マイノリティ・リポート

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

スティーブン・スピルバーグ監督がトム・クルーズを主演に迎え、SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。西暦2054年。ワシントンDCでは予知能力者を利用して凶悪犯罪を予知する画期的なシステムが開発され、犯罪予防局が犯人を事前に逮捕することで、犯罪件数は激減していた。そんなある日、犯罪予防局の凄腕捜査官ジョン・アンダートンは、自分が36時間後に殺人事件を起こすと予知されたことを知る。しかもその被害者となるのは、ジョンとは全く面識のない見ず知らずの男だった。同僚たちから追われる身となった彼は、真相を解明して自らの容疑を晴らすべく奔走する。共演は「S.W.A.T.」のコリン・ファレル、「ギター弾きの恋」のサマンサ・モートン、「エクソシスト」のマックス・フォン・シドー。

2002年製作/145分/アメリカ
原題:Minority Report
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:2002年12月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 アカデミー賞(2003年)

ノミネート

音響編集賞  
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Moviestore Collection/AFLO

映画レビュー

4.0Dates Well in some Ways, Not So Much in Others

2020年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

The special effects in Minority Report hold up, and the plot ranks more imaginative than many of the sci-fi blockbusters that have come out in the previous decade. Tom Cruise's escape in a car factory is as comical as any Indiana Jones adventure sequence. The traffic jam sequence is as over-the-top as Ready Player One. As surveillance moves us to real-world pre-crime, this classic hits the mark.

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Dan Knighton

3.0「ブレードランナー」とは異なり、原作本を読みたいとの気持ちまでには…

2024年3月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

各映画祭でも、
またキネマ旬報ベストテンでも
高い評価は受けなかった作品だが、
なにせ監督がスピルバーグで、
原作が「ブレードランナー
(アンドロイドは電気羊の夢を見るか?)」の
フィリップ・K・ディックということで
鑑賞してみた。

この作品、
ひとつはマイノリティーへの理解や大切さ、
また、
技術(ここでは予知夢で犯罪防止という、
セキュリティに関してのシステムだったが
荒唐無稽過ぎて技術と言えるかどうか?)の
発展は人類に幸福をもたらすだろうか、
との問い掛けもあるのだろうとは思う。
ラストシーンで、予知システムは廃止となり
手間の掛かる体制に戻した。
暗に、時には非効率な体制の方が、
より良い社会を構築すると
言っているようだ。

また、映画「オッペンハイマー」のように、
この作品でも、新しい科学技術は
世界を危機的状況に導く可能性に
警鐘を鳴らしているようにも。

しかし、映画としての出来としては、
主人公が逃亡を図るシーン等々で
特撮をアピールしたかったのか
やたら冗長感がある一方、
肝心の核心部分への集約性が
弱くなっているようで残念だった。

同じ原作者による「ブレードランナー」は、
アンドロイドのリーダーが
己の命が尽きると知って
自分たちを追い詰める人間の捜査官を助ける
という命の大切さを謳う内容に、
(そう言う意味では、
主人公がアンドロイドだと解釈して
ユニコーンの夢を見るシーンを加えた
リドリー・スコット監督の
ディレクターズ・カット版は好きではなく、
原題のように、人間が羊の夢を見るように
アンドロイドが電気羊の夢を見たとする、
虐げられたアンドロイドが人間の命を助ける
という構図こそがこのドラマの核心で
あるはずだから、
私は最初の劇場公開版を好きだ)
是非、原作を読みたいと思わせられ
一読したが、
この映画ではそんな気持ちに
させてもらえなかったのは大変残念だった。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
KENZO一級建築士事務所

4.0転がり落ちる球体、近未来都市

2024年3月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

アメリカ同時多発テロ事件後の情報統制へのアンチテーゼを含んでいる。
監督はスティーヴン・スピルバーグ。
2002年劇場公開作品。

2054年、デジタル技術による犯罪予防システムで殺人発生率はついに0%。
そのシステムはプリコグ(預言者)3名の予知能力に頼っている。
刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が、マイノリティ・リポートの秘密にたどり着くという話。
司法省の調査官ダニー・ウィットワー(コリン・ファレル)のサスペンダー姿と正義感は格好良かった。

転がり落ちていく球体の物が頻繁にズームされる。
落とさないようにしたり隠したり、落としたり失ったりする。
球体は地球の象徴かもしれない。
それは太陽の周りを秒速29.8kmで公転しているらしいが、計算上であり仮説である。
今作の犯罪予防局は、国家の上部組織の象徴であり、秘密を保持し情報統制をしている。
球体説のような、この世界の大いなる捏造は転げ落ちるかもしれない。
などと想像を掻き立てられた。

内容の面白さだけではなく、斬新な映像も魅力。
ワシントンD.Cの描写は、手塚治虫作品『鉄腕アトム』の近未来都市風景のようで、それだけでも見る価値がある。
劇中に登場する赤いクルマ「レクサス2054年式」は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンとして人気の「デロリアン・DMC-12」ほど目立った活躍をするわけではないが、未来を感じさせるその美しいフォルムデザインは印象深い。

コメントする 1件)
共感した! 10件)
Don-chan(Daisuke.Y)

3.5黒幕

2024年2月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
きゃな
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る