X-MEN:ファイナル・ディシジョン

劇場公開日

7%
47%
42%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

特異な能力を持つミュータントの2大勢力、プロフェッサーX率いるX-MENと、人類を敵とみなすマグニートー率いるブラザーフッドの最後の戦いを描くシリーズ第3弾。天才科学者がミュータントから人間に変わることが出来るという新薬“キュア”を開発。ミュータントは「人間になるか、そのまま生きるか」という選択を迫られる……。監督はシリーズ前2作のブライアン・シンガーから「ラッシュアワー」のブレット・ラトナーへバトンタッチ。

2006年製作/104分/アメリカ
原題:X-Men: The Last Stand
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0第3作目。 ミュータントの能力が治癒し、人間になるという新薬キュア...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第3作目。
ミュータントの能力が治癒し、人間になるという新薬キュアを巡って、人間とミュータントが対立する。
ただ対立するというだけではなく、反対するもの、望むもの、尊厳、ミュータントの様々な視点から見ていること、ラストのミュータントの戦いも良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

2.5ドクストMOM予習⑤

2022年3月4日
iPhoneアプリから投稿

良:映像はだいぶ綺麗になった。
悪:世界観は結局手の平サイズ
再鑑賞:無い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カトカツ

2.035点

2021年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

寝られる

映画評価:35点

うーん。

キュア(ミュータント無力化)の開発により、
世界情勢が変わりだす訳なんですが

ミュータントを病気と捉え治したい側と、
ミュータントを個性と捉え現状維持を希望する側、
そしてキュアを疎んで撲滅運動をする側。

これらの争いに巻き込まれていく
ウルヴァリンたち。

たぶん、これだけで十分面白かったのですが、
ジーングレイの復活が凄く邪魔だった。
このキュア戦争に必要ありましたかね?
必要ないなら、どちらかに絞ってもらえたら嬉しかったです。

なんか色々と盛り込まれ過ぎていて、
何が何やら。

オマケといってはあれですが、
今回の弊害により、
メインキャラが死んだり、
キュアによる無力化で何人かのミュータントが凡人(作品的には死んだ様なもの)になりました。

とまぁ凄く大胆な結末になりまして、
続編作りが大変そうだなと
むしろ続編に興味が湧いてくるくらい
大胆な展開でした。

この作品も、私の感想も、
総じてぐちゃぐちゃでした(笑)

【2021.11.13観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.0さらなるサーガの拡大と混とん

2021年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主要キャラクターが一気に増え、メインのキャストの中から、重要な人物が去っていくなど、それなりのインパクトを残すストーリー展開ですが、もう収拾がつかないほどお話が広がり過ぎて、正直ついて行けない気持ちになりました。

この後すぐ、ウルヴァリンをフィーチャーした映画を製作し、大うけしたのは、きっと、このシリーズに限界を感じていたファンたちの気持ちが一つになったからじゃないでしょうか。「プロフェッサーXより、ウルヴァリンを活躍させんかい」という、声が大きかったんだと思います。

2018.2.22

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「X-MEN」シリーズ関連作品

他のユーザーは「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」以外にこんな作品をCheck-inしています。