デッドプール

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
デッドプール
22%
54%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。好き勝手に悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っていた元傭兵のウェイド・ウイルソンは、恋人ヴァネッサとも結婚を決意し、幸せの絶頂にいた矢先、ガンで余命宣告を受ける。謎の組織からガンを治せると誘われたウェイドは、そこで壮絶な人体実験を受け、驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまう。ウェイドは、赤いコスチュームを身にまとった「デッドプール」となり、人体実験を施した張本人のエイジャックスの行方を追う。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でも同役を演じたライアン・レイノルズが、毒舌家で自己中心的という型破りなアンチヒーローのデッドプールに扮した。全米ではR指定作品として記録的な大ヒットを飛ばした。監督は、視覚効果分野出身で今作が初長編作となるティム・ミラー。

2016年製作/108分/R15+/アメリカ
原題:Deadpool
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ライアン・レイノルズ
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0笑いそこそこ、軽いテイストでグロくてエロい

2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アメリカンジョーク多めって感じで、予告を観て期待していたほど笑うポイントは無かった。

グロいシーンは結構あるけど、血しぶき少な目なのでそこまでグロくはなく、さらっと過ぎていく感じ。

ストーリー的にはマーベルらしいヒーロー映画だけど、キャラ的にアベンジャーズには向かないかな。

シリーズ化しそうなので、次作では日本人でも笑えるシーンを期待したいところ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽんぱる

4.0バカ山盛り

2019年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

最初っから“バカやるぞやるぞ”と煽りまくりで、
これで笑えなかったら若干サブイなーと思ってましたが、
適度なおふざけが丁度良い感じでした。
「後は今まで見た通り」「ミュージックスタート」など、
やたらと観客に話しかけるデッドプールに親近感湧くけど、
ハリウッドあるある、みたいなのはチョット意味不明なのもあり。

全体的にギャグマンガっぽいので子どもウケしそうだけど、
エロいしグロいしR15だから子ども見られないから、
そこ排除して、子ども向けにしても良かった気もする。

まあフツーに面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
クリストフ

4.0無賃乗車はやめて!

kossyさん
2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 いきなりのストップモーションCGを取り入れたアクションシーン。イエローキャブに乗ってその場に向かったデッドプール=ウェイド(レイノルズ)だった。弾は12発しかないが、いざとなれば背中に仕込んだ刀で相手をぶった切る。しかし、フランシスはとり逃してしまう・・・

 自分の復讐のためだけに戦うという珍しいマーベルヒーロー。銃撃も派手だし、R15規制であることもあって下ネタ満載、グロも平気で表現する。そんな悪徳ヒーローであってもどこか憎めないのが本作品。末期がんを患い、治してやると言われミュータント工場でミュータント細胞を注入され、拷問のような仕打ちで活性化するヒーロー。『サイボーグ009』とか『仮面ライダー』の石ノ森作品まで思い出してしまった。

 数々の映画をネタにしていて、特に『127時間』、『エルム街の悪夢』、『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンネタには笑ってしまう。人物ネタでもエージェントスミスとか・・・ヒューゴ・ビーイングに似すぎ!また、XMENとも深く関りがありそうで、プロフェッサーが勧誘したことがあるようなセリフもあった。ミュータントとして炎の少女ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)や銀色の巨人であるコロッサスも最後には活躍する。このネガソニックも『エイリアン3』のリプリーと言われてた(笑)。

 ちょっとだけ気になったのが20世紀FOXのオープニングロゴ。X-MENシリーズではロゴが消える際に“X”だけが残るのだが、この作品では残らなかった。『ウルヴァリン』にも出演してるのに、シリーズには繋がらないのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

3.0うーん

れんさん
2019年5月9日
iPhoneアプリから投稿

メタ発言は面白いが、それ以外は微妙でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れん
すべての映画レビューを見る(全512件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「X-MEN」シリーズ関連作品

「デッドプール」シリーズ関連作品