ショーシャンクの空に

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッドと無実の罪で収監された元銀行副頭取アンディの友情を軸に、アンディが巻き起こす数々の奇跡が描かれる。監督・脚本は本作で長編映画デビューを果たしたフランク・ダラボン。94年度のアカデミー賞では作品賞を含む7部門でノミネートされたものの無冠に終わったが、映画ファンに愛される名作として語り継がれている。日本では1995年に初公開。2022年には4Kデジタルリマスター版で公開。

1994年製作/142分/G/アメリカ
原題:The Shawshank Redemption
配給:カルチャヴィル
日本初公開:1995年6月3日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) モーガン・フリーマン
最優秀脚本賞 フランク・ダラボン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)1994 Castle Rock Entertainment. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0どう考えても、やっぱり名作すぎる

2022年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

大昔に見て、これは名作だと思って。久々に鑑賞。すっかりストーリーを忘れていたけども、やっぱり最高に素敵な映画だった。モーガンフリーマン演じるレッドが仮釈放になるか否かの面談で語った更生についてが、凄かったなぁ。感想を安易に言葉にすると陳腐になりそうで、語彙力を放棄。またきっと忘れた頃に見て、感動するんだと思う。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
たね

5.0面白かった

2022年11月15日
スマートフォンから投稿

いろんな映画を見てきたけどこんなに清々しい気持ちになったのは初めて。
音楽も最高に素晴らしかった。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
こんちゃん

4.0恐怖はあなたを囚われさせ、希望はあなたを自由にすることができます。

2022年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

『ショーシャンクの空に』は、誰もが感動する映画であり、批判されにくい映画だろう。チャップリンの『キッド』やキューブリックの『2001年宇宙の旅』にも同じことが言えるが、この心温まる映画は純粋に面白いストーリーを語っているだけでなく、映画という芸術の魅力を最大限に引き出す演出が素晴らしく、決して飽きさせることがない。
批評家の言うことを信じれば、この映画はあまり魅力的とは言えない。しかし、この映画の魅力については、批評家よりも大衆の方がよく分かっている。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
Siggy-O

3.5映画好きの間で絶賛される不朽の名作

2022年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

主人公の銀行家アンディは、妻とその愛人を射殺したとして、無実の罪でショーシャンク刑務所に収監されてしまう。最初は刑務所生活に戸惑っていたアンディだったが、次第に、彼が持つ不思議な魅力で周りの受刑者達の心をつかみ、特に、アフリカ系の囚人レッドと奇妙な友情を育むことに。そして、20年間ショーシャンクで服役した後、彼は、自分の免罪を晴らす重要な証拠をつかむ……というストーリー。

■2人の友情が絶妙な距離感
レッドとアンディの友情が魅力的。
人種差別がはびこる時代のアメリカで白人と黒人の壁を乗り越えて
互いを尊重し、信頼している関係がすごく良かった。
これが観ていて心地よい、いい距離感なんだよね。

■今までの人生経験や知識を使って状況を改善していく前向きさ。
アンディがへこたれることなく希望を持ち、前向きな行動に心打たれます。
銀行員だったのが幸いして刑務所暮らしでも上手く自分の地位を確立していく
世渡り上手なところも面白かった。しかしあまりにもアンディの知的戦略が素晴らしいので本当は冤罪じゃなかったりして・・・と思ってしまった私ww

■刑務所暮らしが長くなりすぎるとシャバが地獄になる
シャバで生きづらくなる・・ってのは何だか分かるなぁ。
お爺さんにとっては図書係が心地よかったろうに。
日本でもさ、高齢者が故意に万引きして逮捕されようとしてる事案が多いんだけど
1人暮らしで家族がいないとか金銭的に余裕がないとか、
さまざま理由はあるでしょうが社会復帰しづらいことが背景にあるのではないでしょうか。

■流れた音楽「フィガロの結婚」は実は・・・
物語中盤、アンディーが看守の目を盗んで刑務所の放送で音楽を流す。
ひどい毎日を一瞬忘れ空を見上げる囚人たちが印象的なシーンです。
この音楽はモーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』の中の「手紙の二重唱」なのですがイタリア語のため、囚人たちは歌詞の意味は分からず優美な歌声に聞き惚れます。
実は歌詞の内容は【浮気者の夫をニセの手紙で呼び出そうと企んでいる歌】なのですw
相棒のレッドが『イタリア人女性が何を歌ってたか知らない。本当のこと言って知りたくない。分からない方がいいこともある。』と語ってるところがミソですね。

■最後は倍返し
大抵の脱獄映画は、シャバに出ればハッピーエンドですが、
本作の真骨頂はむしろここから!この映画って半沢直樹みたいw
最後の最後にきっちり所長たちへの倍返しでスカッとしました。

■メッセージは『希望』
希望を持たなかったレッドが最後に放つ言葉「希望を持とう」。
笑顔で再開。そして抱き合う2人。もうね・・・ジーーンと感動しちゃいます。
私は雨の場面のあの名シーンよりもラストの2人の笑顔が最高に好きなシーンです。

■ラストの『IN MEMORY OF ALLEN GREENE(アレン・グリーンを偲んで)』
アレン?誰それ?作中にアレンなんて人物出てこないので、
すごく意味ありげに見えるこの一文。
実は、監督の友達の名前らしい。映画の完成前に亡くなったそうです。

確かに素晴らしい映画でしたが、私の㊥では、もっといい映画は沢山あるし
映画通の間で名作ランキング1位とかに選ばれる程、高評価なのは不思議に思いました。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
▼・ᴥ・▼ Leo★/R
すべての映画レビューを見る(全488件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る