劇場公開日 2017年4月7日

  • 予告編を見る

ゴースト・イン・ザ・シェルのレビュー・感想・評価

3.1474
10%
36%
37%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全474件中、1~20件目を表示

3.0ものすごく豪華な二次創作。

村山章さん
2017年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0過剰な期待は禁物だが、日本コンテンツのハリウッド映画化としては悪くない部類

2017年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

押井版アニメはもちろん、過去の傑作SF映画へのリスペクトとオマージュに満ちている点は確か。ホワイトウォッシュと批判されたが、日本人女優、またアジア人女性に枠を広げても、スカジョくらい国際的な知名度があってアクションもこなせる人材がいないのも現実。武田梨奈や清野菜名が今後、世界で活躍の場を広げてくれるのを期待したいが。

VFX的には、義体やロボットの細かな描写、未来都市の景観は結構緻密に描かれていて楽しめた。一方で、キャラクターが高速で動くシーンでは、10年ぐらい前の技術かと思うほどCG描画がモロバレの不自然な動きが多く、やはりまだ予算が足りなかったのかと嘆息。

少佐のボディスーツは、相撲取りの着ぐるみっぽくてイマイチ。もともと肉感的な体型だから、よけい膨張して見えてセクシーさに欠ける。「アンダー・ザ・スキン」のように“皮”を脱ぎ、裸身のスカジョが出てきたらなあと夢想してしまった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

5.0全編に攻殻世界への愛と敬意が満ち満ちている

2022年6月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

萌える

批判(配役や原作ストーリーを踏襲していない等)や欠点(熱光学迷彩姿やタケシの噛み台詞回し他)の指摘が特に攻殻ファンから出ているのは承知・理解しますが、私にとっては実写化に際しての↑レビュー・タイトルによるメリットが最大級に大きく、特に批判の例で挙げた点など全く減点の理由になりませんでした。本作の映像・世界観構築・音楽は夫々個別に素晴らしい。

ワタシ的に惜しむらくは、スカーレット・ヨハンソンには気持ちよく素子を演じてもらい、続編への期待を繋げたかった。その意味で、まあ良くある事ですが、作品の継続と隆盛を何よりも望んでいるはずの原作アニメファンが、ホワイトウォッシュだのストーリー選択がだの穿った文句を言いまくってせっかくの実写化を潰してしまうことが多いのは残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chuck Finley

3.0二次創作としてはありだが・・

0maさん
2022年5月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
0ma

2.0原作嫌いですが期待していました。その期待が

2022年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告編のビジュアルに魅かれて、劇場で鑑賞。極端に評価が分かれる作品だなあと、どこか突き放した目線で見ていましたが、何よりも、アニメ作品の「攻殻機動隊」が好きじゃない。むしろ嫌いの部類に入る作品だったので、へえ、スカーレット・ヨハンソンがまたSFアクションに出演するんだ。ちょっと見てみようか。という程度の感想でした。

そもそも、90年代に流行したというサイバーパンク系のSFとやらがどうしても好きになれず、草薙素子は出動するときにどうしてビルの屋上からダイブするんだろう?などという無関心この上ない感想を抱いたりしておりました。

スカ・ヨハのおかげで、少佐だか、素子だかが、血の通ったキャラクターに生まれ変わることを夢見て、勝手に期待していたのです。ま、その期待は見事に裏切られましたが。

このストーリーが決定的に弱いのはキャラクターです。感情移入できる人物がいない。例えば泣いている子供がいたら誰だって助けてあげたくなるでしょう。スカ・ヨハは怪我をしても眉一つ動かさない(義体なので)当然、痛みなんて伝わりませんよね。彼女たちが戦っているのは誰なのか、何だか怪しげな組織に壊滅的な打撃を受けますが、その危機的状況はよく伝わってきません。

大雑把に言うと、「ロボコップ」と「ブレードランナー」のブレンディング。自分のアイデンティティーを取り戻そうとする主人公と、それを阻止しようとする組織の対立を軸にストーリーが進行していきますが、必要以上に脚本が不親切に書かれているので、その流れが上手く進行しません。

頭のいい人は難しいことを簡単な言葉で説明できます。
頭の悪い人は簡単なことをわざわざ難しくしてしまいます。

この映画の脚本は、頭の悪い人が書いたようです。
当然、主要キャストは自分が何者なのかも理解できないまま、一生懸命に演じているので、上滑りした演技になっています。

一番ひどいのが、ビート・タケシ・キタノ。。。一人だけ別のスタジオで撮影して、後で編集してストーリーにくっつけたように見えます。原作リスペクトで、クール・ジャパンを象徴する存在をキャスティングしたかっただけなのでしょう。主要キャストと、呼吸が合っていません。ひどすぎる。

2020.9.3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

0.5攻殻機動隊が好きな人にはオススメ出来ない

2021年12月5日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

 以下の背景で作られたんじゃないかなとネガティブに勘繰ってしまうほどダメダメな映画でした。

「よーし、今度はサイバーパンク風の映画を作るぞー!」
「でも設定とかキャラ付けとか考えるの面倒だしどうしましょうか」
「何か人気みたいだし、この攻殻機動隊ってやつから借りてくればいいじゃん!」
「成程!って設定とかがむず過ぎ!こんなんじゃ馬鹿達は分かんないよ」
「それなら設定を分かりやすく改変して、原作厨も騒がない様にこのシーンを入れて、ここをこうしてほら出来た!馬鹿にも分かるかっちょいいサイバーパンクの映画!」

