ゴースト・イン・ザ・シェルのレビュー・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル

劇場公開日 2017年4月7日
450件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ものすごく豪華な二次創作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

不満点はいくらでも挙げられる。なぜここまでアニメ版のビジュアルを再現する必要があったのか。ハリウッドならではの新たな挑戦で驚かしてくれなかったのか。スカヨハの手足がもうちょっと長かったならアクションがもっと映えたのに。いや、これだとアニメに寄せろって言ってしまってるのと同じか。いずれにせよオリジナルが描いた世界がより現実に近づいてきた今だからこそアップデートされた新たな「攻殻」が観られるのでは、という期待は叶わなかった。ただ、ストーリーに関しては随分と翻案されていて、少なくとも押井守が撮った映画とは完全に別物と言っていいところに落ち着く。これを是とする気も非とする気もなく、ただ、こういうわかりやすいのも決して悪くはない。しかし、だとしたら記憶が戻ったらマイケル・ピットともども日本語、もしくは日本語訛りの英語を話すべきではないかみたいな気もするが、細かいことはさておきとてもカネのかかった二次創作として楽しんだ。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

過剰な期待は禁物だが、日本コンテンツのハリウッド映画化としては悪くない部類

押井版アニメはもちろん、過去の傑作SF映画へのリスペクトとオマージュに満ちている点は確か。ホワイトウォッシュと批判されたが、日本人女優、またアジア人女性に枠を広げても、スカジョくらい国際的な知名度があってアクションもこなせる人材がいないのも現実。武田梨奈や清野菜名が今後、世界で活躍の場を広げてくれるのを期待したいが。

VFX的には、義体やロボットの細かな描写、未来都市の景観は結構緻密に描かれていて楽しめた。一方で、キャラクターが高速で動くシーンでは、10年ぐらい前の技術かと思うほどCG描画がモロバレの不自然な動きが多く、やはりまだ予算が足りなかったのかと嘆息。

少佐のボディスーツは、相撲取りの着ぐるみっぽくてイマイチ。もともと肉感的な体型だから、よけい膨張して見えてセクシーさに欠ける。「アンダー・ザ・スキン」のように“皮”を脱ぎ、裸身のスカジョが出てきたらなあと夢想してしまった。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

つまらない

ストーリーが良く分からない。つまらない。

rem335
rem335さん / 2019年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはこれで有りかと

原作の番外編だと思ってみたらそこまで悪くない。
原作に"似せた"配役やCG、演出はよく出来ている。
ただ全体的に見て面白いかと言われたら「面白い!」とは言えないのが本音。

cure0101
cure0101さん / 2019年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者が全身義体というものを表現出来ていないと感じました。

もとから期待はしていなかったのですがやっぱりコレジャナイ感が強いですね。

特に僕が気になったのは少佐役のスカーレットさんが全身義体のサイボーグというものを表現できていない点です。

体型がちょっと太すぎというのは個人的にはどうでもいいのですが動きや表情が人間以外の何物でもなく魂の入った人形感が皆無で押井監督や神山監督がアニメで表現した義体とはかけ離れたものだったのが違和感の原因じゃないかと思います。

らっしー
らっしーさん / 2019年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

派手

派手な映像、派手なアクション、見所はそのくらいか。

光陽
光陽さん / 2018年11月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠気との格闘

昨夜が午前様だった分、映画観ながら眠気との格闘(笑)

内容は全く知らないけど、予告編から楽しみにしていた映画だっただけに、今ひとつ前半部分のストーリーに入り込めなかった。
ヨハーレットの身体の線が、今ひとつ美しさに欠けていた感じもしました。

後半は、モトコとビデオの関係が明らかになる中で、北野武の役回りも日本的なクライマックスを迎えていったかな。

またDVDが出たら眠気が無い時に改めて観たいと思います。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アンチの気持ちもわかる

押井板の印象的なシーンを実写で再現しようと頑張っていて、そこは見所にはなっている。
しかし、原作を知っている事を前提に端折ってる感があり、実際尺が随分短く、チープさを感じる原因ではないかと思う。
ストーリーは押井板+2を混ぜてハリウッドらしいわかりやすいシンプルな構成になっているので、当然、押井板の哲学のようなものは再現出来ていない。
アメリカでホワイトウォッシュが騒がれたが、うまく設定を改変して配役したほうじゃないかと思う。ドラゴンボールとかもっと酷いの沢山あるからかもしれないが。

