享年69歳だった。長女の栗田桃子と長男の蟹江一平も俳優。

関連作品(映画)

蟹江敬三の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

蟹江敬三の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

蟹江敬三の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

蟹江敬三の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「蟹江敬三」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「蟹江敬三」さん以外にこんな人をCheck-inしています。