サタンタンゴ

劇場公開日

サタンタンゴ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年の「ニーチェの馬」を最後に56歳で映画監督からの引退を表明したハンガリーを代表する巨匠タル・ベーラ監督が1994年に発表した作品で、4年の歳月をかけて完成させた7時間18分におよぶ長編大作。ハンガリーのある田舎町。シュミットはクラーネルと組んで村人たちの貯金を持ち逃げする計画を企てていた。その話をシュミットが彼の女房に話しているところを盗み聞きしていたフタキは、自分もその話に乗ることを思いつく。その時、家にやって来た女は「1年半前に死んだはずのイリミアーシュが帰ってきた」と、にわかに信じられないことを口にする。イリミアーシュが帰ってくることを耳にした村人たちは、酒場に集まり議論するが、やがてその場は酒宴となり、いつものように夜が更けていった。そして翌日、女の言葉通りにイリミアーシュが村に帰ってきた。日本では映画祭などでの上映のみだったが、2019年にベルリン国際映画祭フォーラム部門で初披露された「4K デジタル・レストア版」で19年10月に劇場初公開される。

1994年製作/438分/ハンガリー・ドイツ・スイス合作
原題:Satantango
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

映画レビュー

3.5時間の映像化

Imperatorさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作は知らない。
結局、イリミアーシュが持たされた“ミッション”は、今一つ分からなかった。ただ、もともとストーリーなど、どうでもいい映画のようだから、気にする必要はないのかもしれない。
しかし、イリミアーシュの“実写化”という点では、明らかな失敗ではないかと思った。「サタン」とか、公式サイトに書かれているような、村人が恐れ敬うようなカリスマ的影響力をもつ存在には、とても見えない。

驚異的な「長回し」という。
しかし、長回しと言う時は、まとまった意味を持つシーケンスを、切れ目なく映し取るカメラワークのことだろう。細切れにタイミングやカメラ位置を変えずに、あたかも実生活のように、時間と視点の流れを体験する。
しかし、この映画のように、意味ある事象と無意味な事象が無差別に混在し、シーケンスそのものが存在しない時、長回しとは何なのか?

結局、タル・ベーラは、“時間そのもの”の映像化をやりたかったのかな、と思うしかなかった。
一つのシーンを、どうでもいい瑣事まで含めて、“実際に要する時間”で描くこと。そう言うと、単なる“垂れ流し”に聞こえるが、実際そうなのだから仕方がない。
自然ドキュメンタリー系作品のように、映像美があるならば垂れ流しで良いのだが、映像美などは監督自身が、意識的に拒否しているように思われる。雨と泥の世界、送風機を使っていることが見え見えの映像、がらんどうとした薄汚い室内。
「映画」とは、単なる録画映像の再生ではなく、現実の“凝縮”された芸術的再構成であるとするならば、これは半分「映画」ではない。

通常、自分は映画を見る時は、最低限の事前情報しか入れない。見終わった後に、いろんなレビューや公式サイトを覗くのが楽しみだ。
だが、本作品については、ネットで事前に調べて(特に、英語版のWikipediaはありがたかった)、筋書きを頭に入れておいて正解だった。そうでなければ、休憩を含めて8時間超の作品を見通すことなどできなかっただろう。
4度ほど、5分程度の心地よい眠りに襲われたが、筋書きを知っていたので、全く問題にならなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

1.0やはり中二病は万国共通の病なのか、、、?

2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿

残念ながらそう思わざるを得ない内容。

とにかく"中二病"を感じさせる、無意味な長回しのオンパレードである。

長回しをストーリーに対して効果的に使えているアンゲロプロスやタルコフスキーらの作品と比べて、この映画のそれには残念なことに必要性を感じられなかった。

この監督がどのような時期を得て、『ヴェルクマイスターハーモニー』や『ニーチェの馬』の"手法"を手に入れたかを知るには観る価値があるかもしれない。

特別なファンでなければ、奇をてらった宣伝文句に騙され7時間以上もあるこの作品に、貴重な時間とお金を捧げる必要はない。

この映画を撮ったのはまだタル・ベーラがまだ30代?の頃だということを考えれば、まぁ許せなくもないが、、、、

タル・ベーラの頂点はやはり上にあげた2作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サコサコ
すべての映画レビューを見る(全2件)