山田五十鈴

山田五十鈴
ふりがな
やまだいすず
本名
山田美津
誕生日
1917年2月5日
没日
2012年7月9日
出身
日本/大阪

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

父は新派俳優の山田九州男。幼少から舞踊など芸事に励み、12歳で日活に入社。「剣を越えて」(30)で映画デビューする。34年に第一映画へ移籍し、溝口健二監督「浪華悲歌」や「祇園の姉妹」(ともに36)で演技派として頭角を現す。新興キネマを経て、東宝の「鶴八鶴次郎」(38)や「婦系図」(42)といった長谷川一夫との共演作で人気を博す。長谷川とは42年に劇団「新演伎座」を旗揚げした。戦後、フリーとなり「箱根風雲録」(52)、「女ひとり大地を行く」(53)といった独立プロの作品にも多数出演。黒澤明監督の「蜘蛛巣城」(57)、「用心棒」(61)、小津安二郎監督「東京暮色」(57)などで日本映画界を代表する女優として活躍した。60年代からは舞台を中心に活動。上演回数800回以上の「香華」や、「たぬき」「女坂」などで成功を収め、水谷八重子、杉村春子と並び“舞台の3大女優”と称される。TVドラマでは、「必殺からくり人」(76)をはじめとする「必殺」シリーズが代表作となった。93年文化功労者に選ばれ、00年には女優で初めて文化勲章を受章した。12年7月9日、多臓器不全のため95歳で死去。私生活では俳優・月田一郎やプロデューサー滝村和男、俳優・加藤嘉らと結婚・離婚を繰り返した。女優・瑳峨三智子(39~92)は月田との間の一人娘。

関連作品(映画)

山田五十鈴の関連作品(映画)をもっと見る

関連記事

山田五十鈴の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「山田五十鈴」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「山田五十鈴」さん以外にこんな人をCheck-inしています。