トゥモロー・ワールド

劇場公開日

トゥモロー・ワールド
20%
45%
25%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

英ミステリ界の女王P・D・ジェイムズのベストセラー「人類の子供たち」を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「天国の口、終りの楽園。」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化。人類に子供が生まれなくなった西暦2027年。何の目的もなく働いていた国家官僚のセオが、ある日突然、何者かによって拉致される。セオを拉致したのはセオの元妻ジュリアンが率いる反政府組織で、世界がひっくり返るような秘密を掴んでいた……。

2006年製作/109分/イギリス・アメリカ合作
原題:Children of Men
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0今改めて見ても度肝を抜かれるSF映画の金字塔

2018年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

キュアロン監督が2006年に描いた「21年後の未来」。それは『ブレードランナー』の2019年よりずっと後の世界ではあるものの、冒頭、カフェを出た主人公を包み込むのは、現代の延長線上にあるリアルな未来絵図だ。通りにはジェット噴射で空飛ぶ車どころか、二階建てバスと、そしてアジアの片隅を思わせるトゥクトゥクが走り回っている始末。この混沌とした手触りがこそが、作り手たちが周到にシミュレーションした証なのだ。

重ねて炸裂するのが驚異的な”長回し”。実はどこかで切れ目が入っているらしいのだが、要は「長回しかどうか」ではなく、それがどのような効果をもたらすのか、に尽きる。いずれにしてもこの映像がもたらした衝撃性は誰もが認めるところであり、その意味でキュアロンはすべての目論見に勝ったと言えるだろう。

ともあれ、本作に触れると映画の見方が180度変わる。当時のオスカー受賞しなかったのが不思議なくらいだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

2.0驚異の長回し、だけかも。

2021年1月3日
iPhoneアプリから投稿

再見。公開時より楽しめず。

驚異の長回しは必見だが、それだけだった、かも。

SF的嘘が何処か今と地続きに思えぬゆえか。

こうは人類は滅びない気がするのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい

5.0傑作

ポムさん
2020年7月29日
スマートフォンから投稿

泣ける

興奮

知的

何度も鑑賞した作品だが時折みたくなる。
運命のようなものを感じさせられるような感覚を覚える映画だと思っている。
しょうもない感想かもしれないが、特に出産のシーンで主人公が赤ん坊を取り上げるとき、着ていたコートを下に敷き、ウイスキー(?)のような度数の高い酒で手を消毒するのだが、アル中の主人公がアル中で無ければいけなかった理由がそこに描かれているような気がする。

「起こることには全て理由がある」というのが、映画の中でちょこっと語られている(決してポジティブな意味だけでは無いけど)が、そのコンセプトを大袈裟ではなくサブリミナル的に鑑賞者に伝ようとしている製作者たちの感性が素晴らしいと思う。
私の人生TOP5に入る作品だけど、知り合いに紹介したり、ここのレビューを観てみるとあまり評価が良くなかったりする。
不思議だけどそれが映画や表現された作品の面白い所なんだろうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ポム

4.5説明がないのがいいんだよ

散歩男さん
2020年6月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2006年アルフォンソ・キュアロン監督。
人類に子供が生まれなくなった近未来。世界は崩壊し、かろうじて機能している英国が舞台の重苦しいディストピアSF。巻き込まれていく主人公だが、希望を見出してゆく最後の展開がふるえる。

長廻しシーンの凄さは改めて言うまでもない。混乱したその現場に居合わせた如き臨場感。終盤の長廻しは激しさの中で泣けてくるという奇跡的なシーン。
そしてラスト。薄ぼんやりした中でみえてくる灯かりがこの映画のテーマと重なる。
キュアロン作品の中で一番好き。SF映画としても珠玉の1本と言えましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「トゥモロー・ワールド」以外にこんな作品をCheck-inしています。