X-MEN:アポカリプス

劇場公開日:

X-MEN:アポカリプス

解説

マーベルコミック原作の人気アクション大作「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズ続編。人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、世界に新たな秩序をもたらすため、マグニートーらを従え、世界の破滅を計画。プロフェッサーXやミスティークらが率いる若きX-MENたちは、アポカリプスの企みを阻止するため立ち上がるが……。シリーズ第1作「X-MEN」や、前作「X-MEN:フューチャー&パスト」を手がけたブライアン・シンガーが監督。アポカリプス役は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオスカー・アイザックが務めた。

2016年製作/144分/G/アメリカ
原題:X-Men: Apocalypse
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

映画レビュー

3.5最強の敵に立ち向かう超人達の最終戦

2022年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

X-MENシリーズ第6作にして最終作。今回の敵は過去最強。今までとは異次元の怪物。ミュータントの始祖である古代エジプト時代のミュータント・アポカリプスである。

この手の作品では、敵は憎らしい程に強く、キャラ立ちしているのが必須であるが、アポカリシスはミュータントの始祖というよりは、“魔王”が蘇ったという感じであり、特殊能力者という域を遥かに超えている。人気冒険活劇ハムナプトラを彷彿とさせる怪物である。

1983年の現代に蘇った魔王は、人類の堕落を憂い、黙示録の四騎士のように、4人のミュータント達を従え、人類を滅亡に追い込んでいく。数千年に渡り、ミュータントの体に乗り移り、途方もない特殊能力を身に付けた魔王&四騎士に、プロフェッサーⅩを始めとするX-MEN達は、満身創痍になりながらも敢然と立ち向かっていく・・・。正直、今回の敵は凄すぎて、Ⅹ-MEN達に勝ち目はあるのか?というのが本音だった。

最新のCGを惜し気もなく駆使した、Ⅹ―MEN達と、最強の敵である魔王&四騎士のバトルは、圧倒的な迫力であり、見応え十分。CG技術の進歩でバトルシーンは回を重ねるごとにエスカレートしている。但し、ここまでくると、特殊能力というよりは、劇画の世界に踏み込んでしまった感がある。ドラゴンボールを観ているような感覚になる。

但し、そんなバトルの中で、超高速特殊能力の見せ方は面白かった。実際の人間の動きをスローモーションにしているので、凄いというよりは、コミカルな感じがあり、殺伐としたバトルの中で、一服の清涼剤的な役割を果たしていた。ラスト近くでの、魔王の脳内バトルも、肉弾戦ではなく心理戦のような趣があって斬新だった。

一方で、詳細に観れば、地球外、宇宙に捨てられた核兵器はどうなったのだろう?放置?破壊?放射能の影響は?四騎士が魔王を裏切るのは安易すぎない?何故?など、突っ込みどころは満載である。しかし、荒唐無稽な物語にそんなケチを付けても大人気ない。ここは、鑑賞スイッチをエンターテイメント“強”にして観るべきだろう。

X-MEN達が、自らの能力を制御できず苦悩する。特殊能力者というマイノリティの立場に苦悩する。というヒューマンドラマは従来通り健在であるが、圧倒的でド派手なバトルに押され、些か影が薄くなっている感は否めない。

最終的には、X-MEN達が総結集し、一致団結して魔王を倒して、人類滅亡は回避され、大団円となる。些か話が大仕掛けになり過ぎた感はあるが、最終作として、全てが落ち着くところに落ち着いたというところだろう。有終の美は飾れたと納得した次第である。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
みかずき

4.0イッキ見の結果

2022年8月17日
スマートフォンから投稿

想像以上に面白くて、大好きなシリーズになりました。クイックシルバーのシーンはどれも最高でした

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tomao

3.0第6作目。 どうもマグニートーは切なすぎるキャラだなぁとつくづく。...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第6作目。
どうもマグニートーは切なすぎるキャラだなぁとつくづく。今回も悲しみを負い、その復讐心をアポカリプスに突かれてしまうという。
前作に引き続きクイックシルバーの活躍。ユーモア踏まえての活躍が観ていて楽しい。もう少し活躍してくれるだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よっしー

4.0ドクストMOM予習⑧

2022年3月4日
iPhoneアプリから投稿

良:意外と今までキャラをちゃんと使えていて世界観も広がった。
悪:ガッカリシリーズ脱却できたか?
再鑑賞:無い

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カトカツ
すべての映画レビューを見る(全251件)