里見八犬伝(1983)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
里見八犬伝(1983)
14%
40%
33%
11%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

里見家の姫と八犬士の一人との恋をベースに、悪の妖怪軍団と戦う犬士達の姿を描く。滝沢馬琴著『南総里見八犬伝』に新解釈を加えた鎌田敏夫原作『新・里見八犬伝』の映画化で脚本は「探偵物語」の鎌田敏夫と「人生劇場(1983)」の深作欣二の共同執筆、監督は「人生劇場(1983)」の深作欣二、撮影は「探偵物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

1983年製作/136分/日本
原題:Legend of Eight Samurai
配給:東映

ストーリー

館山城主・里見成義の一人娘・静姫は叔父のもとへと逃避行を続けていた。突如、黒装束の騎馬侍達が前ぶれもなく城に攻め入り、成義以下を皆殺しにしたのだった。城を奪った男・蟇田素藤は、かつて成義の父・義実が征伐した蟇田定包の子であり、その時死んだ筈の素藤と彼の母・毒婦玉梓は悪霊“御霊様”に仕えることによって、不死身の身体をもつ妖怪となって蘇ってきたのである。そして静姫の生き血を“御霊様”に捧げるべく、彼女の行方を血まなこになって探していた。静姫は炭焼小屋で親兵衛という若者と出会う。彼に追われた静姫は巡礼姿の二人連れに助けられた。二人は犬山道節、犬村大角と名乗り、一巻の絵巻物を差し出した。それには、約百年前に里見義実が蟇田一族を滅したいきさつ、そして玉梓の呪いからか、義実の息女・伏姫が飼犬・八房に授けられ、懐妊した伏姫の胎内より白気と共に、仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌の各字を刻んだ霊玉が八方に飛散したことなどが記されていた。道節と大角はそれぞれの霊玉を静姫に見せ「一刻も早く霊玉を持つ他の六人を探し出し、静姫を奉じ素藤らと戦わねばならない」と説く。最初はそんな話を信じなかった静姫だが、一人、また一人と犬士が集まってくるうち、犬士達と共に戦うことを決意した。なおも残る犬士を探す旅が続くなか、突然、けもの罠にかかり静姫がさらわれた。犯人は静姫を城に連れてきた者は侍にしてやる、という素藤のおふれに野望を燃やす親兵衛だった。彼は静姫を素藤のもとへ連れていこうとするが、素藤の支配下となった安房国の荒廃と黒騎馬侍の人を人とも思わぬ殺戮を見て心の中に変化が起き始めた。そして、黒騎馬侍達に静姫が発見された時、親兵衛は彼女をかばい、二人は鐘乳洞に逃げ込んだ。そこには、新たに同志を加えた道節らがいた。親兵衛の心の善を信じはじめた静姫だったが、二人はここで別れなければならなかった。犬士達に放りだされた親兵衛は黒騎馬達に捕まり城に連れさられる。彼はそこで、腕にある赤いアザから玉梓の子の転生であるということを知らされた。そして“御霊様”に仕える司祭・幻人によって悪の化身とされてしまう。その時、素藤配下の侍大将・現八に変化が起きる。彼は仲間を倒し、気を失っている親兵衛を連れて城を脱出した。懐にはいつしか光る霊玉がありそれに導かれるように静姫のいる洞に着いた現八は、七人目の犬士として迎えられる。その時、親兵衛が目を覚まし、いきなり静姫に襲いかかった。姫を守ろうとする犬士達に「刀を引きなさい」と、静姫が命じた。静姫は心で親兵衛に対峙しようとしたのだ。その瞬間、白い閃光が親兵衛を一撃し、彼の身体は静姫の前に崩れ落ちた。新兵衛が再び眼を覚すと腕のアザが消えており、二人の間には光り輝く霊玉があった。喜びに満ちあふれる二人は愛し合う。が、突如、大蛇があらわれ、静姫を巻き玉梓の笑い声を残して消え去った。集結した八犬士のもとに伏姫の「この矢を“御霊様”に向って静姫に引かせなさい」という声が響いた。そして彼らは姫を救い出し“悪”を滅すために館山城に向った。一人、一人合い討ちながらも素藤一味を倒していく犬士達。だが、素藤、玉梓、静姫のいる大広間にたどりついたのは、親兵衛と道節のみだった。道節は自ら追手の盾となり、親兵衛は静姫のもとへ飛んだ。そして縛めをとかれた静姫は“御霊様”に向って矢を放った。玉梓らはミイラと化し、城は崩れ落ちた。親兵衛は静姫を叔父の城へと送り届け、二人に別れの時がきた。親兵衛は静姫を想いながら七犬士達の墓を祭っていると馬に乗った静姫がやってきた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第8回 日本アカデミー賞(1985年)

ノミネート

監督賞 深作欣二
主演男優賞 真田広之
助演女優賞 夏木マリ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0幻魔大戦に続いて

2020年12月31日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

観に行った角川映画。小学校3年生で池袋に観に行った。薬師丸ひろ子よりは真田広之のカッコ良さがポイント。両手にカマを持った武器を作って遊んだ。千葉真一も迫力。ヨネヤマママコの顔面引き裂きシーンには恐怖した。夏木マリの裸には嫌な気持ちになった。幻魔大戦同様カッコイイ洋楽を主題歌にするセンスは好き。そのおかげで取ってつけたようなラストシーンもなんか爽やか。深作演出は大したことない。特撮技術は絶望的にチープ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.0RPG

kossyさん
2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

 仲間を集めて敵ボスを倒す!まるでロールプレイングゲームのようなストーリーだ。ドラクエなんかはこれを参考にしているのではないでしょうか。最初に観たのは地上波TV。真田・薬師丸のラブシーンしか記憶に残らなかったのだが、改めて見るとかなり面白い。

 細かい部分や演技ではB級感が漂っていて、原作と比較してしまうと駄作とされそうな雰囲気なのだが、薬師丸・真田のカップル以外に志穂美悦子・萩原流行と京本政樹・岡田奈々というカップルが敵味方で戦うという悲恋も用意されていて、中々豪華になっています。でかい岩を支えるためだけに戦った二人とか・・・結構泣けるかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

4.0志穂美さんの魅力。最大限堪能。

2020年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

萌える

江戸時代の古典『南総里見八犬伝』としてみると、あれれ?
 『南総里見八犬伝』を元に、新しい物語を作った昭和の小説を映画化した作品。
 元ネタの『南総里見八犬伝』も長期連載作品だっただけに、『水滸伝』か?というように、枝葉にわたっていろいろなエピソードが入り組み、複雑・荒唐無稽な設定だったけれど、昭和の作品は設定や人物が変わっている。

正直、ツッコミどころは満載。

でも、夏木さん・目黒さん・流行さん・ままこさん達が外連味たっぷりの芝居を心地よく見せて決めてくださり、
JACの面々が、見ごたえのあるアクションを繰り広げてくださる。
今のようなCGが発達していない、人力による映画。

それだけでもすごいけれど、
毛野や信乃の切なくも苦しい恋模様など、”演技”としての見ごたえも十分。
美しい絵巻が展開される。

それにしても、演技も繊細で、アクションも決まるそんな志穂美さんは唯一無二の存在だったんだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とみいじょん

3.0あ、安い

2020年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんか戦隊ヒーローものに出てきそうなチープなセットだなあと思いながら見てたが、薬師丸ひろ子さんだけ本物。いまのまるまるとしたおばちゃんひろ子さんを思いながら見るとしみじみします。

夏木マリはずっと気色悪いおばはんが似合ってますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る