 ...まるで、攻殻機動隊のキャラや設定を少し借りて作った、豪華なお人形あそび。
 しかも、攻殻機動隊の登場人物をアメリカのありきたりなキャラ設定に当て嵌めただけで、原作のリスペクトがほぼない様に感じた。

———————————————————
・少佐...アメリカの映画によくいる、組織の行動に反発して活躍する英雄的主人公&自分は人間なのか機械なのかと自問自答するキャラ(古臭い)
・トグサ...グループの中の皮肉担当
・バトー...破天荒な主人公に付いていき、主人公のメンタルを代弁したりフォローする相棒役
・荒巻…主人公の行動を咎めて観客の反発心を煽るだけ煽ったりして、主人公が輝く場を用意する為にいる影の立役者存在の司令官
 etc…
———————————————————

 原作の攻殻機動隊を意識して観ていたら、設定の作り込みの粗さやリアリティの無さ、登場人物全員の考え方の浅さに辟易した。

 自分は攻殻機動隊のアニメが好きで、其々のキャラの矜持や信念等の人柄が物語に厚みやドラマを加えていると思うのだが、この映画では、そういったものがペラッペラの薄っぺら過ぎる。トイレットペーパーより薄い、ケツを拭くのにも使えない。
 例えば、原作ではトグサが積極的に義体化(身体を機械に置き換える)しない事について、理由を深くは語りはしないのだがこの映画では、少佐の全身義体を皮肉りながら貶めていて、相手の立場や考えに立って思慮深く発言をしようとするアニメのトグサと乖離しすぎていた。
 言動の精神年齢が低過ぎるし、まるでアメリカンスクールで嫌味を言うジョック並の知性の低さにトグサをカテゴライズして表現する場面は不快だった。

 攻殻機動隊の世界の住人達は、現在よりネットやサイバネティクスが遥かに発達し、倫理観や価値観が異なる新世界の中で起こる、アイデンティティに関わる特殊な出来事に遭遇する。それが、この映画では単なる娯楽としての分かりやすい陳腐な設定に置き換えられてしまっていた。
 家族を持つ者、身体を義体化している者、ネットに棲む者、人間ではない機械の者。
 其々の登場人物達の人生の歩みや背景が感じられる考えの多様性、多面的な見方、そして一人一人の信念や立場に則った言動から、新世界の考えに触れる事で楽しめる。その中で、少佐やトグサ達の考え方に好感を持つ事で、作品が好きになっていったりしたのだが、これらの好きな要素が削ぎ落とされほぼなくなっていた。

 映画という120分の制約がある為に、キャラ付けを分かりやすく設定もとっつきやすく変えるのは別に良いと思うのだが......余りにも酷過ぎて原作を侮辱している風にまで感じた。
 攻殻機動隊とは一切関係のない、別のサイバーパンク映画として観ればいいと思ったが、もう攻殻機動隊を知ってしまっているのでフィルターをどうしても通さなくてはいけないし、総じて見ると一本の映画として普通に脚本がつまらなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白石黒井

2.0これは

2021年11月3日
iPhoneアプリから投稿

残念な仕上がり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大粒 まろん

2.5全体的に中途半端

waisighさん
2021年10月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する、というストーリー。

GHOST IN THE SHELL、イノセンス、TVシリーズと観てるので期待半分不安半分で鑑賞。比較しなければよくありがちなSF映画、といった感じ。
ハリウッドの味付けがされてると気づけば展開を予想するのは容易で、平凡の範疇と言えるお話。
見どころがあまりない映画になってしまい、テーマもキャストもアクションも世界観も全てが中途半端な仕上がりに感じた。

最後までスカーレット・ヨハンソンのコスプレ感が拭えなかったのが残念。アクションもややぎこちなく、スタイルもうーん、髪型もどうせならオリジナルにすればよかったのに…。

ただ、吹き替えの田中敦子と大塚明夫の掛け合いはめちゃくちゃよかった。
観るなら絶対吹替版がおすすめ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
waisigh

4.0ヤクザ映画の連続に連なる

2021年8月17日
iPhoneアプリから投稿

マッドムービー📽まさかたけちゃんが出てくるとは思ってなかったけど、この映画の雰囲気には合うよね。と思いつつ観ていました◎僕の映画に対する評価は、釈迦が500回死んで釈迦になった下の実際がわかったような気になれた点で感謝感激雨霰だが、きっと作者はそんなこと想定してないだろうなぁ。である。
ま、観て無駄は感じなかったから。3位上(^^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

0.5面白いかコレ!?

