おもちゃ

劇場公開日

解説

昭和33年の京都の花街を舞台に、置屋で下働きする少女が様々な経験を通して、やがて舞妓となるまでを描いたドラマ。監督は「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の深作欣二。原作・脚色は「生きたい」の新藤兼人。撮影を「時雨の記」の木村大作が担当している。主演は、新人の宮本真希と「あ、春」の富司純子。第11回東京国際映画祭最優秀女優賞(宮本真希)、第43回アジア太平洋映画祭最優秀助演女優賞(富司純子)受賞、芸術文化振興基金助成作品。

1999年製作/113分/日本
配給:東映

ストーリー

売春禁止法が施行されようとしていた昭和33年。京都の花街の置屋・藤乃屋に、ひとりの仕込みおちょぼ(雑用係)・時子がいた。貧しい生家の家計を助ける為、幼い頃からひたすら奉公に励んでいた彼女は、いつの日か自分も舞妓として羽ばたくことを夢見ている。そんな時子を預かる藤乃屋の女将・里江は、その昔、藤千代という名でならした気丈な女だ。彼女は、奔放すぎる貞操観念から男問題で次々に騒ぎを起こす照蝶、君竜、染丸の3人の芸妓たちを抱えながら置屋を営む一方、自らも老舗の呉服問屋の主人でパトロンの吉川と長年に渡って関係を続けている。ところが、最近吉川との間にさざ波が立ち始めていた。どうやら月々20万という金を里江に貢いでいることが、本妻に知られてしまったらしい。そんなある日、吉川が藤乃屋に怒鳴り込んできた。照蝶が、婚約者と結納を交わしたばかりの息子・順一を誘惑したというのだ。怒りのあまり照蝶に手を上げる吉川に、里江は彼との訣別を覚悟する。ところが、それは吉川と順一が仕組んだ計画だったのである。婿養子である吉川は、金ばかりかかる里江との関係をここらで清算したかったのだ。それから暫くして、時子が舞妓になることが決まった。しかし、それには多額の費用がかかる。吉川というパトロンを失った里江は、かつて吉川と里江を争って負けた三上と一夜を共にすることを条件に、支度金を工面するのであった。料亭・花万の女将の口利きで、いよいよ時子の水揚げの相手も北山の大尽・田村に決まった。時子は、花万の女将から・おもちゃ・という名をもらい受けると、一人前の舞妓となる為、田村の元へ向かうのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

ノミネート

監督賞 深作欣二
脚本賞 新藤兼人
助演女優賞 富司純子
音楽賞 天野正道
新人俳優賞 宮本真希
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く