柳生一族の陰謀

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
19%
65%
13%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

権力に生きる柳生一族の存続を賭けた陰謀が、骨肉の争いへと展開していく姿を描く。脚本は「トラック野郎 度胸一番星」の野上龍雄と「仁義と抗争」の松田寛夫と「ドーベルマン刑事」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「仁義と抗争」の中島徹がそれぞれ担当。

1978年製作/130分/日本
配給:東映

ストーリー

元和九年五月十一日、徳川二代将軍秀忠が江戸城大奥にて病死した。将軍秀忠の死は、発病後わずか二時間というもじどおりの急死であり、そこに不自然な異変の匂いを嗅ぐ者もいたが、大奥御典医は、食あたりによる中毒死として発表する。三代将軍の座は秀忠の長男の家光が継ぐべき筈であった。しかし亡き秀忠は次男の駿河大納言忠長を溺愛し、秀忠夫人崇源院於江与も、また時の天皇御水尾帝の妃となっていた長女の和子も、次期将軍には忠長を切望していた。熱心な忠長擁立派の老臣たちも多かったが、若手老中松平伊豆守信綱や春日局の一派は、あくまでも家光を推してゆずらず、大阪夏の陣以来十余年の安定に馴れた天下は、再び動乱の兆を見せ始めた。家光を推す松平伊豆守は、今後の策を相談するため将軍家剣法指南役の柳生但馬守宗矩を訪ねた。そして、但馬守は長男の十兵衛三厳を忠長のいる駿府城下にもぐらせ、又土井大炊頭の近辺を見張らせる。数日後、駿府に戻った大納言忠長のために自由の身となって尽くすべく、土井大炊頭は病気保養という名目で老中職を退く。一方、家光側では対抗策として松平伊豆守を老中に、柳生但馬を大目付に据えて、家光陣営の強力をはかった。家光と忠長の争いは将軍職争奪の一点に絞られる。松平伊豆らは御所を訪れ、家光への将軍宣下の詔勅を待ち受けるが、京都宮中の思惑がからみ、返事は得られなかった。そんなある夜、江戸城西丸大奥で家老は、侍女に化けた玄信斎の弟子、歌舞伎役者の雪之丞に襲われる。この事件を機に、但馬守の忠長派打倒は急がれた。但馬守は十兵衛を京都ヘ仕わし、宮中一のきれ者といわれる文麿を討たせる。文麿の死に戦慄した朝廷は、直ちに勅使を江戸に下らせ、弁明と慰撫に当らせる。そして、間もなく家光の上洛が決まった。衝撃を受けた忠長は重臣と策を練り、家光より先に京都へ入り、朝廷と話し合うことを決意する。その頃、家光の行列が、駿府城下の浪人軍に襲われ、三条大納言実条が殺された。この襲撃は、忠長の仕業に見せかけようと、但馬守が根来衆を使って仕組んだものであった。家光は諸大名に檄をとばし、忠長との一戦も辞さずと、決意を披瀝する。忠長は、一戦を混じえる覚悟であったが、信頼を寄せる大納言義直の説得で開城に承知する。そして忠長は上州高崎へ配流された。数日後、家光襲撃は但馬守の陰謀であったとの報を耳にした義直は、但馬守を問いただすが、彼は強く否定する。その直後、但馬守は息子又十郎に命じ、根来衆を惨殺させる。根来衆と十余年を共に過ごした十兵衛はそれを知り、父・但馬守への復讐の念に燃える。その怒りは三代将軍についた家光の首をとることによって示された。そして、柳生一族の陰謀の渦中に展開した闘争も、但馬守と十兵衛の宿命の対決を迎えるに至った。それはまさしく、徳川家の輝しい歴史の中に消えていこうとする、父と子の姿でもあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第2回 日本アカデミー賞(1979年)

ノミネート

作品賞  
脚本賞 野上龍雄 松田寛夫 深作欣二
主演男優賞 萬屋錦之介
助演男優賞 千葉真一
技術賞 井川徳道
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0仁義なき戦い・天下騒乱篇

