山﨑努

ふりがな
やまざきつとむ
誕生日
1936年12月2日
出身
日本/千葉
Twitter

1959年、俳優座養成所を経て文学座に入団。翌年、「大学の山賊たち」(60)でスクリーンデビューを果たす。63年に黒澤明監督作「天国と地獄」(63)で誘拐犯・竹内銀次郎役を演じ、一躍注目を浴びる。その後、同監督作「赤ひげ」(65)に出演して以降、テレビにも活躍の場を広げ、73年にはTVドラマ「必殺仕置人」で念仏の鉄役を演じ、シリーズ屈指の人気キャラクターとなる。他にも映画「影武者」(80)といった黒澤明監督作品、「お葬式」(84)、「マルサの女」(87)などの伊丹十三監督作品に出演し、日本を代表する演技派俳優となる。2000年に紫綬褒章を受章、07年には旭日小綬章を受章する。近年の主な映画出演作は、「駆込み女と駆出し男」「日本のいちばん長い日」(ともに15)、「殿、利息でござる!」(16)、「無限の住人」「忍びの国」(ともに17)、「モリのいる場所」(18)、「長いお別れ」(19)など。

関連作品(映画)

山﨑努の関連作品(映画)をもっと見る

関連作品(ドラマ)

山﨑努の関連作品(ドラマ)をもっと見る

受賞歴

山﨑努の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

山﨑努の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

山﨑努の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

山﨑努の関連記事をもっと見る