バトル・ロワイアル3D

劇場公開日

バトル・ロワイアル3D
24%
24%
28%
24%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

過激な暴力表現が物議をかもした深作欣ニ監督のバイオレンス・アクション「バトル・ロワイアル」を3D化。少年犯罪の増加が深刻化する近未来の日本で、全国の中学3年生から無作為に抽出された1クラスを最後の1人になるまで殺し合わせる“新世紀教育改革法=BR法”が施行された。その対象となり、強制的に無人島へと連れ去られた城岩中学3年B組の生徒たちは、3日間の制限時間の中で生き残りをかけて死闘を繰り広げる。主演は藤原竜也。

2010年製作/R15+/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2010「BR3D」製作委員会

映画レビュー

2.0もっとほしい

s_kさん
2014年2月13日
iPhoneアプリから投稿

興奮

原作とか漫画よんでる人には物足りないかも

まあまあのグロさ
どうせ映像化するならsexシーンとかもいれてもっとぶっとんだものを観たかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
s_k

4.53Dをプラスと見るかマイナスと見るか、評価が分かれると思います。

Push6700さん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

初日に、地元のシネコンで見たのですが、がらがらでほとんど人が入っておらず、びっくりしました。

しかも、がらがらなのに座っている位置が変で、3D映画見慣れていないオールドファンらしき人ばかりでした。

やっぱり、3D化したとはいえ、15歳未満は見られないし、古い映画を新しい映画と同じ料金で、しかも3D料金までとるのでは、よけいなお世話ですが、興行的にきついのでは?

その3Dは、いつもの邦画の後付け3Dなので、技術的には基本2D、時々3Dというレベルでしたが、作品自体は、女性がいっぱい出てくるアクション物なので3Dに合うし、血しぶきや弾道などの新たな演出をCGで加えていました。

この映画を評価するのはけっこう難しくて、3Dに関して言えば、「バイオハザード・アフターライフ」を100点とするなら、技術的には50点いってない感じだけど、作品自体が3Dに合っているのと、新しい演出を評価して60点ぐらい。

本体部分は、いろいろな意見があると思うけど、日本映画史上屈指の巨匠、深作監督の遺作とはとても思えないパワーあふれるもので、世界的にも大きな影響を与えたし、その後の日本映画を盛り上げた役者さんが、多数出演していているので、総合で80点はつけられると思います。

これに単純に3Dの点数を加えて割ると本体部分の評価より低くなるけど、3D部分は別枠と考えてプラスして85点くらいかな?

今回この3D版が、東映史上最高額で海外に売れたらしいけど、他の映画関係者の方も、この映画のように海外のマーケットで評価される作品をめざしてほしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Push6700
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バトル・ロワイアル」シリーズ関連作品

他のユーザーは「バトル・ロワイアル3D」以外にこんな作品をCheck-inしています。