ロッキー・ザ・ファイナル

劇場公開日

23%
52%
22%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シルベスター・スタローンの出世作でもある「ロッキー」のシリーズ完結編となる第6作。アカデミー作品賞に輝いた第1作から30年を経て製作された本作では、スタローン自らが監督・脚本・主演の3役を務め、ロッキーの熱い魂をスクリーンによみがえらせた。ボクシング界を引退し、愛妻エイドリアンを亡くしたことへの喪失感を抱えるロッキーが、再びリングに上がり現役世界王者との戦いに挑む姿をストレートに描く。

2006年製作/103分/アメリカ
原題:Rocky Balboa
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2006 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries Inc., and Revolution Studios Distribution Company, LLC.

映画レビュー

4.0ボクシング映画にはカメがつきもの・・・

kossyさん
2021年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 『シンデレラマン』でもカメが出ていましたが、本家は『ロッキー』(1976)だったのでしょう。そのシリーズ第1作の監督ジョン・G・アビルドセンは、脚本を読むまではボクシング映画だということで乗り気じゃなかったのに亀のシーンを読んで快諾したのだとか。そして今作にももちろん2匹の亀が登場する。とにかく1作目のロッキーとエイドリアンとの恋物語を思い出させるシーンが満載でして、数年前に彼女がガンのため亡くなったという設定だけでウルウルしてしまうのです(亀だけで泣ける人は相当なファン!)。

 『ロッキー5』ではロッキー・ジュニアとして自分の息子を登場させてしまったスタローンでしたが、実の息子も父親が有名俳優ということで学校でいじめられた経験があるのかもしれません。今回のジュニア(マイロ・ヴィンティミリア)の設定でも、父親との確執にはそんな経験も生かされていたような気がしてならないのです。そして、ストーリーはロッキーと一人息子との確執や最愛の妻を失った心の喪失感を埋めようとする気持ちと、最盛期を過ぎた人気者が残りの人生とどう立ち向かうのかというテーマを秘めたボクシングドラマとなっています。もちろん、若者が観ても充分に感動できるし、どん底にあっても這い上がって勝ち進むことができると勇気を与えてくれる映画でもあります。

 この物語の中で最もいいと思われるところは、エイドリアンの兄ポーリー(バート・ヤング)も精肉工場を解雇され、ロッキー・ジュニアも勤めていた会社を辞めたというところ。また、マリー(ジェラルデン・ヒューズ)と彼女の息子にレストランでの働き口を与えたところじゃないでしょうか。ロッキー自身が人生の目的を見出す旅をすると同時に、周りの人たちにもそれを体験してもらうことを望んでいたような気がします。

 『ロッキー』第1作を観たのが丁度30年前。感銘を受けてすぐにグレーのトレーニングウェアを買ってしまったのを思い出します。そして、今作では第1作への数々のオマージュが隠されていて、特に肉のサンドバッグ、生卵一気飲み、フィラデルフィア美術館でのガッツポーズなどには感涙もの。さすがにリトル・マリーの台詞までは覚えていませんでしたけど、映画の中でちゃんと解説してくれるので復習しておかなくても大丈夫だと思います。

 マイク・タイソンだとか、ジョー・コルテスだとか、HBOの本物の実況アナだとか、ボクシングファンも納得の1作。ロッキー・ファンならば、シリーズに毎回登場しているデューク(トニー・バートン)だとか、第1作の冒頭に出ていたスパイダー(ペドロ・ラヴェル)なんて人物も興味深いところです(思い出せないけど・・・)。

【2007年4月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0アメリカンドリームを忘れる事ができない男の人間讃歌

hoさん
2021年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シルベスター・スタローンの脚本との事、栄光は過ぎ去り、家族ともうまくいかない、そんな日々。
まだ燃え尽きない何かがあり、ある日からそれについて熱く語りだし、曰くボロボロでも闘う事で納得する。うーん、これはシルベスター・スタローンの当時の心境が表れてると思います。

しかし、最後の插入音楽で泣いてしまう。そこにエイドリアンがいない、もう変わってしまった。でも新しいものもあるし、変わらないものもある。
伝えたい事はわかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ho

3.0う~~ん

84kunさん
2021年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

僕の中では、4で終わってほしかったんですが・・・。 5は、全然よくなかったので最後はどんなもんか見ました。

人間だれしも老いていくのでこれもありかなと思うのですが、やはり往年のロッキーがよかったんですよね~。

ですので、今回は普通とさせていただきますね^^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
84kun

2.5まあまあ良かった

2021年1月1日
PCから投稿

最後としては割と良かったかな、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ
すべての映画レビューを見る(全42件)