未来世紀ブラジル

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

モンティ・パイソン出身のテリー・ギリアム監督が、徹底的に情報管理された近未来社会の恐怖を、奇想天外な世界観とブラックユーモアたっぷりに描いたSF映画。20世紀のどこかの国。ダクトが張り巡らされた街では、爆弾テロが相次いでいた。そんな中、情報省のコンピューターがテロの容疑者「タトル」を「バトル」と打ち間違え、無実の男性バトルが強制連行されてしまう。その一部始終を目撃した上階の住人ジルは誤認逮捕だと訴えるが、取り合ってもらえない。情報省に務めるサムは、抗議にやって来たジルが近頃サムの夢の中に出てくる美女そっくりなことに気づく。ある日、自宅のダクトが故障し困り果てていたサムの前に、非合法の修理屋を名乗る男タトルが現れ……。タトル役にロバート・デ・ニーロ。エンディングを巡ってギリアム監督と映画会社の間で意見が衝突したため、複数のバージョンが存在する。

1985年製作/142分/G/イギリス
原題:Brazil
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:1986年10月10日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.5ゼロの未来よりかは面白かった

2024年5月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

独特な未来感は好き。

エンディングがいくつかあるみたいだけど、
とりあえず本人は幸せなのだから
良かったのかな。

相手の女性の方、とてもチャーミングな方。
現在66才、20年前から映画には出ていないみたい。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
seiyo

3.5上階に住む美女を求めて飛ぶ

2024年2月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
つとみ

5.0今も色褪せないレトロフューチャーの魅力

2024年1月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

初見は大学生の頃。
今はもうなくなってしまったが、松本市の縄手通りにあった中劇シネサロンで観た記憶がある。
若い人たちからすると信じられないと思うが、劇場内の至る所に灰皿があって、タバコを燻らせながら映画が見られた時代だった。

今回、Huluで久しぶりに観たが、自分の若き日に衝撃を受けただけあって、細かいところまで案外覚えていた。全編に漂うレトロフューチャーな雰囲気が大好きで、初見の時はそこに惹かれたのだが、令和の今、改めて見返してみても、全く色褪せない魅力を感じた。

この映画で描かれているのは、紛れもなくデストピアだが、社会のカリカチュアでもある。

途中で甲冑を身につけている巨大な武者が出てくるが、映画制作当時は「ジャパン アズ ナンバーワン」の頃で、日本に勢いがあったからチョイスされたのだろうと思う。今だったら、どこの国の、どんなものが選ばれるのだろうか。

コメントする 1件)
共感した! 6件)
sow_miya

3.0ハチャメチャなディストピア

2023年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
parsifal3745
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る