佐ぶ
佐ぶさん / 2018年8月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頑張ったデキ

大きく期待を裏切ることもなく、頑張ったデキではないでしょうか。ビジュアルにとにかくこだわって制作したんだろうな。細かいところまで作り込まれています。間違った「和」はありがちだが、そこは中華も絡んでるからか。夜ロケオンリーで世界感は出るもののちょっと閉鎖的かな。
たけしさんは滑舌わるいんで、日本語の字幕もいるで。スカヨハはリュックベッソ君の映画で似たようなアクションものがありましたが、完全にこちらの勝利。(ルーシーでしたっけ、あの駄作)
あんまり入らなかったんでしょうか、続編やってもいいんだろうけど。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2018年7月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

外見はいいと思うけれど、中身はハリウッド映画用の共通部品でできているサイボーグ映画。

原作は読んだことがないけれど、アニメ劇場版映画の『攻殻機動隊 スタンド・アローン・コンプレックス』は見たことがある。

『攻殻機動隊』は、『ドラゴンボール』や『ワンピ』や『ナルト』とかが有名になる前から海外で評価が高った作品。

他には『AKIRA』とか評価が高いようだった。

『北斗の拳』もハリウッドで実写化されているし、有名だったと思う。

ハリウッドの日本マンガアニメの実写化と、いうと原型をとどめないくらい変えてしまう作品も多いけれど、本作はすごくリスペクトしていて、名シーンなど織り込みながら忠実に作っていた。

出演者は外国人ばかりなのだろうと思っていたけれど、東洋人(中国市場用かも?)が多くて、北野たけしさんや桃井かおりさんも出演していた。

スカヨハが草薙素子ではおかしいのでは?とも思ったけれど、なんとなく顔が濃い東洋人に見えるところもあって特に問題ないと思う。(人種というかサイボーグだし・・・)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のゴーストというのは、体を機械化していった時に、最後に残る人間の部分(魂?)みたいな意味らしい。

最後に残る人間の部分とはなんだろう?

最近ではAI(人工知能)などもあるし、未来の話だからほとんど人間と区別がつかないだろうし、能力はAIの方が優秀なはず。

たぶん『ハドソン川の奇跡』みたいな予想もつかない事態になった時にも対応できるひらめきとか、計算できないパワーというか根性というか、火事場のくそ力みたいなものかもしれない。

映画的には最後に残る人間らしい部分は”愛”であるみたいなところでまとめたいところなんだけど、そういうわけでもなかった。

結局この映画ではゴーストというのは人間だった時の記憶とか感情であるみたいなことになっていた。

究極的に『人間とは何か?』ということに関わってくる問題。

そういう深淵なテーマをハリウッド映画が使う共通部品みたいなストーリーに組み込んで作っているので、説得力がなくてやや不満だった。

Push6700
Push6700さん / 2018年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たけしがwwwあまり面白くなかったですwww

たけしがwwwあまり面白くなかったですwww

s
sさん / 2018年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作無視てのを褒め言葉として使って良いのでは無いか?

これはアレだ、良くは無い。
決して良くは無いぞ、良くは無いが悪くも無いぞ!

スカーレットヨハンソンをハリウッド版素子(*何故素子で無いか?はネタバレ!)に、て段階である程度の成功が約束されたようなものだが、まぁまぁ良かったど。

内容は?
初の映画版のゴーストインザシェルの前半と、OVAの個別の11人を足して3で割ったような内容だ。

何より圧巻なのが、ハリウッド最先端のVFXやCG!
そして、今回低めのレビューにならなかった一因が?
吹き替えを初期のオリジナルメンバー(田中敦子さんや大塚明夫さんや山寺宏一さん)がやってる事かな?

なるほど、二つ作品からのインスパイアで、こうお話しをまとめましたか?
なかなかなのでは?

どうしても言いたい事が一つ
105分強の作品で、エンドロール15分てのはダメでしょう?

