12モンキーズ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「未来世紀ブラジル」の鬼才テリー・ギリアムがブルース・ウィリス主演で描いたSFサスペンス。謎のウィルスによって人類のほとんどが死滅した近未来。生き残った人々は汚染された地上を捨て、地下での生活を余儀なくされていた。科学者たちは1996年にウイルスをばら撒いたとされる集団「12モンキーズ」について探るため、服役中の囚人ジェームズ・コールを過去の世界へと送り込む。誤って1990年にたどり着いたコールは不審な言動から逮捕され、精神科医キャサリンの立ち会いのもと精神病院に収容される。そこでジェフリーという若い患者に出会い、彼の助けを借りて脱出を図るが……。共演に、本作でアカデミー助演男優賞にノミネートされたブラッド・ピット、「ラスト・オブ・モヒカン」のマデリーン・ストウ。「ブレードランナー」のデビッド・ピープルズが妻ジャネットと共に脚本を手がけた。

1995年製作/130分/アメリカ
原題:12 Monkeys
配給:松竹富士
劇場公開日:1996年6月29日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第20回 日本アカデミー賞(1997年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0改めて見つめると、至るところにギリアム流の趣向がぎっしり

2018年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

あのタンゴが鳴り響くと、我々の頭にはすぐさま地球崩壊後の暗雲たる情景が広がっていく。救いのない未来絵図を独特のビジュアルとシニカルなタッチで描き出すのは奇才テリー・ギリアムのお家芸。だが、本作はそうやってギリアム臭を充満させながらも、企画そのものは彼とは別のところで始動してきた。つまりギリアムにしてみれば他人の企画に乗っかる形でスタートした作品なのだ。そのため強烈なギリアム色を欲する人には物足りないだろうが、クオリティ面で言うと極めてバランスのとれた名作に仕上がっている。ギリアムはこれくらいの距離感の方がうまく映画と間向かえるのかも。『ラ・ジュテ』の要素のみならず『めまい』から得たものも大きく、ラスト近くにはあからさまな目配せが用意されているのも楽しい。観客もこうして時間と距離を隔てて再見することで作品内に埋め込まれた趣向を俯瞰して享受できるのかもしれない。いわば一粒で二度美味しい良作だ。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
牛津厚信

4.0監督の世界観に好き嫌いは有るかも知れないが、そういう映画なのだと思えば楽しめるはず。

2023年9月2日
PCから投稿

すでにスターの仲間入りをしていたブルース・ウィリスは、この映画では捜索者・操り人形であり、自分の記憶の中の謎に迫る役どころ。相変わらず汗まみれ、泥だらけの苦労の連続で違和感はないが、今回はスーパー・ヒーローではなく、時に怯え、悩み、手探りで真実を掴もうとする男の役で、その「求める」悲壮感は一見の価値はあると思う。

一方、まだ客を呼べる俳優だと認めてもらっていないブラッド・ピットは、本当に変で妙な役を与えられたが、物語の鍵となる行動をしているから注意。この映画のブラピを好きになれない人もいるのも事実だが、「セブン」と同じ年に公開された1995年は、ブラピにとって良い年なのかも知れない。

テリー・ギリアム監督の世界は
必ず味のある映像を見せてくれる。
だから気になってしまう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
星組

3.5今となっては少し陳腐だが狂気さが味を出している

2023年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

プロット展開としては、複雑なタイムトラベル系の作品は世にたくさんあるので、いま見ると陳腐に感じてしまう。当然映像も当時のものなので古くさい感じがある。

それでもこの作品で退屈しなかったのは、要所要所にある狂気的な演出だろう。ブラピ演じるジェフリーのようなわかりやすい狂人だけでなく、タイムトラベルで頭が混乱しているジェームズの様子もおかしいし、キャサリンだって、拉致られた側なのになんか飄々としているというか。他にもたくさん「なんかちょっと変」な演出がたくさんあり、こうした狂気じみた感じと(上映当時からすると)斬新なプロット展開が熱狂的なファンを作ったのかなと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
にち

4.5動物が檻から放たれ街を走っていく光景が忘れられない

2023年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ブラピは狂っている
人類が殆ど滅亡した未来から来るブルースが物語自体を妄想と否定する
止められず死にゆく彼を見ているのも幼き自分に眩暈する

コメントする (0件)
共感した! 0件)
すぅ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る