2021年1月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅうへい

4.0予定調和では傑作は生まれない 現場でより良いもの作りたいという互いの思いがぶつかりあってこそ化学反応が生まれるという見本だと思います

あき240さん
2020年8月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本作の予告編の謳い文句にはこうあります

時代劇復興第一回作

時代劇のメッカ
東映京都が
全精力、総力を結集して作る
本格時代劇巨編
12年振りに帰って来た

現代のエース深作欣二監督
時代劇に挑む
骨太い人間たちによる
骨太いドラマ

ロマンとアクションの超大作

別の予告編でも

雌伏12年!!
時代劇復活を賭して
今、・・・・・
東映が総力を結集してはなつ
本格的時代劇巨編

全く持ってこの宣伝文句に偽りなし!
その通りの製作方針で、意図したとおりに完成したと言えます
最強最高の布陣で臨んでも、思った通りの結果にならないのが映画の怖いところです
ですが、本作は会社が思った以上の大成功作として完成したのです

むしろ監督や俳優たちも、当人たちが考えていた以上の傑作に化けてしまった作品と言えると思います

深作欣二監督は自分が撮るならば、現代的な時代劇を意図していました
仁義なき戦いでみせたような迫力ある闘争シーンを撮っています

それに対して萬屋錦之介は本当の本格時代劇とは何かを示そうとしています
所作、言葉遣いは、現代的どころかより歌舞伎的に強調している程です

この対立構造が緊張感を画面一杯に張り詰めさせています
それがガスが充満したかのように、あのクライマックスで大爆発を引き起こしているのです

この対立構造がなければ、あの神がかったシーンは不発に終わったことでしょう

それだけが本作の成功の要因ではありません
千葉真一は自分の提案した原案がとおりイキイキしています
柳生十兵衛三厳役が、その後彼の十八番の役所になった程です

脇役、端役、スタント達全員が、この作品で兜首を上げるのだ!と我先にと張り切っています
美術、衣装、メイク、ヘアのスタッフ
もちろん照明、撮影、音楽、音響もみんなノリノリで頑張っていることがよーーく伝わってきます

これらがみな掛け算となって、相乗効果を生み全編が面白い豪華作品となったのです

これだけ豪華ですから正月やお盆に観たくなるナンバーワン時代劇になったのだと思います

そうそうたる顔ぶれの俳優たち
三船敏郎、芦田伸介、山田五十鈴といった重鎮以外にも中堅どころがずらり

なかでも最高なのが、成田三樹夫の烏丸少将文麿
あの癖のある顔立ちが役所にピッタリとはまり過ぎる程でした

最高の布陣で臨んで、最高の結果を挙げてみせた
あるようでそうない見本だと思います
予定調和では傑作は生まれない
現場でより良いもの作りたいという互いの思いがぶつかりあってこそ化学反応が生まれるという見本だと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.0夢でござる

2020年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

オールスター過ぎて話の流れがちょっと早すぎるところも何となく見れてしまう。成田三樹夫の文麿、丹波哲郎の玄信斎の存在感ったら。

真田広之の細さ若さひたむきさにやられる。可愛い。

あまりにもみんなキラキラしていて、どこか現実感がなく、ああ今自分は映画みてるなあ、ていうこの映画自体が夢を見ているような感覚に浸れます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

5.0夢だ夢だーと家光の首をもってうろうろ

kkhさん
2020年4月27日
スマートフォンから投稿

最近、リバイバルで作り直しテレビで放映(2020)されたものは、いくら俳優さんが頑張っても、くだらん放送規定を気にして作ったのか、それとも家制度というものを理解してない者が脚本を作ったのか。柳生一族が鬼気迫るようなことを何故したのか、あんなんでは柳生一族の陰謀は茶番劇になってしまった。情けなかった。「年老いたオヤジが金持ちになりたいだけで、身内も殺したんだよー」的なくっだらないドラマだった。これからも、思想を理解できないものが時代劇を作るのだから、時代劇離れは進むだろう。全く、悲惨。
それに比べて!この萬谷錦之助版は完璧。なぜ人間は必死になるのか。そこんとこをわかるためにも、是非、今の人にみてほしい。金が欲しいなんて短絡的な話じゃないんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kkh
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る