タチコマ!タチコマ出してたなら?星はもっと高かった。残念(*´ω`*)

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2018年4月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

考えさせられました

考えさせられました

たけぼん
たけぼんさん / 2018年4月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界観を保ちつつまとまったストーリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

吹替版で視聴。

アニメ版ファンなので食わず嫌いをしていましたが、思っていたよりもずっと良かったです。
映画時間も100分程度で中だるみなくみることができました。
ストーリーはオリジナルでしたがわかりやすく、かつ、ハッピーエンドでまとまった内容なので見やすいです。

世界観やキャラの性格、見た目など、原作を大事にしているなと感じました。
キャラクターヴィジュアルは、(トグサ以外)かなりアニメに寄せている印象。アニメのトグサが好きなので、トグサをイケメンにしなかったことだけ不満あり。
スカヨハのムチムチスーツは最初は気になりますが、変にセクシーさを出すより物語のシリアスな面を強調するのには良かったのかなと思います。
北野武はキャストを聞いたとき大反対でしたが、映画みるとそこまで違和感なかったです。
また、タチコマ的な多脚戦車が出てきたのも嬉しかったです。

見ておいて良かったです。

よし
よしさん / 2018年4月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんかイロイロと違和感を感じる映画

なんで武だけ日本語喋ってるのかなぁ?
設定は近未来の日本なのかな?それにしては香港ってわかり過ぎて…街の看板が中国語多いし…
ジュリエット ビノシュはなんで出たかな?うますぎて存在が浮いてる気がする。

おこげ
おこげさん / 2018年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだこれ。

再現したいシーンを描くために作った、薄っぺらストーリーが残念すぎる。原作を読んでる人からすれば、駄作。読んでない人にとっても、いいとこC級でしょう。桃井かおりが出てきてビックリしたからプラス0.5して星1.5。

neko
nekoさん / 2018年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いけど惜しいよね(笑)

これは…攻殻機動隊として観ると残念な気持ちになると思います。

でも、オリジナルSF作品として観ればすごぶる楽しめる作品。

圧倒的な映像美は、息を飲むところが多々ありますが、キャラクターが納得いかなかったり、ストーリーが中途半端な完成度だったりと、全体的にチープな印象を受けてしまいました。

そしてさらに残念な要素の1つが、タチコマがいなかったこと…!

似たような機械はいましたが、あのひょうきんで可愛らしい声が、一言も発されなかったのが残念です。

タチコマは、この作品の癒しであるはずなので、無くしてしまうのは惜しいです。

ガーコ
ガーコさん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うむむ

なんか似て非なるもの。

marin2000
marin2000さん / 2018年2月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1アクション映画

アマゾンプライムで何か映画を観ようと思った三連休最終日。目当ての映画はまだプライムでなかったので、元々興味のあった本作を鑑賞。
原作は読んだ事ないが、漫画界に残るという伝説は聞いているのと同時に主演スカーレットヨハンソンが大好きなので動機にはぴったりだった。
内容はAIものの王道という形で、シンプルに面白かったが、今ひとつに感じた。
逆に漫画を読んでみたらもっと面白いんだろうなと感じた。

DK
DKさん / 2018年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テクノロジーが世界を滅ぼす。

スカーレット・ヨハンソンの豊満で肉感的な体格では、とても少佐=草薙素子には見えなかったけど、黒髪ショートの髪型はなかなか似合ってて良かった。
いつもの彼女より新鮮で、エキゾチックな魅力に溢れていたように思うよ。
寧ろ、肉襦袢のような光学迷彩スーツの方に、問題ありだろ。
俊敏に動ける機能性よりも、見た目のエロさを重視しているのか、と勘ぐりたくもなる。
もし本作のメガホンを完璧主義者であるジェームズ・キャメロン監督が取っていたら、戦闘モードに入った時のスカヨハの首から下は、全てフルCGで処理していただろうねえ。
それならもっとアクロバティックな銃撃スタイルも、可能だったはず。
少佐と多脚戦車とのバトルも、思いのほか盛り上がらずがっかり。
公安警察と言えども、もっと破壊力のある大型銃器を少佐に持たせるべきだったのでは。これもまた銃オタのキャメロン監督なら絶対そうしてるって。
この夏公開の『アリタ バトル・エンジェル』には期待が持てそうだ。😃

2018年2月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

450件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報