2021年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

様々な創作に影響を与えたという攻殻機動隊ですが、本作を観て将来偉大なクリエーターになる子供は皆無なのではないでしょうか。せめてマトリックス1と並ぶクオリティでないと作る意味は無かったと思います。一応主人公が自分自身を知るという内容ですが、驚きも何もありまあせんでした。ハリウッド映画、日本の実写やアニメは共に、ただ原作を消費するだけのルーティンになってしまいました。アニメの荒巻が好きなので、たけしなのもキツいです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
*.꒰ঌ𝔸𝕟𝕘𝕖𝕝𝕠໒꒱.*

3.0難しい

どんさん
2021年6月17日
iPhoneアプリから投稿

原作を知らずになんとなく見たら、ちょっと難しかったけど、日本の作品もやはり、ハリウッドが実写化するとスケールがデカくて、見応えがあった。北野武は、やはりカッコ良かった!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どん

3.0攻殻の映画作品は全てパラレルという前提が必要

marumoさん
2021年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
marumo

0.5最低作品

zippo228さん
2021年4月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zippo228

2.0映像は綺麗だった

2021年3月4日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まりえ13

2.0ブレードランナーの呪縛

2021年2月11日
iPhoneアプリから投稿

想定の範囲内。
ブレラン、ロボコップが如何に監督の変態強度ゆえにSFからはみ出ていたかを知る比較対照的価値。
CG未来都市に新味なし。
ブレランの呪縛から我々はいつどのように開放されるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.0レディロボコップ

dee909さん
2020年11月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

殉職後、ロボットに改造されて復活した警察官。失った記憶を取り戻した彼は、自分を作り上げた巨大企業こそ、倒すべき悪だとみなし、勇敢に立ち向かう。そんな有名なハリウッドSFアクション映画があったなあ、って思い出しました。本作は攻殻機動隊の世界を借りた、そういう感じの作品です。アニメ映画の押井版GITS、もしくはイノセンスがお好きな監督を見受けましたが、ならば無理に内容を弄らず、そのまま実写化したら、もっと世界的な評価が高かったのでは?と思いました。士郎正宗原作の漫画の攻殻機動隊、およびSACシリーズファンとしましては、強くそう感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dee909

4.0アニメがハマらなかった身としてはいい作品

Pegasusさん
2020年9月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

押井守版の攻殻機動隊は二作とも鑑賞済み。
かなり低評価が目立つけど個人的にはいい実写化だと思う。
<脳が人間で身体はロボットならば人間と言えるのか>というテーマを実写ならではの演技でスカヨハが体現していて、テーマ自体もアニメ版より深い気がした。

ただやっぱり北野武だけ日本語話しているのには違和感を感じる。
どうせ電脳化してるんだし、せっかく世界中のキャストが集まっているんだから、北野武だけじゃなくて他の外国人も母国語で話した方が攻殻らしさがでるし未来感もでる。

ストーリーはアニメにあったところがなかったり、新しいシーンがあったりと完全な真似ではなく色々改変してある。たぶんそこが低評価の原因だと思うけど、アニメがイマイチハマらなかった自分にとっては今作はエンタメ要素もあって面白い。少佐の正体についてのミステリーもあってハラハラするし何よりもWETAデジタルの視覚効果が素晴らしく世界に浸りこむ。
特に後者はサイバーパンクの世界観が好きな自分にとってはたまらん映像だし緻密で大胆なアクションはカッコいい。でもアクションシーンは無駄にスローが多くてドキドキがない。
エンドクレジットでアニメの印象的な民謡を流れたときはちょっと嬉しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Pegasus

4.0人の心というのは… それにしても、スカーレットヨハンソンが 美しす...

naoさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

人の心というのは…
それにしても、スカーレットヨハンソンが
美しすぎて見惚れてた🥰
いつか私たちも体は作り物になるのかしら

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nao

4.5素晴らしい映像体験

yoneさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

昔からの攻殻ファンとして、この映画は必見。

見た感想としては、素晴らしい!!の一言。

ただ、ストーリーについてはそれほど面白味はない。
原作や日本アニメ版の攻殻を随所に踏襲したストーリーで、特段目新しさはない。ファンとしては嬉しいけど。全編にわたってニヤニヤできる。

けど、前半の襲撃シーンの映像は素晴らしかった。
なるほど、あのアニメを実写にするとこんな表現になるのか!!と感心した。あのシーンは電脳の表現含めて製作者が相当気合入れて作ったのが感じられる。

街並みも面白い。
未来で本当にあーなるのかはわからないけど、なるほど、そういう可能性もあるなーって感じ。ブレードランナーの進化版というか。

あと、この映画はIMAX 3Dで見ることを強くオススメする。3Dの方が圧倒的に面白い!!それは間違いない。
IMAXの音質も素晴らしいので、この映画の世界観にどっぷりと浸かれる。

たけしだけちょっと微妙だったけど(笑)、主役のスカーレット・ヨハンソン含め俳優も良かったし、良い映画体験させてもらいました!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

2.0ブレードランナー+マトリックス÷2=・・・・ ボディを女性の体にす...

J417さん
2020年6月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ブレードランナー+マトリックス÷2=・・・・
ボディを女性の体にする必要はないのでは??
女性が観て楽しいのだろうか????

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417
「ゴースト・イン・ザ・シェル」の作品トップへ