ゼイリブ

劇場公開日

24%
49%
20%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ハロウィン」「遊星からの物体X」の鬼才ジョン・カーペンターが1988年に手がけ、異星人による姿なき侵略を描いてカルト的人気を誇るSFサスペンススリラー。仕事を求めて町に流れ着いたネイダは、ホームレスのためのキャンプで寝泊りするようになったのち、教会でサングラスを発見。そのサングラスを通して見えたものは、人間になりすまし、町を支配していた奇怪な侵略者の姿と、至るところに隠され、人間を操っていた洗脳標識だった。恐るべき真実を知ったネイダは侵略者と戦うことになるが……。主演は80年代の全米人気プロレスラーのロディ・パイパー。日本では89年に劇場初公開。2018年9月、30周年を記念してHDリマスター版でリバイバル上映。2022年1月には「ジョン・カーペンター レトロスペクティブ 2022」にて、4Kレストア版をリバイバル上映。

1988年製作/94分/G/アメリカ
原題:They Live
配給:ロングライド
日本初公開:1989年1月28日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • THE POOL ザ・プール
  • ストレンジ・シスターズ
  • 生き人形マリア
  • 人面魚 THE DEVIL FISH
  • ゾンビプーラ
  • 祟り蛇ナーク
  • 元カノ Death
  • 元カノ 憑き纏う女
  • バトル・オブ・モンスターズ
  • 怪怪怪怪物!
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1988 StudioCanal. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0とても良い映画

stoneageさん
2022年1月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

『JOHN CARPENTER RETROSPECTIVE 2022』にて鑑賞。

今回公開される3作品の中で唯一観たことがある作品。昔に観た時は、あまり期待しないで観たせいか、結構面白かったという印象があったけど…今回は、まあこんなもんかなぁと(笑)
作品の公開から何十年も経ち、今では映像技術が数段に進歩したことを改めて実感しました。

それでも、この作品のストーリーというか、SF物としては、アイディアは今でも結構斬新。

特殊なサングラスを掛けると、宇宙人の正体がバレる(笑)…我々人類は知らず知らずのうちに洗脳され、"奴ら"の思い通りに生かされていた…素敵ですね、この設定!そしてストーリー!笑

*主演のロディ・パイパーは当時人気のプロレスラー。スコットランド出身というギミックを与えられ、タータンチェックの民族衣装を着てバグパイプ担いで入場していたと思います。また、来日した事もあったと思いますが、あまりよく覚えていません(笑)
途中、黒人の仕事仲間と派手に喧嘩をする場面があるんですが、プロレス技満載で、彼のファンへのサービス?…やたらと長かったですね、この場面(笑)

*3作共通パンフレットは1300円也。昔懐かしいVHSビデオ用パッケージを思わせる、立方体の紙箱に入っています。ポストカードが15枚ぐらい?入っていて、肝心の解説は"かなり"少なめです…なんでやねん!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

5.0どう考えてもプロレスが長すぎる。

ユリさん
2022年1月20日
iPhoneアプリから投稿

だけど最高に面白くて見入ってしまう!!!

簡単なあらすじは理解した上での鑑賞。

仕事終わりに見たので一瞬うとうとしてしまい…
しまった!と思ったらネイダはまだまだ
全然サングラスを手に入れる感じもなくて
ホッとした後、そのテンポ感に笑ってしまった。

サングラスをかけるかけないでの
大きな男2人の5分近くの死闘。

一体わたしはを見せられているんだ?

監督プロレス好きすぎるでしょ!

思わず笑いがもれてしまったのはわたしだけじゃなく
会場が一体感に包まれた瞬間である。

あ、わたしは結構
ラストカットが好きでした。

ゼイリブごっこするために
いい感じのサングラスでも買うか──!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユリ

4.0いつまでも新しい

2022年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 物語は前半と後半に分かれていると思う。前半は主人公が摩天楼の林立するニューヨークと思しき町にやってきて仕事を探し、ホームレスが集う場所を紹介されて寝場所にありつく話だ。盲目の牧師が演説するシーンが後半への伏線となる。
 後半は襲撃された教会の隠し場所からサングラスを見つけるところから始まる。ただのサングラスかと思っていたのが、かけてみると見えなかった本質が見えてしまう。そこからは怒涛の展開で目が離せないが、取っ組み合いのシーンが長くてひと息つける。

 説明はないが、主人公もフランクもベトナム帰りではないかと思う。武器の扱いといい、徒手の格闘といい、素人ではない。ベトナム戦争の終結が1975年で本作品が1988年、主人公が町に来る前に別の場所で10年働いたと言っていたから、辻褄も合う。
 後半に登場するメグ・フォスターが演じたホリー・トンプソンの眼が恐ろしい。妙齢の女性にしては胆の据わり方が尋常ではない。BMWに乗って山の手に住む金持ちだ。ただのOLの筈がないのだが、サングラス越しの顔だけで分別する主人公はそこに気がつかない。

 納得のいくラストシーンはとてもスッキリするのだが、ベトナム帰還兵の問題や格差の問題、差別的な政治、放置されるホームレスなど、カーペンター監督が本作品に盛り込んだテーマは未だに解決を見ていない。そしてこれからも解決することはないと断言できる。
 それは人間が本質的に他人を差別し、迫害して、自分の利益を確保しようとするからであり、強者同士が徒党を組んで弱者から搾取する傾向にあるからだ。そういう時代が続く限り、本作品はいつまでも新しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

3.5殴り合いわかり合う

2022年1月16日
iPhoneアプリから投稿

主人公がなかなかサングラスかけないのでヤキモキした。

殴り合い長すぎて笑った。
しかもサングラスかけるかけないの闘い。
背骨が折れてしまわないかハラハラ。

そもそもエイリアン?だからっていきなり撃ち殺していいものだろうか。。

もうすぐ2025年で征服完成ですね。

音楽の使いが良い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hyvaayota26
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る