呪怨 終わりの始まり

劇場公開日:

解説

清水崇監督が生み出したジャパニーズホラーの代名詞「呪怨」シリーズに連なる一作で、同シリーズの恐怖のアイコンである佐伯伽椰子と俊雄がもたらす新たな恐怖を描いた。小学3年生の学級担任を務める結衣は、不登校を続けている生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問する。しかし、佐伯家は踏み入れたものすべてが奇妙な死を遂げる「呪われた家」で、その日を境に結衣の身にも不可解な現象が起こり始める。やがて佐伯家の過去が少しずつ明らかになり……。主演はホラー映画初挑戦となる佐々木希。監督は「感染」「シャッター」の落合正幸。

2014年製作/91分/G/日本
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2014「呪怨 終わりの始まり」製作委員会

映画レビュー

1.5微妙

2022年5月1日
PCから投稿

怖くないというのが辛い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

3.0まぁ、恐いけれど…

2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
たけさん!

2.0新約呪怨

2020年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
れお

1.5初呪怨

2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ホラーは館では初鑑賞。ノリで観に行きました。
土曜のレイトショーで満員。おお、人気作なの?
見終わったら、夜トイレにも行けなくなる程怖いのかと、期待値上昇。
懸念は演者の面子。ではいざ。

…んー、見方が難しい。
時系列がバラバラなのはいいけど、説明不足すぎて、
呪怨初心者には理解不能。
あの「白いこども」はパロディとかで見たこと有るが、
根本的に怖くない。あの様が被虐待児にしか見えない。
あと、話の筋としてそれありなのか行動が多くて脚本の雑さを感じる。
ラストは残念でしかない。
ラスト直前での俊雄の行動から、心理的恐怖な結末かと思ったら、
もの凄く即物的で、正にモノにしか見えなくて、
笑いすら起きていた。

カヤコ発見時の恐怖は良かったが、それも持続力無し。
演者の演技レベルも懸念通りでした。

要はこの作品を「エピソードゼロ」的にしたかったらしい。
だとしたらもっと説明とか由来とか詳しくして、
全く要らないシーンとかカットして同じ時間枠で収めたら、
もっと見易くて納得出来る作品になった気がしますが。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
クリストフ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「呪怨」シリーズ関連作品

他のユーザーは「呪怨 終わりの始まり」以外にこんな作品をCheck-inしています。