ゴースト・イン・ザ・シェル

劇場公開日

ゴースト・イン・ザ・シェル

解説

士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を、ハリウッドで実写映画化。オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐を、「アベンジャーズ」「LUCY ルーシー」などアクション映画でも活躍するスカーレット・ヨハンソンが演じ、少佐の上司・荒巻に、映画監督として世界的評価を受けるビートたけしが扮する。そのほか、少佐の片腕バトー役でデンマーク出身の俳優ピルウ・アスベック、テロ事件を企てる謎めいた男クゼにマイケル・ピット、オリジナルキャラクターのオウレイ博士役でフランスの名女優ジュリエット・ビノシュらが出演。監督は「スノーホワイト」のルパート・サンダース。日本語吹き替え版には田中敦子、大塚明夫、山寺宏一というアニメ版の声優が起用されている。脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された、公安9課最強の捜査官・少佐は、全世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた。

2017年製作/107分/G/アメリカ
原題:Ghost in the Shell
配給:東和ピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

映画レビュー

3.0ものすごく豪華な二次創作。

村山章さん
2017年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0過剰な期待は禁物だが、日本コンテンツのハリウッド映画化としては悪くない部類

2017年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

押井版アニメはもちろん、過去の傑作SF映画へのリスペクトとオマージュに満ちている点は確か。ホワイトウォッシュと批判されたが、日本人女優、またアジア人女性に枠を広げても、スカジョくらい国際的な知名度があってアクションもこなせる人材がいないのも現実。武田梨奈や清野菜名が今後、世界で活躍の場を広げてくれるのを期待したいが。

VFX的には、義体やロボットの細かな描写、未来都市の景観は結構緻密に描かれていて楽しめた。一方で、キャラクターが高速で動くシーンでは、10年ぐらい前の技術かと思うほどCG描画がモロバレの不自然な動きが多く、やはりまだ予算が足りなかったのかと嘆息。

少佐のボディスーツは、相撲取りの着ぐるみっぽくてイマイチ。もともと肉感的な体型だから、よけい膨張して見えてセクシーさに欠ける。「アンダー・ザ・スキン」のように“皮”を脱ぎ、裸身のスカジョが出てきたらなあと夢想してしまった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

2.5テクノロジーの発展に伴い、 人間とロボットの境界線が曖昧になってい...

2022年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

テクノロジーの発展に伴い、
人間とロボットの境界線が曖昧になっていく。
人間であることの条件とはなんだろうか。
CG映像のすごさ、
ゲーム映像を見るような感覚の映画だった。
映画にははまらなかった。
ビートたけしが日本語で出演することに意義はあったのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あとぅーし

3.0原作未読

2022年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんとなく、
ぼんやり攻殻機動隊を知ってる自分からすると、
これが攻殻機動隊なの?と言うのが第一印象。

どこかで観たような物語で、
原作を知らない僕からすると見やすくはあった。
だけど、この物語を攻殻機動隊でやる意味はあったのか
?と言う疑問も残った。

よくあるサイバーパンク物、よくある近未来物に
客を付けるための攻殻機動隊。そんな映画でした。

単純で、時間も2時間弱なので見やすいのだけど、
原作ファンを納得させられたのかは分かりません。

主人公をスカーレットヨハンソンを当てたのは
僕は正解だと思う。
武の銃の打ち方は慣れてる感じがして好き。
何言ってるかはよく分からなかったけど…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全477件)

他のユーザーは「ゴースト・イン・ザ・シェル」以外にこんな作品をCheck-inしています。